• TOP
  • Lifestyle
  • アン ミカさん「結婚12年目でも恋焦がれています」いつまでもラブラブ夫婦でいられる秘訣とは?
Lifestyleピープル

アン ミカさん「結婚12年目でも恋焦がれています」いつまでもラブラブ夫婦でいられる秘訣とは?

ABEMAの新作オリジナル婚活サバイバル番組『GIRL or LADY~私が最強~』収録後に恋愛トークで盛り上がるアン ミカさん、若槻千夏さんのおふたりに突撃インタビュー!年齢とともに変化する恋愛観やプライベートな夫婦関係のことを聞いてきました。若槻千夏さんに続き「夫がめっちゃスキ、ホンマに!結婚12年目でも恋焦がれています」と話すアン ミカさん、一体どんな夫婦関係なの?聞いてみました。

▼あわせて読みたい
若槻千夏さん「うちは性格が正反対!」デコボコな夫婦2人が上手くいく秘訣とは?

アン ミカさん プロフィール 1972年韓国生まれ、大阪育ち。パリコレモデルでありながら、歯に衣着せぬポジティブ発言や元気な関西弁でバラエティを始め、通販番組でも人気。2012年、愛称「テディ」のアメリカ人の旦那様と国際結婚。コーディネートを合わせたデートを今でも重ねるほど仲睦まじい夫婦として有名。

「芯」を持ちつつも「柔軟性」のある女性を目指しています

―いつも”ポジティブ”。見ているとこちらまで楽しくなってくるアン ミカさん。そんなアン ミカさんが考える「素敵な大人の女性」とは?

私がなりたい、目指している素敵な女性は、まっすぐに強い「芯」を持ち、相手を心地よくさせるまろやかさと柔軟性を持つ人。竹のような感じかな。様々な人生経験からしっかりした軸があり、それでいて周りに緊張感を与えつつ、内からしなやかさを感じさせる人。そんな人でありたいと常々思っていますね。

今はそんな理想に近づくように、自らを育てている最中です(笑)。「芯」が強く出過ぎると、やはり周りにひびが入ります。そこで、その「芯」を隠し持ちながら、表現の仕方をまろやかに伝えバランスを取りつつ、行き過ぎたと感じたら真ん中の道に「芯」を戻していくような…。人は一生満足できないもの。心地よい女性であり続けられるようにさらに進化中です!

いつも夫は「ミカちゃん可愛い!」って言ってくれるの(笑)

夫は「今日も可愛い!」と言ってくれます(笑)こっち向いて、ねぇねえミカちゃん!」と言われて向いたら「可愛い!」とか。日本人男性から見て、私は絶対に可愛いキャラではないので、“良かった、こんなにも私のことを可愛いと思ってくれる人がいて”と思います。

うちは夫婦ともによく喋る!コミュニケーションを頻繁に取りますが、さらに夫の知的探求心が凄すぎます。「なんでもいろんな経験しようよ行こうよ」と、たくさん誘ってくる(笑)。私も仕事があるので、できることからいくつかしますが、ただお互いの趣味に興味があるので大変忙しい夫婦ですね。

―ちなみにどんな趣味があるのですか?

2人の出会いは「ゴルフ」。ですが、正直私はゴルフに興味がなくて…当時、私は「プロボーラー」を目指していたんです。

―えっ!「プロボーラー」?

そうなんです。プロボーラーになるために、わざわざ当時の「田町レーン」の横に住み、すぐに練習へ行けるようにしていたり。でも実は、体の仕組みからゴルフとボーリングは唯一、一緒に出来ないスポーツと言われていて、最終的に夫と結婚したかったためゴルフを選びました(笑)。結果オーライ!夫と結婚できたうえ、今は生涯スポーツとして楽しんでいるので良かったですね。

家のトイレも別々で「男女であること」を意識しています

―夫婦仲を保つために、意識していることや心がけていることは?

【尊敬、尊重、ユーモア、コミュニケーション、セクシャル】を大事にしています。夫も私もお互いの仕事を大変リスペクトしています。ともに近い業界で、夫はキャスティングする側、私はされる側、イベントを運営する側、呼ばれる側と、ギリギリ微妙に重ならないで、仕事を理解し合えますし、尊敬しあっています。さらに、私は根っからの「関西人」。私にとっても「ユーモア」はなくてはならないものなのですが、夫もかなりユーモアがあり、出会って間もない頃は謎のアメリカンジョークを頻繁に出してくるので、”この人、大丈夫かな?”と心配になったぐらい(笑)。

―どんなアメリカンジョークですか?

その場が凍ってしまうギリギリのもので、私が周りの方に「違うんです、これはアメリカンジョークなんです!」とフォローをしまくって(笑)。ホントに、2人とも毎日笑いあっています。

それから夫とは「一生男女として尊重していきたいね」と話していて。一緒にお風呂も入らないし、トイレも2つあり、分けています。キレイな格好でお出かけする時間もとり、お互い「キレイ!」「カッコイイ!」と声を掛け合い、高め合います。家を出る時間がほとんど違うので、着ていく服のカラーを決め待ち合わせをして会って。私が先に家を出る時は「今日、ブルーの服を着てるよ」と言ったら「じゃ、僕もブルーね!」。出先でお互いのブルーコーデを見て、褒め合いを。3日ほどすれ違いで会えなかったりした時は「それで今日のミカちゃんはどんなミカちゃんなの?」と連絡が来て、自撮りで「これが今日のミカちゃん!」と送ります。そのあと「今日のテディちゃん」と返信が来る(笑)。

―可愛いです!!

私の憧れはおじいちゃんとおばあちゃんが手を繋ぎながら歌い踊っていた、あの昭和のCMなんです。知ってます??

―40代はわかります(笑)!

あのCMを目指したい!理想です。

■『GIRL or LADY ~私が最強~』番組概要
毎週日曜夜10時~無料放送中(全9回)
▼最新話まで無料配信中
配信URL:https://abema.tv/video/title/90-1849

撮影/杉本大希 取材・文/東 理恵

おすすめ記事はこちら

RELATED TOPICS

FEATURE

Feb
29
今日の40代おしゃれコーデ

リスキングでの出会いには【同色ボウタイブラウス】できちんと感を

リスキングでの出会いには【同色ボウタイブラウス】できちんと感を

会員限定PRESENT

会員プレゼント

神宗の鍋つゆ「美鍋シリーズ」7種類セット(¥11,016)を計10名の方にプレゼントします!

PICK UP