• TOP
  • Lifestyle
  • 女優・黒谷友香さんインタビュー「二拠点生活は“心のアンチエイジング”」
Lifestyleピープル

女優・黒谷友香さんインタビュー「二拠点生活は“心のアンチエイジング”」

黒谷友香さん 1975年生まれ、大阪府出身。19歳で映画「BOXER JOE」に出演し、女優活動を開始。以後、映画・ドラマ・CM・雑誌等幅広いジャンルで活動。20代前半で房総半島に一軒家を購入し、東京との二拠点生活をスタートさせ、現在まで25年以上続けている。2022年6月、「ペニンシュラ応援大使」に任命。半島地域の活性化のため、イベントなどで活躍中。

公式サイト http://www.spacecraft.co.jp/tomoka_kurotani/index.html

「ライフスタイルの選択肢が広がり、興味を持ってもらえる機会が増えた私の二拠点生活。仕事の調整や移動が大変そうと言われることは、やっぱり多いですね。でも、それだと25年も続けられない。心地よくて、楽しくて、幸せで、何より“そうしていることが自然”と感じる、私にとってベストなライフスタイルの形だと思っています」。

黒谷友香さんは、20代前半という若さで房総半島に一軒家を購入。それから現在まで約25年、東京と房総半島を往復する暮らしを楽しむ“憧れの二拠点生活”の大先輩です。

「田んぼや畑に囲まれた大阪の長閑な街から、19歳で上京。新しい生活のワクワク感と同時に、ビルだらけの硬質な街並みやせわしない人々の流れに不安や緊張を感じていたと思います。そんなとき、知人に連れられ訪れた房総半島で乗馬を初体験。海風を感じながらの乗馬は最高に気持ちよくて、優しい目をした馬との触れ合いに心身がほどけていく感覚があったんです。馬のオーナーさんが語ってくれた“人と植物と動物が共存する”という理念も、胸に響くものがあって。翌年には房総半島に居を構え、そのオーナーさんたちが乗馬倶楽部を手作りしていたので、手伝い、自分の馬も迎えて乗馬を始めることに。大胆な決断ができたのは若さの勢いもあったかも知れませんが、直感的に『房総半島に私が求めているものがある!』と信じることができたから。自分の感覚を信じるって大事なことだなと、改めて思いました。最終的な後押しとなったのは、車で東京から1時間半という絶妙な距離感です。渋滞などを考え時間を読むという作業はありますが、仕事のときは前日に移動するようにしているので、道中のドライブもオンオフのスイッチを切り替えるいい時間になっています」。

約2年前から、企業の保養所だった施設を15名ほどのメンバーでリノベーション。乗馬に加え、DIY、ガーデニング、リフォームと、房総半島での楽しみが拡大中という黒谷さん。

「ここは“シャトー”と呼んでいて、家の床やテラス、庭にあるバーベキューコンロや花壇にいたるまで、ほとんどが仲間たちとのDIY作品です。最初に完成イメージをイラストに起こし、試行錯誤しながら少しずつ形にしていっています。みんな素人なので仕上がりも手作り感があって、そこがまた房総半島の自然と調和してお気に入り。庭のデザインはターシャ・テューダーを参考に。朽ちる木と残る石のコントラストを配慮したデザイン、水場に敷いた円形のタイル、草花の成長を楽しみながら巡ることのできる曲線的な通路など、ターシャへの憧れを投影しています。野菜やハーブも育てているので、水をまいたり雑草をむしったり、それなりに手間はかかるし、ゆくゆくは陶芸の釜を作りたいとか眺めているとやりたいことが続々と湧いてきて、忙しくはあるんです(笑)。でも、東京で当たり前のように提供されるものを、自分たちで形にしていくという達成感はやみつきになる。苦労したからこそのご褒美って、こんなに幸せを感じるんだって。自分以外に興味を持てる対象を作ることができたのもよかったなと思っています。入念に計画を立てるわけはなく、感性の反応の従いスタートした房総半島との二拠点生活。だからよかったと思っていて、自分の幸せを意識することで、人生って希望に沿った流れに乗れるような気がしているんです。40代になり子育てが落ち着いたとか、仕事がマイペースでできるようになったとか、時間や心に余裕を持てるようになったという方も多いと聞きます。二拠点生活に何かピンとくるものを感じたなら、小旅行がてら下見に行くとか、行動に出ると今の流れが変わるかもしれませんよ」。

房総半島に集まる、仕事も世代もまったく異なる仲間とのコミュニケーション。二拠点生活は“若い心を保つ秘訣”でもあるそう。

「20代、30代を経て、好きなものや求めているものが明確になってきた40代。それはいいことでもあるけれど、柔軟さも大切にしたい。新しい感性を取り入れないと、ファッションも思考もどんどん凝り固まって、偏ってしまうような気がするんです。房総半島で触れ合う人たちのなかには若い子もたくさんいて、その会話からいつも新鮮な刺激をもらっています。“自分”という軸を持ちながら、その周りにフレッシュな世界が広がっていく感覚。二拠点生活は、持続可能な心のアンチエイジングでもあるのかもしれません」。

写真/黒谷さんご提供

「愛馬のヨモちゃんと触れ合う時間は、一番幸せな時間」と語る黒谷さん。

「切り花にはない、自然に咲く花の可憐さにキュンとします」

仲間たちと作ったバーベキューコンロ。週末はバーベキューを楽しむ。

「半島は日本の台所」

WEBメディア「半島は日本の台所」では、日本各地に50カ所以上ある半島地域が独自に培ってきた「食文化」を中心に、自然・史跡・施設・地域の魅力を配信しています。

「半島は日本の台所」公式サイト

撮影/嶋野 旭 ヘア・メーク/Nico スタイリング/越水史子 取材・文/櫻井裕美

おすすめ記事はこちら
-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Jul
23
今日の40代おしゃれコーデ

【40代のスカートコーデ】華やか素材はグレーとベストで甘さを抑えて涼しげに

【40代のスカートコーデ】華やか素材はグレーとベストで甘さを抑えて涼しげに

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

長い夏を乗り切るモト取れ服を計6名様にプレゼント

会員プレゼント

赤ちゃんから使える!「アネッサ パーフェクトUV マイルドミルク NA」を5名様にプレゼント

PICK UP