• TOP
  • Lifestyle
  • お賽銭5円は間違い?神社参拝で運気アップのためにすべきこと、すべきでないこと
Lifestyle大特集「開運」

お賽銭5円は間違い?神社参拝で運気アップのためにすべきこと、すべきでないこと

2023年ももうすぐ終わり。来年こそは運気をアップさせたい! と、意気込んでいる人も多いのではないでしょうか?
日常で身近なパワースポットといえば神社。でも実は、参拝時のマナーを勘違いをしていたり、知らず知らずのうちにやっている神社での”NGアクション”があるんです! 良かれと思ってしていることが、逆に運気を下げてしまう可能性も。
そこで、神社におけるNGアクションについて、神社ソムリエの佐々木優太さんにお話を伺いました。

▼あわせて読みたい
人気占い師たちが大事にしている日々の開運アクションって?

【INDEX】 1.「お賽銭は、ご縁があるから5円」ってホント?
2.パワーチャージがしたくて・・・御神木にタッチ!
3. お守りを買って、お釣りをもらったらダメ?
4. 神様に拝むためなら、長時間並んで当たり前?
5. おみくじは、読んだらすぐ木に結ぶもの?
神社は心のジム。日頃から神様とコミュニケーションを

1.「お賽銭は、ご縁があるから5円」ってホント?

多くの人が、「ご縁がありますように」とお賽銭箱に5円を入れていますよね。実は「お賽銭は5円を納めなきゃ!」というのは勘違い!

通貨として円が使われるようになった明治時代の初頭、5円の価値は5万〜50万円だったと言われています。つまり昔の人は、かなり高額なお賽銭を納めていたのです。

そもそもお賽銭は、「自分が財を成せたのは地域の皆様のおかげ。皆様にも良いことが巡ってきますように」という感謝の気持ちから納めていたもの。お賽銭は”願い事の対価”ではないので、金額が高いほど効果があるというわけではありません。今ここに参拝することができたのは、これまでにお賽銭を納めてくれた人々がいて、神社が維持されてきたから。「この神社が末長く続きますように」という思いを込めて納めることが、開運へと繋がります!

2.パワーチャージがしたくて・・・御神木にタッチ!

神社というパワースポットで、最大限にパワーをチャージしたいという人も多いはず。神社の象徴とも言える御神木に、気軽に触っていませんか? 御神木に触れるときには、実は注意が必要です。

御神木に触ろうとすると、必ず根の上に登りますよね。木は根からしか水を吸えないため、根っこを踏むと木を枯らしてしまう可能性があるのです。御神木に触るのは、愛していると言いながら首を締めているのと同じこと(笑)。触ってパワーを得ようとするのではなく、掃除をしたりお水をあげるなど、御神木を労る行動がおすすめです。

3. お守りを買って、お釣りをもらったらダメ?

人生で一度は手に取ったことがあるお守り。800円のお守りが欲しいと思ったとき、お財布の中に1000円札しかなかったらどうしますか? 「1000円札を渡して、200円のお釣りをもらうに決まってる」と思ったそこのあなた! お伝えしたいことがあります。

お守りは、厳密には”販売”ではなく、”頒布”されているもの。つまり、買っているのではなく授かっているのです。神様が宿った”お守り”というお下がりをいただく代わりに、気持ちを納めるというのが本来の考え方。お釣りの概念は存在しません。

例えば、募金箱をもった人に「800円募金したいんですけど、手元に1000円しかないので200円ください」と言う人はいないですよね(笑)。お釣りは受け取らずに、「このまま納めさせていただきます」と伝えれば、神社の方もわかってくださいますよ。

4. 神様に拝むためなら、長時間並んで当たり前?

「神様の前で拝むのは1組だけ」がルールだと思っていませんか? 混雑時には、参拝するために長蛇の列で順番待ちをする光景をよく目にします。でも本当は、並ぶ必要はないんです。

神様は”居る”のではなく、”宿る”もの。神様と人が1対1でなければ願いを聞いてくれない、というルールはありません。それぞれの人に、それぞれの神様が宿っているので、横に広がって参拝しても全く問題ないのです。後に続く人たちのことを考えて、より多くの人が参拝に上がれるようにしたいですね。

5. おみくじは、読んだらすぐ木に結ぶもの?

初詣の定番と言えばおみくじ。家族や友人たちと、結果を見せ合うのも楽しいですよね。そんなおみくじを読み終えた後、木の枝に結んで帰っていませんか? おみくじは、神様からのメッセージ。大切に持ち帰るのがおすすめです。

いつからか、おみくじを木の枝に結ぶ人が増えてしまい、おみくじを結ぶための紐掛けが作られるようになりました。おみくじを結ばれても木は喜びませんし、むしろ弱ってしまいます。神様のメッセージはしっかりと受け止めて、大切にしましょう。

神社は心のジム。日頃から神様とコミュニケーションを

神社は、言うなれば”心のジム"です。神社でとる所作は、神社の外でも行うことで開運していきます。”神様”を、”あなたが普段接する人”に置き換えて過ごしてみてください。そうすれば、周りの人たちのあなたに対する態度は、きっと変化していくはず。

そして神社は、参拝に上がるたびに心が整う場所。本来の自分に整ったら、明日からもまた楽しく過ごせるでしょう。そのきっかけを与えてくれるのが神社です。

神様という目に映らない存在に、どれだけ真摯に向き合えるのか、それこそが開運の鍵。あなたに良運が巡ってきますように!

神社ソムリエ 佐々木優太さん(39)

ミュージシャンを目指してギター1本で上京するも鳴かず飛ばずの日々で、ある日導かれるように伊勢神宮に参拝。そこから神社巡りに目覚めたのを機に、人生が好転。全国1万社以上の神社を巡拝し、拝受した御朱印は4千を超える。ゲッターズ飯田さんからも認められる存在に。

神社に関する知識は群を抜いていており、日本全国の神職からの信頼も厚く、神職や地域の方から得た多くの知識や見た景色を行きたくても行けない人の為、また後世に伝えるべく様々なメディアにて活動中。

取材/渡部夕子

おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Feb
26
今日の40代おしゃれコーデ

急なポカポカ陽気、ホットフラッシュ…冬の汗問題も【ケープ型コート】で余裕の笑顔に

急なポカポカ陽気、ホットフラッシュ…冬の汗問題も【ケープ型コート】で余裕の笑顔に

会員限定PRESENT

会員プレゼント

神宗の鍋つゆ「美鍋シリーズ」7種類セット(¥11,016)を計10名の方にプレゼントします!

PICK UP