• TOP
  • Lifestyle
  • 何度、最後通牒だと突き付けてものらりくらり…な夫が、本当にムカつく!【太田光代さん連載vol.1】
Lifestyle太田光代のこれまでのハナシ これからのハナシ

何度、最後通牒だと突き付けてものらりくらり…な夫が、本当にムカつく!【太田光代さん連載vol.1】

お笑い芸能事務所・タイタンの社長として爆笑問題や、昨年M-1グランプリを制したウエストランドの活躍を後押しする太田光代さん。小学生のころは医者を目指しつつ、家族のために料理を作り「夢はお嫁さんだった」彼女。お酒にまつわる武勇伝や、社会問題に鋭く切り込み時勢に迎合しない爆笑問題をマネージメントする手腕から、豪快な破天荒闘士なのかと思いきや、素顔はいたって可愛いらしい女性。夫と他愛ない会話を楽しむ日常を夢見るキュートな一面も。この連載では、芸人としては超一流だけれど夫としてのスキルには大々的に?(はてな)マークがつく太田光さんとの結婚生活に密着。まさか離婚!? となるのか、はたまた理想の夫婦生活に近づいていくのか……。どんな展開が待っているのでしょうか?

太田光代(おおたみつよ) 1964年7月6日、東京都生まれ。モデルやタレント活動などを経て、1993年、芸能事務所・タイタンを設立。現在は社長業のかたわら、自身もタレントとして活躍。夫は爆笑問題の太田光。2ヶ月に1度、東京銀座で行われる『タイタンライブ』を、『爆笑問題 with タイタンシネマライブ』として、全国25のTOHOシネマズ系映画館にて同時生中継しています。詳しくはHPをチェック!
INDEX ★ 5年前から考えていた〝離婚へのカウントダウン〟
★ 私の失敗は「玄関直通の夫の部屋」を許したこと
★ 駆け出しの若手芸人の頃がいちばん可愛かった
★ 太田光作の長編『笑って人類!』も、 急にすんごい分厚い原稿持ってきて、 嘘でしょ!? と目が点に
★ 50代になってから、残り時間の貴重さを考えるように

5年前から考えていた〝離婚へのカウントダウン〟

先日、テレビの占い番組に出たときに「還暦パーティーで離婚を発表する予定だった」というのは本気半分、ネタ半分。離婚は随分前から計画していて、夫には何度となく宣言していました。60歳になるまでに、納得しない夫を納得させて離婚するっていう計画を立てていたんですが、彼の態度が一向に変わらないことに嫌気がさしちゃって。そのうちに昨年ウエストランドがM-1グランプリで優勝したので、 還暦のタイミングでは無理かもしれないと思い始めて、ネタにして話すようになりました。離婚したい理由は……夫婦の思い出がないから!

私の失敗は「玄関直通の夫の部屋」を許したこと

私の失敗は、玄関からリビングを通らず彼の部屋まで直接行けるようにしてしまったことです。そう、いわゆる住宅問題で話題になる「子ども部屋への動線は必ずリビングを通るように作れ」という話。太田は家にいるとき、自分の部屋にこもったきり全然出てこなくて、家にいるんだか、いないんだかわかんないような生活をずっと続けていたんです。以前はちゃんとリビングで一緒に普通に過ごしていたのに。これではまるで部屋を貸している大家と店子です。私の部屋さえ、結局彼のネタ作りの部屋になっちゃいました。ホント、それが腹が立つ(笑)。

駆け出しの若手芸人の頃がいちばん可愛かった

今は家事なんてまったくやってくれませんが、昔仕事がないときはいろいろ手伝わせました。お魚を3枚におろしてアジフライ作ってもらったりね。夫は皿洗いが好きなので、皿洗いはやってもらってましたね。ただ、異常に洗いすぎるので、そこまで洗わなくていいとストップをかけなきゃ永遠に洗ってる(笑)。そのころは彼も私に懐いていたし、いろんなことを話してくれたんだけどなあ。あの頃が、一番良かったかも。忙しくなってただ家に居候しているみたいな夫なんて、なんかね。彼は「私がいないと生きていけない」みたいに言うけれど、それもいちいち勘に触るの。イラッとする(笑)。生きていくために私と一緒にいるのか? なんて思ってね。私は彼の親ではないんです! 別に、ベタベタしたいわけじゃないんです。セックスレスだって構わない。そういうの、私はあんまり好きじゃないから。逆に精力満々な人は好きじゃないんですよ。そこ、じゃないんですよね。

太田光作の長編『笑って人類!』も、 急にすんごい分厚い原稿持ってきて、 嘘でしょ!? と目が点に

先日発売した『笑って人類!』(太田光著)も書いているのはわかってましたが、まさかあんなに長編になっているなんて知らなかったんです。ある日突然、目の前に原稿をドサッと置かれて「できました。どうにかしてください」って(笑)。はあ? ですよ。売って欲しいなら途中経過を見せるのが普通じゃないですか? どのくらいの量になる、とか、こういう話になるよ、とかね。もともと小説を出版するにあたって、サイバーエージェントの藤田さんや幻冬舎の見城さんに相談もしているわけです。いろんな方が本の発売に向けて協力してくださって、皆さんの手を煩わせて巻き込んでるのに、あまりに一人で突っ走りすぎてて呆れています(笑)。

50代になってから、残り時間の貴重さを考えるように

私は今59歳。あとどのぐらい生きるかは知らないけど、 こんな状況であと何十年も生きていけない。人間、寿命にも限界があります。あと20年あるかないかの人生、意外に差し迫っても時間ないな、と思っちゃう。ましてや、元気に動き回れる時間は限られている。それなら元気なうちに楽しいことがしたい。私は旅行へ行くのが好きなんですが、なんか1人で行くのもつまんないし、やっぱり不安があるから、できれば男性と行きたいんです。太田さんが行ってくれればいいんだけど行ってくれない。それなら楽しく旅行に行けるような異性の友達が欲しいんです。ドバイやハワイにも行ってみたい。だから独身に戻って自由に好きなことをしてみたいの。だから、ほったらかしにされている妻が可哀そうだと思ってくれないと困ります! って彼には言ったの。一緒にいるなら、もう少しちゃんと一緒の時間を作ってよ、あなたが自分の部屋に居続けるなら、私は出ていきます! ってね。ちょっと考え方を変えていただかないと、危機感持っていただかないと嫌です、って。

だって、ひとつ屋根の下にいるのにまったく関わりがないのなら、夫婦でいる意味がないですよね。ただの同居人ですよ。これから老いがやってきて、介護とか面倒を見なきゃいけない状況になったら、私は 何を張り合いに面倒見ればいいんですか。だったら、元気なうちに、スパっと別れておかないと自分の人生が台無しになっちゃう気がするんですよ。私の残りの人生は、私のものですから。楽しいと思うことだけをする!

生活の断捨離の筆頭格が夫、ってどうかと思いますけど(笑)、人生豊かに思い通りに生きるために、ここが正念場だと思っています。私がこういう性格だということ、つまり口にしたときにはただのハッタリではなく、覚悟が決まっているということなんて知っているのに。「もういい。やめましょう」となったときには“時すでに遅し”なんですよ。なのに、何度最後通牒だと言って突きつけても、のらりくらり……。今、妻がキーキー言っているこの時間をやり過ごせばおさまる、って思っているのがホントにムカつくんです。

怒りがおさまらない光代社長。
次回は「W一人っ子の弊害? いつまでも車道側を歩かせる夫にブチギレ」です。

撮影/河内彩 ヘア・メーク/清水寛之 取材/柏崎恵理

おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Mar
3
今日の40代おしゃれコーデ

【ピンク×ピンク】が新鮮!脱・白合わせで大人の甘コーデをブラッシュアップ

【ピンク×ピンク】が新鮮!脱・白合わせで大人の甘コーデをブラッシュアップ

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

「胸熱オシャレ」な服を計6名様にプレゼント

PICK UP