• TOP
  • Lifestyle
  • 新しいグアムで大人時間を楽しむ【The Tsubaki Tower】〜ポストコロナの海外旅行のリアルをレポート…前編〈宿泊券プレゼントあり〉
Lifestyle40代の旅のかたち / FUTURE STORY / プレゼント

新しいグアムで大人時間を楽しむ【The Tsubaki Tower】〜ポストコロナの海外旅行のリアルをレポート…前編〈宿泊券プレゼントあり〉

出入国の制限が緩和され、海外旅行もだいぶ計画しやすくなってきた今日この頃。そろそろ本気で海外旅行を計画しようと思っている方も多いのでは?
とはいえ、円安や燃油サーチャージ高騰の影響もあり、「今の海外って、実際どうなの?」と様子をみてしまいますよね。
そんな中、近くて日本人に最も馴染みのあるグアムなら国内旅行感覚で女子旅もしやすいんじゃないかしら! と、なんと7年ぶりに、グアム2泊3日の旅に行って参りました。

かつて、わが子が幼かった頃に何度も訪れた懐かしいグアム。
日本から3時間半程度、時差も1時間だから子連れも、年配の方も利用しやすい海外リゾートということで大人気でした。
このコロナ禍を乗り越え、その懐かしのグアムはどうなっているのか、ワクワクしながら向かいました。
今回の旅のテーマは家族旅行ではなく、STORY世代の「大人のラグジュアリーステイ」。なぜ今、ハワイでも沖縄でもなく「グアム」なのかをじっくりレポートしたいと思います。

ユナイテッド航空でグアム国際空港へ到着

グアムへの入国は2回以上の新型コロナウイルスワクチン接種者のみ入国可能で、3回以上接種していれば日本帰国時の陰性証明書の提出が免除になります。
だいぶ自由になりましたね!

島の中心、タモンの街を抜けてホテルへ

空港からホテルまではバスで移動。レストランやホテル、免税店やショッピングセンターなどが並ぶ島の中心地、タモン湾までは約15分ほどです。
変わらぬ街並みを眺めながらホテルへ。まだ、全ての施設が再開したわけではありませんが、賑やかさが戻ってきているようです。

グアムは消費税がないので(店舗によっては6%の売上税を徴収する店もあり)、この円安、物価高な雰囲気の中でもハワイよりちょっと気分が楽(笑)。ショッピングモールも充実しているのでお買い物が楽しめそうなのもグアムならではの嬉しいポイント。

  • 物欲を刺激するタモンの街並み(笑)
  • タモン湾を行ったり来たり運行するシャトルバスは便利

全室オーシャンビュー。グアムで叶う極上のリゾートステイ

タモン湾岸に、今回宿泊するホテル【The Tsubaki Tower(ザ ツバキ タワー)】があります。【The Tsubaki Tower】は、20207月に開業した、グアムで最上級のラグジュアリーホテル。5つ星ホテルです!

美しいビーチで有名な「ガンビーチ」のすぐ近く。繁華街まで徒歩圏の立地のわりにはとっても静か。高台なので眺望も最高なのであります。
グアムといえば、ファミリーや学生向けの旅行先というイメージがあるかもしれませんが、こちらのホテルは、これまでのグアムのイメージを一新する大人のためのラグジュアリーホテルという印象。

ロビーに入るとフロントデスクの後ろには、窓一面に海と海沿いのホテルたちが見えます。チェックインしながらも景色に釘付け。夜景も期待できますね。

  • ロビーラウンジ
  • 「ガダオバー」

ロビーラウンジもオシャレですが、フロントの階にあるバーもすごく雰囲気が良くて素敵でした。ちょっと時間がある時に一服したり、待ち合わせに使ったりするのにいいかも。

いよいよ客室へ。ドアには清掃済みのシールが貼ってあり、掃除後に誰も入っていないということが一目で分かります。感染症対策にもかなり気を付けてくれていることがうかがえて信頼度アップ。

客室はすべてオーシャンビュー。
私はスタンダードな客室タイプの「カメリアルーム」に宿泊しました。

ドアを開けてカードキーをさすと、自動でカーテンがオープン!
舞台の幕が開くかのような感動。その先には窓一面のオーシャンビューが広がっていました!
旅行先のホテルに行ったら、部屋に入って「わー、すごーい!!」って、やりたいですよね。今回もそれが叶いました!

  • オーシャンビュー。夜は街の夜景も楽しめます

部屋の広さは45㎡、バルコニーは13㎡とかなりゆったりしています。

そして各部屋、この広いバルコニーで朝食をいただく「バルコニーブレックファースト」というサービスも。グアムで初めてこの朝食スタイルを取り入れたのが【The Tsubaki Tower】だそう。それについては、また後編で。

荷物を置いて、バルコニーで深呼吸。開放感とともにリゾート気分を満喫できます。この瞬間が最高! やっぱり部屋にバルコニーは必須ですね。

ベッドの横からも、部屋の入口の横からも、シャワールームに出入りできるようになっているのがわかるでしょうか?
このウォークスルーの動線が便利で使いやすい。

ベッドの横にはデスクタイプのドレッサーも。室内に大きなソファーとテーブルがあるのに、このスペースもちゃんと確保してくれているのはありがたい。
なぜなら、女子旅はバスルームが混み合うから、このスペースがあると髪を乾かしたりメークしたり、ゆっくり支度できます。

バスルームはダブルシンク。シャワーブースは別。
バスタブもゆったりしていて、読書をしながら入れるようにブックスタンドも設置されていました!

なんと、冷蔵庫にセットしてあるドリンクは初回セット分は無料!
お水は毎日補充されます。スーパーでもちょっと物価が高めだったので、嬉しいサービスです。
スタンダードの部屋でもこれだけ贅沢な作りだなんて、ありがたいですね。

ちなみに、この他にカメリアクラブルーム、カメリアジュニアスイート、カメリアスイート、ロイヤルスイートといった客室があり、すべてがオーシャンビューです。大人の女子旅なら、広めの部屋でホムパ感覚を楽しむのもいいかもしれません。

  • カメリアスイート
  • カメリア ジュニアスイート

クラブルーム以上の宿泊客は、26階に位置するラウンジ「リナラ クラブラウンジ」が利用できます。
一面ガラス張りの素晴らしい景色を見ながらティータイム、バータイムなど、1日を通して利用できます。レストランが混雑する時間を避けて、シャンパンでも飲みながらこちらで落ち着いたひとときを過ごすのも魅力的ですね。

  • ティータイムにはアフタヌーンティーも楽しめます

海と溶け合うインフィニティプール、夜には幻想的な噴水ショーも!

  • インフィニティプール
  • 寝ながら入れるプール。ここでカクテルを飲みながらゆっくりしたい
  • プールバー「ヌヌバー」
  • 噴水ショーは19時から23時までの間に3回
  • 夜の「ヌヌバー」は大人の雰囲気で色気が漂います
  • 「ヌヌバー」

【The Tsubaki Tower】のお楽しみといえばプール!
グアムの海に溶け込むようなインフィニティプールは、朝と夜で全く違う顔を見せます。ちょっと高台にあるからこその眺望。プールから眺める街の夜景や夜の幻想的な噴水ショーも、大人のチルタイムを優雅に演出してくれます。

プールサイドの「ヌヌバー」は11:00〜23:00まで営業しているので、インフィニティプール越しの夜景を眺めながらカクテルやおしゃべりを楽しむのも、今までのグアムとは違う楽しみ方。大人タイムですねー。

【The Tsubaki Tower】の宿泊客は、敷地を共有している隣の姉妹ホテル「ホテル・ニッコー・グアム」のプールも利用できるそうです。両方使えるのはお得感たっぷりですね!
そして目の前は、透明度が高く白い砂浜が美しい「ガンビーチ」。“グアムブルー”ともいわれるほど、海の透明度は有名。ダイビングポイントもたくさんありますが、このガンビーチでも気軽にシュノーケリングができます(昔たくさんいたナマコが減っていました!笑)徒歩10分程度ですが、30分ごとにホテルから無料送迎シャトルも出ています。混み合っていなくて、のーんびりできるビーチなのでお勧め。

  • ガンビーチ

さて、後編ではダイニングやバー、そして、プールや海だけじゃない“グアムの魅力”をお伝えします。

後編はこちら!

The Tsubaki Tower】
住所:241 Gun Beach Road, Tumon, Guam 96913
TEL:+1-671-969-5200
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時
料金:$320~(宿泊税11%別)
※料金詳細:カメリアルーム/$320~、カメリアクラブルーム/$450~、カメリアジュニアスイート/$510~、カメリアスイート/$710~、ロイヤルカメリアスイート/$1,115~(全て11%宿泊税別)

撮影・取材/笹 利恵子

【The Tsubaki Tower】の宿泊券(カメリアルーム・朝食付き1泊2名・約¥100,000相当)をプレゼントします!

【応募期間】
2023年1月10日20:00~2023年2月10日23:59
*STORYexperience会員限定のプレゼントです。会員様は以下よりログイン後、まだ会員でない方は以下より会員登録後にご応募ください。

【当選者発表について】
賞品の発送をもって代えさせていただきます。応募期間終了後、順次発送いたします。 なお、当選の発表に関するお問い合わせには一切応じられませんのでご了承ください。 雑誌公正競争規約の定めにより、この懸賞に当選された方は、この号のほかの懸賞に入選できない場合があります。デジタル版からは、この懸賞に応募できません。ご了承ください。

【個人情報の取り扱いについて】
ご入力いただいた情報は当プレゼントの抽選および賞品の発送と今後の編集企画の参考として使用させていただきます。また、同意いただけた方には、編集部からのお知らせや取材協力のご連絡をさせていただく場合がございます。ご入力いただく前に【光文社の個人情報保護への取り組み】を必ずお読みください。お客様ご本人が同意したうえでご応募願います。

\STORYexperienceにログイン・もしくは会員登録後、ご応募ください/

おすすめ記事はこちら
-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

May
27
今日の40代おしゃれコーデ

【40代のお仕事コーデ】夏に涼しい「シアーシャツ」オフィスで着る時のポイントは?

【40代のお仕事コーデ】夏に涼しい「シアーシャツ」オフィスで着る時のポイントは?

会員限定PRESENT

会員プレゼント

花王ブローネ「STORY共同開発カラートリートメント」を50名様にプレゼント!

PICK UP