Lifestyle特集

壇蜜さんに40代読者からのお悩みを質問!【もっとラクに生きる方法】

子ども、夫婦関係、学校、仕事、SNS……いろいろな役割やしがらみに疲れる40代。「もっとラクに生きる方法ってないのかしら……」。ふと、少しは考えたことはありませんか? 壇蜜さんは「心にコスプレ」することで、そのストレスを乗り越えると言います。さて、どういうことでしょう?

今回は読者からの質問にQ & A形式で答えていただきました。

◯ 壇蜜さん

1980年秋田県生まれ。東京の小~大学一貫女子校卒業後、調理師免許、日本舞踊の師範、遺体衛生保全士など数々の資格取得。29歳でグラビアデビュー以降、テレビや映画、知性を活かしコメンテーターなど幅広く活躍中。2019年、漫画家・清野とおるさんと結婚。


―― 40代読者からのお悩みQ&A

Q.これから新しい仕事を始めます。全く初めての職場ではどのように「心にコスプレ」すればいいですか?

まず初めは、“余計なことを言わない聞き分けのいい人”になる。「心のコスプレ」をしていくための、ネタを集める期間にするといいと思います。急に「コスプレ」は危険。できるだけ人の話を聞き、記録。話の間に驚きながら質問をしていくと、効果的。「えっ! そうなんですか!?」と3回の文言に1回の驚き。毎日1つは驚いてみる。「私、こんなの初めて見ました!」のような感じでしてみて。大体、その人たちのいつもの環境が見えてくると思います。
 

Q.父母・夫・子どもなど、家族の前でも「心にコスプレ」をしたほうがいいのですか?

はい、したほうがいいと思います。義理のご両親には、しばらくは“心を許すのはまだ早い”という気持ちでいたほうが。「家族なのだから」という言葉に惑わされない。じゃないと後で傷つくことも。子どもには「お母さんってよくわからない……」と思われるぐらいの心のコスプレも効果的かもしれません。夫には「褒める+お願い」で。「私、これできないの……。疲れてると思うけどお願い~」というコスプレを一度試されてみてはいかがでしょう。
 

Q.いま育てている子どもにも「コスプレ」を教えたほうがいいのですか?どうやって教えるべき?

いつかは教えるのがいいと思います。例えばアニメを見る時に「この主人公って、どんな人だと思う?」と、一緒に共有してみてはいかがでしょうか。プリキュアなどもありますよね。「このキャラクターになってみて!」など、一緒に遊ぶことから始めてみたり。素材はたくさんあります。その素材の真似っこからされてみてはいいのでは、と思います。
 

Q.相手によって、それぞれ自分を使い分けているつもりですが、毎日とても疲れます。どうすればラクに「心のコスプレ」ができますか?

「心のコスプレ」はいっときの魔法と一緒なので、心の疲弊を伴います、残念ながら……。疲れるということがわかっているだけでも、疲弊は減ると思います。エナジーを蓄える方法は人それぞれですが、私の場合は、普段よりさらにアタマを使うこと。難しい小説を読んだり、ニュースを聞いたり。あと、飼育動物が動物を食べているのを見て「うまいか~そうか~」と。人ってちょっとショッキングな映像を見るとなぜか優しくなれるんですよね。
 

Q.「心のコスプレ」をするにも体力と気力は必要。体力と気力をアップさせるためのチャージ法やリラックス法はありますか?

私の場合は「全裸になりボーッとする」。家でひとりの時、全裸でベッドに横たわってボーッとする……。そうするとそのうち「やべ! 人間に戻んなきゃ!」「まだ人間だった!」と。正気を保つために、正気じゃないことをする。正気じゃないことをするというのは手だと思う。バックプリントのある子ども用のうさちゃんパンツをはき、トイレに行くたび我に返るとか、ひとりの時に思い切り大きなオナラをするとか。どうでしょう?
 

Q.妻という立場から離れて、いい女を気取ってどこかへ行くとしたら、壇蜜さんは どこへ行きますか?

今は気取って気軽に行けるご時世ではないかもですが、ホテルで一泊。でも、ご馳走を食べなくてもいいんです。コンビニで買ったものでもいいんです。大切なのは、家じゃない場所で、時間も空間も、考え方も流れ方も違うような場所で、“自分の手で作ったものじゃないもの”を食べること。それが私にとって大事だと思いました。
 

Q.経験豊富な40代にしかできない「心のコスプレ」の仕方について、なにか思うことがあれば教えてください。

そうはいっても30代、40代はまだ経験豊富じゃない気がします。40代はまだ吸収する側。どちらかというと、50代~60代のほうが出力する準備ができている。40代はまだ出力前の準備段階。経験豊富だと思われることに抵抗しないでほしいですが、私もまだ勉強中! というテンションで臨む。すると若い世代の考え方も共有できるはず。決して損ではないと思います。「ごめん、おばちゃんポケベル世代だから教えて」の“わかんないコスプレ”も有効。40代は中堅です。
 

Q.この先、50代、60代と歳を重ねてゆく中で、「心のコスプレ」は続けていくべきですか?

できれば、続けていってほしいです。自分の少しのコスプレで、周りが円滑になるのであれば、積極的にして。家に帰ったら夜は素に戻り、大きくて下品なオナラをぶっ放せばいいじゃないですか(笑)。これからの時代は、適材適所な「心のコスプレ」、人格の使い方ができる人のほうが、ラクではないかと。自由でありたい、縛られたくないという願望の人とも共存していきましょう。この世に生きるのであれば、少しくらい正気じゃない時があったほうがいい。正気のまま生きていたら逆に辛いよ! ぐらいに言えたほうがいいと感じます。
 

〈壇蜜さん着用分〉ブラウス¥16,500(ローファッジ/ホワイトジョーラ)

撮影/須藤敬一(人物)、清藤直樹(静物) ヘア・メーク/妻鹿亜耶子 スタイリスト/奥田ひろ子 取材/東 理恵 ※情報は2021年7月号掲載時のものです。

RELATED TOPICS

FEATURE

Jul
24
今日の40代おしゃれコーデ

夏にふさわしい冷涼感のあるロイヤルブルーワンピを主役に[7/24 Sat.]

夏にふさわしい冷涼感のあるロイヤルブルーワンピを主役に[7/24 Sat.]

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

「大人の盛りワンピース」を計6名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

ボーテ ド ラ・ドンナ「PHA クレンジング」20名様「PS セラム」15名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

会員プレゼント

星野リゾート宿泊ギフト券¥50,000を1名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

PICK UP