• TOP
  • Lifestyle
  • 正解のない時代は「ブランディング」がカギ|irodori Branding株式会社代表・村本彩さん 
Lifestyle憧れリーダー連載

正解のない時代は「ブランディング」がカギ|irodori Branding株式会社代表・村本彩さん 

女性としてこれからのキャリアに悩むSTORY世代。’22年に女性活躍推進法が改定されてからはますます女性の活躍が期待され始め、徐々に女性管理職比率も高くなってきています。第一線で活躍している女性リーダーの方々にお話を伺うと、そこには、キャリアの狭間で自身の生き方を見つめ、可能性を信じてチャレンジする姿がありました。今回ご登場いただくのは、「ヒュッゲの森Hostel&Workspace」のプロジェクトリーダーであり、ブランディングを通じてビジネスやキャリアのコンサルティングを行うirodori Branding株式会社 代表の村本彩さんです。(全3回の3回目)

▼あわせて読みたい
大切なものを見失わないためにつくった、ヒュッゲの森|irodori Branding株式会社代表・村本彩さん 

村本 彩さん(41歳)
irodori Branding株式会社 代表

福岡県出身、山梨県北杜市在住。九州大学経済学部を卒業後、サントリー株式会社(現サントリーホールディングス株式会社)に入社。営業部を経て、マーケティング部にてブランドマネージャーとして数々の新商品開発やマーケティング戦略を担当する。2018 年、独立・起業。2022年1月より家族で山梨県北杜市に移住し、2023年8月に同市にワークスペース付きリトリート宿泊施設「ヒュッゲの森Hostel&Workspace」をオープン。プライベートでは11歳の女の子、7歳の男の子の母。


 

これからの正解のない時代には、どんな領域においてもブランディングが活きる

――会社の経営から育児まで、毎日多くのタスクをこなされていると思いますが、マルチタスクを回す秘訣はありますか?

女性って本当にマルチタスクから逃れられない宿命ですよね(笑)。抱えているものは常にマルチですが、”今ココ”に集中して、その時間はシングルタスク化するようにしています。私の場合自宅で仕事をすることも多いので、例えば子どもと遊んでいるのに仕事のことを考えたりメールを返信したりすると非効率。今は家族との時間、今は仕事の時間と決めて取り組むと、シングルタスクの時間が短くても切り替えができるようになってきます。

だから、huluやNetflixを観る時も全力投球(笑)。家事をしながらなど、”ながら見”は絶対にしません。完全に仕事からは切り離して、意識的に”没頭する時間”にしています。実はそういう時間が、後々他の仕事のアイデアに繋がったりもするんですよね。

サントリーで新商品の開発をしていた時も、「デスクで考えこむ前に、街に出ろ」とよく言われていました。一見仕事には関係なさそうなものがアイデアの種になったりするので、面白いものを見て遊ぶことも仕事の一環。いい仕事をするためにも、”今ココ”に集中する時間は必要不可欠です。

――日頃溜まったストレスの発散方法があれば、教えてください!

読書が大好きなので、気分転換したい時には必ずしていますね。仕事で煮詰まったら、一旦頭の中をリセットするために本を手に取ります。Netflixと同じですが、読書は現実とは別の世界に没入できる時間。脳がリセットされて、リフレッシュする感覚があるんです。

私はサントリー時代にブルドーザーと呼ばれていたほど仕事にも没頭してしまう性分で(笑)、気がつくと常にスイッチが入っている状態。”何もしないでリラックスする”というのが苦手なのですが、その代わり動的なスイッチングは得意です。あえてOFFになれることをするのを心がけてますね。2024年は動的なスイッチングだけでなく、自分の身体を愛でるセルフケアの時間も大事にしたいなと思っていて、香りの良いボディクリームを探している最中です(笑)。

移住してからは大自然に囲まれているので、チームメンバーとコーヒーを淹れて焚き火を眺めたり、森の中をお散歩したり。物理的に都会の喧騒から離れて、ストレスを発散しやすい環境にも支えられています。

――村本さんは11歳の娘さんと7歳の息子さんがいらっしゃいますが、家事と育児はどのように両立されていますか?

夫が去年から東北に単身赴任をしているので、基本的に平日はワンオペです。新規事業を次々に立ち上げたタイミングとも重なり、結構ギリギリの生活でした(笑)。なので、”ちゃんとできてない自分”も丸ごと受け入れるようにしました。洗濯物も山盛りで、散らかっていても全然OK! ご飯が作れない時はお惣菜でもいいし、子どもたちが笑顔で元気に過ごせていたら、それでいいじゃないと思えるようになったんです。

昔は”良きお母さん”にならなくてはと頑張りすぎていたけど、結局イライラしてパンク(笑)。それでは家の空気がピリピリして、子どもたちの笑顔も見られず本末転倒ですよね。完璧を目指せる状況ではないと感じたら、一番大切なのは何か? 見誤らないこと。

パパがいなくても寂しくなく、子どもたちが楽しく健やかに過ごせるのが一番大事だとしたら、それさえ守っていればいい。夫は綺麗好きなので、週末に帰ってくると何か言いたげな顔をしていますけどね(笑)。

――プライベートから仕事に切り替わる時のファッションや美容アイテムがあれば教えてください。

昔からジレが好きで、仕事のスイッチを入れたい時にはよく着ています。ジャケットだとかっちりし過ぎるけどカジュアルも避けたい時に、ジレは適度なフォーマル感と抜け感があって便利。きちんとした仕事の場でも浮かずにトレンド感も出せるので、何種類か持っています。チームメンバーやクライアントさんにも、ジレを着ると「彩さんっぽい」と言われるほど、アイコン的なアイテムになっています。

美容面では、朝ヘアアイロンで髪の毛を巻くと仕事のスイッチが入ります。やっぱり髪を整えると、自然と気が引き締まる。仕事の日は必ず、ヘアアイロンで丁寧にセットしていますね。日常の中にそういった切り替えアイテムがあると、「今日も1日頑張ろう!」と思えるから不思議です。



――最後に、今後のビジョンを教えてください。

今年は、新規事業の立ち上げやリトリート施設の建設など、0から生み出す作業の連続だったので、起業当時に描いていたものは一旦完結しました。ここから先は、このブランディングの考え方が、もっと世の中に応用されていくといいなと思っています。例えば人材育成や教育の現場でも、ブランディングは活きると思うんです。

成熟している今の世の中では、新しい価値を生み出すことがどんどん難しくなっていますよね。過去の経験則からは突破口が見えないことだって往々にしてある。360度色々な角度から見て、その価値を発見するブランディングの力は、これからの正解のない時代にはどんな領域においても必要なんです。そのブランディングの力を色々な分野に広げて、社会にもっと役立てていきたいと思っています。

撮影/森屋元気 取材/渡部夕子

おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Apr
16
今日の40代おしゃれコーデ

夕方からの予定は【顔映えピンクのツイードベスト】でお疲れ顔を払拭!

夕方からの予定は【顔映えピンクのツイードベスト】でお疲れ顔を払拭!

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

春に役立つ万能な服を計6名様にプレゼント

PICK UP