• TOP
  • Lifestyle
  • 〈宿泊券プレゼントあり!〉時を超える「モノ・コト」に出合う家族旅・・・【ホテルインディゴ犬山有楽苑】後編《旅育》
Lifestyle40代の旅のかたち / FUTURE STORY

〈宿泊券プレゼントあり!〉時を超える「モノ・コト」に出合う家族旅・・・【ホテルインディゴ犬山有楽苑】後編《旅育》

旅の体験を通じて、旅先の地理や歴史を学び、同時に家族とのつながりを深める“旅育”が近年注目されています。
犬山は、まさに“旅育”にうってつけの場所。
【ホテルインディゴ犬山有楽苑】の周辺を案内します。

前編《ホテルライフ》はこちら

【旅育spot1】必見! ユネスコ無形文化遺産の犬山祭

古くから伝わる祭礼を実際に見るのも、“旅育”のひとつです。
今年はユネスコ無形文化遺産の犬山祭が4年ぶりに復活しました。高さ8メートルもある車山(やま)がくり出し、笛や太鼓のお囃子に合わせて城下町を練り歩くさまは圧巻。交差点にさしかかると、手古(担ぎ手)たちが一気に方向転換する大迫力の「どんでん」が見ものです。車山のいちばん上には、それぞれ異なるからくり人形が乗っており、物語を展開するのも必見。
また、夜になると車山につけた365個の提灯が灯されて、幻想的な雰囲気に。
満開の桜並木の城下町を運行するさまは、まるで錦絵を見ているようです。

〈来年は家族で来たい!〉と思いつつ、この祭りは毎年4月の第1土曜・日曜にしか行われませんので、必ず来られるとは限りません。
そんな時は城下町にある施設を訪れるのがオススメ。車山4輌が展示されている「どんでん館」やからくり人形操作の実演を見ることができる「IMASEN犬山からくりミュージアム」、江戸時代の町を再現したジオラマがある「城とまちミュージアム」などに立ち寄って、文化を継承する大切さやモノづくりの原点、江戸時代の暮らしを子どもたちに伝えることができます。

【旅育spot2】国宝犬山城からの眺めは絶景!

織田信長の叔父・信康が1537年に築城した国宝の犬山城。ホテルとは目と鼻の先なので気軽に見に行けます。

こちらのお城、何がすごいかと言うと、現存する天守の中で最も古いのに、直接登って一周できてしまうところ。そばに木曽川が流れる小さな山の上にあり、最上階からの眺めはまさに絶景です。信長・秀吉・家康が奪い合う時代に生き残った城なので、歴史的にも興味深い場所ですね。

「秀吉もここから同じ景色を見ていたのよ」なんて話したら、息子はキョロキョロしそうです。
隣に流れる木曽川は、中学受験の地理で頻出の川です。
「あれが木曽三川で有名な木曽川だよ。ここの地形はどうなっているかな?」などクイズを出しながら風景を見ると、子どもは知識を忘れにくくなるものです。
旅という非日常を通じて、教科書にはない印象に残る体験ができるのも“旅育”の良いところです。

【旅育spot4】城下町で地元グルメを食べ歩き♪

犬山城前のメインストリート「本町通り」は、古い街並みが美しいエリア。
ミニ田楽や、醤油玄米だんご、飛騨牛ミルフィーユ串焼き、カラフルなあられを衣にした華クシカツ、その他スイーツなど、食べ歩きできるお店がたくさん軒を連ねているので、城下町の賑わいを楽しみながら歩くことができます。
娘ならここで映える写真を撮りたがるでしょう。ホテルから近いので子どもの足でも無理なく歩けますが、疲れたら休憩できる雰囲気の良い古民家カフェもたくさんありました。

【旅育spot5】木曽川で鵜飼いを見る!

長良川で有名な鵜飼いですが、ここ木曽川でも行っています。
鵜匠がウミウを訓練して魚を捕る古代漁法で、鵜匠の巧みな手縄さばきで鵜たちは水中へ潜り、鮎をはじめとする川魚を捕らえます。
夜、かがり火を焚きながら間近で見る漁は、歴史絵巻そのもの。1300年の伝統ある漁法を気軽に体感することができます。
昔から「百聞は一見にしかず」と言いますが、自分の目で見たり聞いたりしたものは一生忘れませんよね。頭だけでなく五感で覚えることにより、旅は子どもの人生に大いに役立つはずです。
東京からだと、大阪や京都まで行かなくても、歴史や文化がドラマティックに体験できる中部エリア。お勉強だけでは得られない非認知能力を伸ばすべく、子どもを連れてまた来たいと思いました

様々な体験をしているうちに、あっという間に2日目が終わり、帰路につくことに。19時台の特急に乗ったら22時までに東京駅へ着くことができました。犬山で感じたのは、親子のコミュニケーションを取りながら、歴史やカルチャーに触れ視野を広げる・・・そんな素敵な想い出を家族でつくることができる場所だということ。
ここで紹介したのは【ホテルインディゴ犬山有楽苑】から歩いて行けるところばかりなので、電車で来てもまったく困りません。いつもと違う非日常感を味わいながら、古き良き街の魅力を再発見することもできました。
タイムスリップした感覚になる犬山で、家族で時を超える体験をしてはいかがでしょう。

取材・撮影/本條千春(一部写真はホテルインディゴ犬山有楽苑の提供)

ホテルインディゴ犬山有楽苑 住所/愛知県犬山市北古券103-1
電話/0568-61-2211
https://inuyama.hotelindigo.com/

【ホテルインディゴ犬山有楽苑】の宿泊券(「国宝犬山城ビュー プレミアム」ルーム1泊2名様 約¥50,000相当+朝食付き)をプレゼントします!

【応募期間】
2023年4月29日20:00~2023年5月31日23:59
*STORYexperience会員限定のプレゼントです。会員様は以下よりログイン後、まだ会員でない方は以下より会員登録後にご応募ください。

【当選者発表について】
賞品の発送をもって代えさせていただきます。応募期間終了後、順次発送いたします。 なお、当選の発表に関するお問い合わせには一切応じられませんのでご了承ください。 雑誌公正競争規約の定めにより、この懸賞に当選された方は、この号のほかの懸賞に入選できない場合があります。デジタル版からは、この懸賞に応募できません。ご了承ください。

【個人情報の取り扱いについて】
ご入力いただいた情報は当プレゼントの抽選および賞品の発送と今後の編集企画の参考として使用させていただきます。また、同意いただけた方には、編集部からのお知らせや取材協力のご連絡をさせていただく場合がございます。ご入力いただく前に【光文社の個人情報保護への取り組み】を必ずお読みください。お客様ご本人が同意したうえでご応募願います。

\STORYexperienceにログイン・もしくは会員登録後、ご応募ください/

おすすめ記事はこちら
-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

May
19
今日の40代おしゃれコーデ

【ボウタイブラウス×オールインワン】甘×ハンサムコーデは爽やかブルーで統一感を

【ボウタイブラウス×オールインワン】甘×ハンサムコーデは爽やかブルーで統一感を

会員限定PRESENT

会員プレゼント

花王ブローネ「STORY共同開発カラートリートメント」を50名様にプレゼント!

雑誌購入限定プレゼント

甘ニッシュを作る辛口な服を計6名様にプレゼント

PICK UP