• TOP
  • Lifestyle
  • リモート夫と毎日を楽しむためのTO DO LIST 10!
Lifestyle特集

リモート夫と毎日を楽しむためのTO DO LIST 10!

今、あらゆる角度から生活と夫婦関係を見直す必要があるのです。専門家の先生と、読者が3年間の葛藤から自ら導きだしたTO DO LIST 10をご紹介♪

一緒に考えてくれたのは...姫野友美先生

心療内科医として自身のクリニックで診察する傍ら、TVなど様々なメディアで活躍。栄養療法に基づいたレシピ本を出版するなど、心とからだの健康について情報を発信。


◇ リモート夫と毎日を楽しむためのTO DO LIST 10!

<1>「お昼ゴハンは作らない」 宣言!

多くの読者から「一番のストレス」と声が挙がったのが、“お昼ゴハン問題”。これまでランチ時間にいなかった夫の存在で、夏休みでもないのに一日中ご飯作りをする羽目に……。そこで多くの読者が辿り着いたのが、「お昼ゴハンは作らない宣言!」。アンケートをとった100人の読者のうち半数が、「お昼は各自で」と回答。その分、美味しい食材を冷蔵庫にストックしておく優しさで夫婦仲をキープして。

有名店の冷凍食品やレトルトなら夫婦の会話のきっかけにも。右上から、神戸菊水のすきやき丼の具、聘珍樓のチャーシュー麺と汁なし坦坦麺(ISETAN DOOR)、成城石井のレトルトは種類も豊富で人気。

「Oisix×ISETAN DOORなど、夫の好きな食材を冷蔵庫に入れておき、自由に食べてもらっています。自分のことは自分で」 (田中仁美さん 40歳 看護師)

 

<2>週1回程度、ご近所での外食ランチDAYを作る

毎日のリモートワークは、自分だけではなく夫もストレスが募るもの。そこで、週1回は、ご近所散策がてら外食ランチをしている人が多数いました。

「二人でランチに行く機会が増えて、以前よりも会話が増えた気がします」(甲斐彩香さん 39歳 主婦)
「以前は“お昼何にしよう”と考えるのがストレスでしたが、外に食べに行くようにしてから気持ちが楽になりました。子どもがいないと行ける店が増えて嬉しい!」(谷本いづみさん 42歳 主婦)

 

<3>夫と自分の居場所、空間を改めて分ける

そもそも、子どもと夫を送り出した後、主婦のゴールデンタイム 9時~14時に夫が眼中に入るのが、ストレスの根源。 そこで、改めてお互いが目に入らない場所、声が聞こえない場所に互いのスペースを決めることが大切です。カーテンで 区切ったり、家具で仕切りを作るなど、改めて工夫を。また、最寄り駅に続々できているお手頃価格のコワーキングスペースを利用するのも手です。

「家の中に自分がくつろげる小さなスペースを確保。ここで大好きなヨガなど自分時間を死守しています」(富永ひとみさん 46歳 主婦)
「リモート夫とバッティングした際は、自分の居場所を近くのライブラリーやコワーキングスペースで確保します」(田中名都子さん 38歳 自営業)

 

<4>時間的ルールを作る

仕事を家庭に持ち込む形のリモートワークは、「仕事時間」と「家族時間」を明確に分けられないのが、モヤモヤが募る要因に。例えば、夫の仕事の終わり時間が見えないままイライラしながらの夕飯作り解放されるべく、「夕飯は20時から」「リモート会議の時間は朝伝える」など、時間的ルールを作っておくことが大切です。

「話し合って、夜8時以降の会議は、3階の屋根裏部屋でやってもらう約束に。私と子どもの生活リズムが侵されなくなりました」(丸山有里子さん 41歳 主婦)

 

<5>家の中でも小ギレイにして、「男女」として好感がもてるようにする

週末限定で目にしていた夫の“ぐぅたらスウェットスタイル”も、毎日となると嫌悪感。まずは、自ら家の中でも“女”でいる意識改革を。これから続く夫婦関係の見直しにもなります。

〈右から〉柔らかピンクの楽ちんホームウェアなら夫にも優しくなれそう。ワンピース¥9,900(BEDROBE/ジオン商事)神崎 恵さんコラボのシルキーサテンチュニック¥8,580 ロングパンツ¥8,580(ともにSNIDEL HOME)

「スーツ姿の夫に♥だったのに、毎日ゆるゆる服。自分の心が冷めるのを感じ話し合いの末、私は薄化粧をし、夫も髪にワックスをつけシャツ姿に」(岡本佑里さん 38歳 主婦)

 

<6>アプリでスケジュールを共有して夫にも育児に参加してもらう

「リモート会議中に子供が騒いで怒られた」「仕事の終わり時間が読めず作った食事が冷めてしまいイライラ……」など、不確かな夫のスケジュールが“モヤモヤ”の要因になることも。そこで、予めタイムツリーやグーグルカレンダーなど、アプリでスケジュールを共有すれば大幅にストレスを軽減できます。また、夫のフリー時間が明確にわかるため、育児や家事をお願いしやすいメリットもあるんです。

「お互いのスケジュールをグーグルカレンダーで把握して、子供の習い事の送迎当番を決めています」(野中ゆかさん 38歳 会社経営)

 

<7>トイレなどですれ違った際に「お疲れさま」と声をかける

「行ってらっしゃい」「お帰り」の挨拶がなくなった今、夫への感謝の気持ちも軽減。でも、仕事量は減るどころか、エンドレスに。一言笑顔で「お疲れさま」と労いの言葉を!

「たまに『毎日リモート大変だね。ありがとう、お疲れさま!』と呪文のように口にしています」(石川 恵 49歳 本誌ライター)

 

<8>夫婦で日の光を浴びながら、ウォーキング&ランニングを!

ストレスを和らげるセロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれるくらい自律神経のバランスを整えて穏やかな気持ちをキープする大切な要素。姫野先生曰く、「セロトニンの生成には朝日が効果的」だそう。読者アンケートからも朝の散歩やランニングで夫婦に新しい会話が生まれたという人も多数。

ヘルスケアデータだけでなく、音楽再生からマップ機能、電子マネー決済まで可能だから、身軽に出かけられます。Apple Watch Series 7 ¥48,800〜(Apple Japan)

「お揃いでApple Watchを購入し、子供を学校へ送り出した後、夫婦でランニングを。習慣化したら、鬱気味だった夫が元気に」(羽生田由香 45歳 本誌ライター)

 

<9>時間と心の余裕があるときは、コーヒーを差し入れする

かける言葉が見つからないときも、一杯のコーヒーが相手を思いやる気持ちの表現に。たった数分の手間で夫婦間に温かい空気が流れるのであれば、意識的に行ってみる価値大。夫婦でお気に入りの豆を見つけてみるのもアリです。

「夫に淹れるコーヒーにはクマやメッセージのラテアートを添えています。それで、少しでも和んでもらえたら!」(鈴木 恵さん 41歳 主婦)

 

<10>花を定期的に飾ったり、ルーム フレグランスを置いて場の空気を和らげる

1週間のほとんどの時間を家の中で共有する今、フレグランスや花で五感から家の空気を和らげることが大切。最近増加中のお花のサブスク便を利用するのも手です。

男性にも女性にも好感度の高い香りを。〈上〉右から、ローズマリー ウィローディフューザー 250ml ¥10,560(バンフォード)サボン ルームフレグランス200ml ¥4,481(SHIRO)〈下〉毎週季節の花が届くLIFFT定期便 スタン ダードプラン月¥3,300(LIFFT)

撮影/西崎博哉(MOUSTACHE) 取材/奥村千草、松葉恵里 ※情報は2022年6月号掲載時のものです。
 

こちらの記事もおすすめ!

・40代の心が軽くなる話!――ポーラ初の女性社長が語る「子育て・仕事・これから」
・【ジェーン・スー×HARUKOスペシャル対談】40代後半の葛藤とか、50代との溝とかについて
・知花くららさんが、自身や家族の【未来/ミライ】のために取り組み続けていることとは

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Jul
1
今日の40代おしゃれコーデ

22年下半期のスタートは潔い【白ワントーン】で再び自分にスイッチを

22年下半期のスタートは潔い【白ワントーン】で再び自分にスイッチを

会員限定PRESENT

会員プレゼント

より速く、深く、脳が眠る。――快眠枕「ブレインスリープピロー」を1名様にプレゼント

会員プレゼント

星野リゾートの「界 伊東」の 宿泊券を1組2名様にプレゼント

会員プレゼント

ドリンクメイトSeries620 ¥18,568を1名様にプレゼント

会員プレゼント

KINUJO Hair Dryer ¥26,400を1名様にプレゼント

会員プレゼント

KINUJO Lip Iron ¥10,098を1名様にプレゼント

会員プレゼント

エクサガン ハイパー REG-04 ¥11,800を1名様にプレゼント

雑誌購入限定プレゼント

夏コーデをリッチに味付けする「大人の洗練かごバッグ」を計6名様にプレゼント!

PICK UP