• TOP
  • Lifestyle
  • アナウンサー政井マヤさんの「不登校になった2人の子どもを救ってくれた」ものとは
Lifestyle特集

アナウンサー政井マヤさんの「不登校になった2人の子どもを救ってくれた」ものとは

「不登校になった2人の子どもを救ってくれたのはYouTubeでした」と語る、フリーアナウンサー政井マヤさんにお話を伺いました。

▼あわせて読みたい
人気の教育系YouTuber2人が語る、思春期の子どもの学習はどう向き合うべき?

目次 ★ 政井マヤさんProfile
★ YouTubeは図書館!
★ だからYouTubeがいいと思う!


政井マヤさんProfile

1976年生まれ。上智大学卒業後フジテレビ勤務を経てフリーに。現在は教育番組のMCやラジオパーソナリティ等で活躍。夫は俳優の前川泰之氏。

YouTubeは図書館!

興味と学びの方法や選択肢は無限大です

以前子ども2人が小学生の時に不登校を経験しましたが、行かなくなった理由も期間もそれぞれで、特に1人は長く続いて…。今は毎日元気に登校していますが、休みがちだった最初の頃は〈なんとか学校に行けるようにしたい〉〈学校の勉強に遅れが出たら心配〉とレールから外れるのが怖かった私。

一方で、夫は周りと比べず、その子自身の道があるという考えで、趣味のアウトドアや博物館に連れ出しては、さまざまな体験をさせていました。両親ともに焦っていたら、子どもたちはもっとプレッシャーを感じていたと思います。

〈無理に学校には行かせない〉と腹を決めてからは、世の中は「学校と家」だけではないし、勉強も学校の「授業と宿題」だけではないと意識するようにしました。勉強は〝学び〟と広く捉えることで、日々、何かの学びを続けていれば、学校を休んだってOKと思えるように。
広く世の中を知ってほしい、多様な学び方がある――そのために活用したのがYouTubeでした。

私がPCを開いて「これ面白いよ」と声をかけると、私の横に来て一緒に見るようになって…。そのうち、自分で興味を持ったテーマの動画をどんどん深掘りするように。お気に入りYouTuberは、葉一さんや小島よしおさん。TED-Edの短めのプレゼンや英語版を字幕付きでも見ていました。学校にこだわっていた私も、教育系YouTuberの動画に触れ、子どもたちの中に「好き」が芽生え、生きるための「ツール」が養われて、世界がどんどん開かれていくのを実感。その延長で学びの場に戻れる自信を育むことができました。

  • レゴやナノブロックは親子で一緒に。
  • 焚き火は長男とパパの大好きな時間。
  • 絵本好きな次男には一緒に座って読み聞かせ。
  • 海では娘たちともいろんなことを話せます。

高1娘、中2息子、年長の息子。子どもたちと過ごす時間はとっても大切。

だからYouTubeがいいと思う!

  • 個々のレベルに合わせて〝学び〟が進められる
  • エンタメを入口にしながら社会問題を話すきっかけにも
  • 英語での視聴をはじめ、世界への扉が広がっている

撮影/吉澤健太 ヘア·メーク/渡辺みゆき 取材/羽生田由香 ※情報は2023年9月号掲載時のものです。

おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Dec
10
今日の40代おしゃれコーデ

【ピンクコート×シルバーニット】キャッチーに映えるカラーコーデで話題のお店へ

【ピンクコート×シルバーニット】キャッチーに映えるカラーコーデで話題のお店へ

会員限定PRESENT

会員プレゼント

蛯原友里さんのこだわりが詰まった「授乳ケープにもなるキャミソール」を計10名様にプレゼント

会員プレゼント

ママOFFの日がもっと輝くトレンド服を計6名様にプレゼントします

会員プレゼント

ヴィーニョ・ヴェルデのワインセット(各6本)を2名様にプレゼント!

会員プレゼント

ポーラの「リンクルショット メディカル セラム」を4名様にプレゼント!

PICK UP