• TOP
  • Lifestyle
  • 元TBS堀井美香アナが、50歳でフリーランスに転向した理由とは?
Lifestyle特集

元TBS堀井美香アナが、50歳でフリーランスに転向した理由とは?

50歳の誕生日を迎えた直後に、新卒から27年間務めたTBSを退社し、フリーランスとして新たな道を歩みだした堀井美香さん。なぜこのタイミングでフリーランスになったのか、ご本人にお話を伺いました。

▼あわせて読みたい
NHKの女子アナのキャリアを手放し、職人となった理由とは?


◯ 堀井美香さん(アナウンサー・50歳)

1972年生まれ。3月にTBSを退社後、ナレーションや朗読を中心にフリーランスとして活躍中。24歳の長女、21歳の長男の母。InstagramやTwitterなどSNSも意欲的に発信中。

◇ 「もう十分。会社人として全力でやり抜いた」

会社人から一歩踏み出したきっかけは、目標達成というひとつの区切りだった

よく、長年勤めた会社を退社した理由を聞かれるのですが、会社員としての最終目標を達成したからです。この27年間、自分なりに掲げた目標設定を一つずつクリアしていき、10年スパンだった大きな目標にも到達することができました。

20代で結婚、出産を経験し、30代以降はとにかく会社一筋。いただいたオファーに必死に応えていたら、40代半ばからどんどん仕事が入ってくるように。全部受けて全部形にしていこうと意気込んでいましたね。それがどんどん繫がり、40代後半で「もう十分、やり抜いたな」と。

採用に携わっていた時の若い子たちの考え方にも刺激を受けました。私たち、昭和的考えでは、新卒で何が何でも大手企業に就職し、会社に生涯を捧げるのが一般的。でも今の若い子たちは、会社名に固執せず自分が成長するためのステップを具体的に考え、ちゃんと人生を逆算しているんです。

あと、卒ママしたこともありますね。私、子どもたちを溺愛しすぎて(笑)。気づいたら家に一人のことが多くて、この溢れる母性、空白時間をどう埋めよう……、って。

◇ 「あ、これやりたい。そう思ったらもう止まらない!」

フリーランスとして今は、やりたかったことに全力で向かっていける

会社員としてやり切った、と実感できたこと、子どもたちが成長したこと、同時期に会社での立ち位置の選択を迫られたことなど、50歳という年齢といろいろな節目がシンクロし、退社を決意しました。これからフリーランスとしての50代は、会社のためでも家族のためでも自分のためでもなく、周りの人や社会のために自分の経験値を還元していきたい、と思っています。

ちょうど今、地方での朗読会を計画しているんですが、先日、飛び込みで地元の図書館の人にお願いし、手作りのビラ貼りをお願いしました。アナログでしょ(笑)。海辺で10人の子どもたちと朗読会をする予定なんですが、「どっかのおばちゃんが来る」くらいの感覚で当日、誰も集まらないかもしれない(笑)。でも他にもやりたいことがどんどん溢れて、アイデアが浮かんで止まらないんです。

保守的に見られがちですが、意外と無鉄砲なところもあって、思い立ったら、後先考えずグイグイ突き進んじゃう。とはいえ、ちゃんと稼いでいかなくてはいけないんですが。

フリーになって初めての大きな仕事、朗読会は、実はほぼ赤字ですが、めげずに頑張ります。私が気持ちよく話したいだけの「ジャイアンのリサイタル」状態(笑)。

◇ Mika's History

<20代>5,000人中3人!の 倍率の中、女子アナに採用

入社2年後の24歳で結婚→出産→育休へ。同期入社の夫は当時、超多忙でほぼワンオペでしたが、子どもがかわいくてかわいくて。まったく苦になりませんでした。

<30代>働くママとして仕事に育児に奔走した時期

2人目を出産後、仕事復帰。ワーキングマザーとしてひたすら走り続けた30代。子どもの夕食時間を優先し夕方のニュース番組のオファーを、泣く泣くお断りしたことも。

<40代>子育てが一段落し、仕事に全力投球

40代はとにかく仕事が楽しく、一つ一つ真摯に、全力でお応えするようにしていました。管理職として、採用や後輩たちの教育、管理にも携わるように。

<現在>50歳でTBSを退社。フリーランスの道へ

子どもたちがそれぞれ成長。会社での立ち位置の選択を迫られたことなどが重なり、ジャスト50歳で退社を決意。この先も好きな仕事を貫こう、と腹をくくりました。

〈TOP画像〉ブラウス¥28,600(LE PHIL/ル フィル ニュウマン新宿店)リング¥14,300(オンブル ビジュー/フォーティーン ショールーム)〈朗読会画像〉ブラウス¥19,800(カオス/カオス丸の内)スカート¥31,900(ATON/エイトン青山)イヤリング¥36,300(anapnoe/フォーティーン ショールーム)

撮影/中田陽子(MAETTICO) ヘア・メーク/TOMIE スタイリスト/入江未悠 取材/石川 恵  ※情報は2022年8月号掲載時のものです。

おすすめ記事はこちら ・【57歳で結婚】浅野ゆう子さん、結婚した今「女性は50歳からよ」と言われた意味がわかってきました
・結婚を選択しなかった、アナウンサー馬場典子さんの「今の心境」とは?
・将来に対する漠然とした不安について、相談できる友達がいません【ジェーン・スー×HARUKOの人生相談Vol.48】
-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Jan
31
今日の40代おしゃれコーデ

カラーカーディガンで春っぽさを取り入れて

カラーカーディガンで春っぽさを取り入れて

会員限定PRESENT

会員プレゼント

Zuvi Halo ヘアドライヤーを1名様にプレゼント!

会員プレゼント

【The Tsubaki Tower】の宿泊券(カメリアルーム・朝食付き1泊2名・約¥100,000相当)をプレゼントします!

PICK UP