Lifestyle特集 PROMOTION

〝母〟も〝妻〟もお休みいただきます! 心が元気になる1泊2日世界遺産「白川郷合掌造り集落」への旅

毎日フル回転の40代。ちょっぴり〝疲れたな〟と思ったときは、〝母〟も〝妻〟も全部お休みして元気を取り戻す旅に出てみませんか? そんなゆったりした時間を過ごせる湯宿が、世界遺産である「白川郷合掌造り集落」の玄関口にオープン! 人と人との繋がりを大切にする白川村の風土に触れ、合掌造りを模したエントランスに足を踏み入れると、そこはまさに非日常の空間。木のぬくもりが私たちを包み込みます。そんな「天然温泉 ゆるりの湯 御宿 結の庄」に、STORYライターが実際に泊まって感じた魅力をレポートします。

帳場ロビー2階にある いこい処【風ぐるま】。実際に合掌造りで利用していた古木を木組みに使用し、風情たっぷりの空間が広がっています。

2019年2月に世界遺産「白川郷合掌造り集落」から車で5分の地にオープンしたのは、地元の人々との繋がりを大切にする〝結(ゆい)〟という文化にあやかった「天然温泉 ゆるりの湯 御宿 結の庄」。一歩足を踏み入れると、新しさの中にある懐かしい雰囲気に、思わず気持ちがタイムスリップ。

  • 到着と同時に笑顔で温かいおもてなし。帳場に飾られるのは、合掌造り家屋の土台を造る際に行われる「石かち」という儀式の絵。こうした絵から白川郷を知るのも楽しい。
  • 古木の情緒と新しい畳が気持ちを落ち着かせてくれる。館内は全館畳敷きなので、入口で靴を脱いだらスリッパ不要で歩き回れるのも嬉しいところ。
  • ロビーに置かれているウェルカムドリンクには、伝統的な「日本酒どぶろく仕込み」やノンアルコールの甘酒も。予定を考えずにゆっくりお酒を飲めるのも旅行の醍醐味。 ※提供時間15:00~17:00
  • いこい処【風ぐるま】には塗り絵やおはじき、折り紙、けん玉などの昔ながらの遊び道具が置いてあるので、思わず夢中に。色とりどりの浴衣の無料貸出サービスもありテンションUP。

大浴場には内湯、露天、サウナに加えて寝湯や打たせ湯などもある。

お風呂は大浴場と、無料の貸切露天風呂が2つ。貸切風呂は陶器風呂の「星雲の湯」と檜風呂の「天雲の湯」があり、どちらも目の前に広がる自然の景色が心を落ち着かせてくれます。私の一押しは大浴場にある露天風呂。昼は山と空の大きさを感じながらリラックスできるし、夜は月明かりで照らされた稜線や積もった雪にうっとり。無色透明のお湯は柔らかな肌当たりで、天井から吊るされた和紙照明の優しい光と自然を感じながら、つい長湯をしてしまいます。

  • 大浴場にある露天風呂。お湯の温度もちょうどよく景色と雰囲気を堪能しながら、ゆったり浸かれます。
  • 貸切風呂【星雲の湯】は美しい色が印象的な陶器風呂。もう1つの貸切風呂【天雲の湯】は心地よい檜の香りが楽しめます。

【夕食】写真左にある飛騨牛・美濃古地鶏・恵那豚の3種類の肉が入った野趣鍋は、試行錯誤を重ねた結果、タジン鍋を使うことに決まったそう。つけだれもこだわりの3種。 ※写真はイメージで、季節によりメニューが変更となります。

お楽しみの夕食は飛騨の郷土料理を中心とした会席料理で、美しい小鉢が並ぶ前菜の膳から、地元の名物のすったて汁、新鮮なお造り、そして飛騨牛、美濃恵那豚、大黒しめじなど地野菜もふんだんに使った野趣鍋など、この土地ならではの素材の旨さを存分に引き出したこだわりのひと品ばかりでした。

  • きめ細かで柔らかく、網目のような霜降りが特徴の飛騨牛。一口サイズの握り寿司なのでいくらでも食べられそう。
  • 塩漬けした鯖をさらにぬか漬けする「へしこ」は若狭地方の魚の保存食だそう。塩辛さがお茶漬けにとっても合います!
  • 【朝食】写真左下にあるのは豆味噌朴葉焼きという郷土料理の1つ。ご飯のお供としても最高ですが、鰆・鱈・鮭などの焼き魚の上にのせても美味。 ※写真はイメージで、季節によりメニューは変更となります。

おつまみはなんと缶詰のみというちょっと珍しいナイトバー。でも、缶ごと直火で炙って熱々にしたオイルサーディンは、満腹の1日を締めるビールにぴったり。カウンターとテーブル席があるので、一人でしっとり飲むのも良いけれど、女子同士ワイワイ飲むも楽しそうだなと思いました。

お酒と缶つまのセットメニューがおすすめですが、もちろん飲み物だけの注文もOKです。

バーカウンターにずらりと並ぶ「缶つま」。普段はあまり食べないようなものを選んでみるのも面白そう。

客室は3タイプ全66室。どのお部屋も十分な広さがあるため、ゆったり寛げます。

〝和〟の趣きが感じられるお部屋には、低めの和ベッドが置かれるなど〝和〟の設えと〝洋〟の快適さが兼ね備えられているので、文句なしの満足度。自分好みの枕を選べる「枕処」もあり、心地よい眠りを約束してくれます。私もベッドに入った瞬間は覚えているのですが、すぐに深い眠りに落ちてしまったみたい……。気づけば朝になっていました。

  • 館内着として和のシルエットが楽しめる作務衣とはんてんが用意されています。そのはんてんは色柄違いが可愛い。
  • 客室にはコーヒーミルも。朝ゆっくりコーヒーを挽く時間はとても心地よく、味は格別でした。

 

 

白川郷の風情を感じながら、名湯と美味に癒された「天然温泉 ゆるりの湯 御宿 結の庄」で過ごした時間は格別でした。宿の方に聞くと、雪の時季もいいけれど、新緑の時季も魅力的とのこと。女子旅、家族旅、親子3世代でも愉しめる湯宿だと思ったので、ぜひ一度訪れてみてください。

天然温泉 ゆるりの湯 御宿 結の庄
〒501-5625 岐阜県大野郡白川村飯島908-2
平日1泊2食付き~、サービス料込み・消費税別
¥21,500~

白川郷ってこんなところ
大小100棟余りの合掌造りが残っている岐阜県大野郡白川村の荻町地区で、現在も生活が営まれている集落。1976年に重要伝統的建造物群保存地区として選定され、1995年には五箇山(富山県)と共に白川郷・五箇山の合掌造り集落として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。近年では知名度が増し、国内外から多くの観光客が訪れています。
お問合わせ先/天然温泉 ゆるりの湯 御宿 結の庄
(お問合せ・ご予約)TEL:05769-6-2005(9:00~20:00)

撮影/山田英博 取材・文/篠原亜由美

チームSTORY
FROMチームSTORY 雑誌「STORY(ストーリィ)」の製作に携わる編集部員たち。日夜雑誌作りに勤しむなかで得た知見、タメになる情報、愉快な話などなどファッションからライフスタイルまで、STORYらしさ溢れるトピックを、webでも存分に披露していきます。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

RELATED TOPICS

FEATURE

STORY RELATED KEYWORDS !

STORY SELECTED ARTICLES

Mar
21
今日の40代おしゃれコーデ

【アスレジャー】な着こなしに挑戦。今日はレンタル農園で栽培した野菜の収穫Day[3/30 Sat.]

PICK UP

PRESENT

N.O.R.C の「リネンジャケット」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。