• TOP
  • Prtimes
  • はじまりの学校、ブランド初となる醸造家のデビュー作が登場。「はじまりのお酒シリーズ」新商品4種を発売開始!
Prtimes商品サービス

はじまりの学校、ブランド初となる醸造家のデビュー作が登場。「はじまりのお酒シリーズ」新商品4種を発売開始!

株式会社酒と学校

酒のまち・紫波町を拠点に新たな酒文化を醸していくプロジェクト「はじまりの学校」。 ブランド初となるはじまりの学校 醸造家のデビュー作となる「はじまりのお酒 #02 2024」をはじめ、「はじまりのお酒シリーズ」の新商品4種を発売開始しました。

株式会社 酒と学校(岩手県紫波町、代表取締役:黒沢惟人)が立ち上げた、酒のまち・紫波町を拠点に新たな酒文化を醸していくプロジェクト「はじまりの学校」。

ブランド初となる醸造家のデビュー作となる「はじまりのお酒 #02 2024」をはじめ、「はじまりのお酒シリーズ」の新商品4種を発売開始しました。

新商品紹介

今回、発売した新商品のラインナップはこちら!

・はじまりのお酒 #02 2024(生酒 ver)

はじまりの学校 醸造家の永安祐大さんが、地元・紫波町にある「月の輪酒造店」の協力を得ながらはじめて造った日本酒「はじまりのお酒 #02 2024(生酒 ver)」

ひと口飲むと、お米の穏やかな甘みと、爽やかなスッキリとした酸。りんごや桃を思わせるやさしい香りとともに、無濾過原酒ならではのコク深さも楽しめます。

「自分で酒造りがしたい」と紫波町へ移住した永安さんが、「はじまりの学校」醸造事業の第一歩として念願だった酒造りに挑んだデビュー作!このお酒を飲んでいただき、酒のまち紫波、はじまりの学校の未来をぜひ感じてみてください。

▼オンラインストアの購入ページ
https://hajimari-sakebrew.com/items/6614d33752cef9003ef57c20

・はじまりのハードサイダー #01 2024

紫波サイダリー×ぷくぷく醸造のコラボシリーズ第一弾の好評を受け、リニューアルした「はじまりのハードサイダー #01 2024」。搾汁したりんご果汁をベースに、酒米からつくった白麹、赤ワイン粕を混合して醸造したハードサイダーです。

地元・紫波町のぶどう農家「domaine Hasipa(ドメーヌ ハシパ)」の赤ぶどうを原料に使い、赤ワイン粕がもつ複雑なコク、深み、渋みによるリッチな味わいを目指しました。スパークリングワインを思わせる発泡感に、しっかりした酸味がありつつ、赤ぶどうのふくよかな果実味が広がります。

▼オンラインストアの購入ページ
https://hajimari-sakebrew.com/items/65fce5566c6821002e6ca126


・はじまりのハードサイダー #03 2024

上記の赤ワイン粕を使った「はじまりのハードサイダー #01 2024」に対して、今回新たに白ぶどうを原料にしたオレンジワイン粕(※)を使った「はじまりのハードサイダー #03 2024」も登場。

搾汁したりんご果汁をベースに、酒米からつくった白麹、オレンジワイン粕を混合して醸造したハードサイダー。こちらも紫波サイダリー×ぷくぷく醸造によるコラボ商品です。

オレンジワイン粕がもつ柑橘系の爽やかな香りと、白ぶどうのフルーティな果実感がりんごとの相性抜群。白のスパークリングワインを思わせる発泡感に、しっかりした酸味がありつつ、余韻はクリアでドライな仕上がり。軽やかな飲み口なので、乾杯のお酒としてぴったりです。

※・・・オレンジワインとは、通常の白ワインが白ぶどうの果汁のみを発酵させるのに対して、白ぶどうを果皮や種と一緒に発酵させて造るワインのこと。この製法により、ワインがオレンジのような色合いになり、独特の風味や複雑なキャラクターが生まれます。

▼オンラインストアの購入ページ
https://hajimari-sakebrew.com/items/65fce7e382a509002cd1e17d

・はじまりのハードサイダー #04 2024

紫波サイダリー×ぷくぷく醸造が、搾汁したりんご果汁に白麹の甘酒を混ぜ、そこにホップを添加して醸造した「はじまりのハードサイダー #04 2024」

りんごがもつ爽やかな酸味にホップのほんのりとした苦味が加わる「ホップドサイダー」の伝統的なスタイルに、日本の醸造技術である「白麹」を掛け合わせるのが今回の挑戦。白麹の酵素によって、新たなホップの香りを開花させることを目指しました。

味わいは、りんごの甘酸っぱさをベースに、まるでクラフトビールのヘイジーIPAを思わせるホップのトロピカルな香りや、爽やかな柑橘のニュアンスを感じさせるフローラルな仕上がりです。

またこの商品のためだけに、紫波町地域おこし協力隊の岡本夏佳さんが初めてとなるホップの栽培にチャレンジしてくれました。希少な紫波産ホップのフレッシュな香りをぜひ感じてみてください。

▼オンラインストアの購入ページ
https://hajimari-sakebrew.com/items/65fce83da18e8d002b55ebdf

「はじまりの学校」は最短で醸造家のスタート地点に立たせてくれる

南部杜氏発祥の地として知られる酒のまち・岩手県紫波町。紫波町は、100年後に100の醸造関連事業者を生み出す「酒のまち紫波推進ビジョン」を掲げています。

▼酒のまち紫波推進ビジョンについての詳細はこちら
https://note.com/hajimarisakebrew/n/na43462c4dbb6

そして、その推進拠点となるのが「はじまりの学校」。閉校となった旧水分小学校に自前の醸造施設をつくり、さまざまな醸造家と酒造りを行っていく予定です。

今回、そんな未来を見据える「はじまりの学校」から、ブランド初となる醸造家・永安祐大さんのデビュー作「はじまりのお酒 #02 2024」が登場! まったく別の業種から醸造家への転身を決意した永安さん。話を伺うと、紫波町には醸造家のチャレンジを後押しする「環境」と「風土」があると言います。

なぜ永安さんは紫波町で醸造家になることを選んだのか?

はじまりの学校の公式noteでは、永安さんが紫波町と出会い、醸造家になるまでの「まじわり×はじまり」の物語についてインタビューを公開中。永安さんの「自分で酒造りがしたい」という想いが念願叶って生まれた「はじまりのお酒 #02 2024」の開発秘話をぜひご一読ください。

▼詳しくはこちら

「はじまりの学校」は最短で醸造家のスタート地点に立たせてくれる
https://note.com/hajimarisakebrew/n/nfee48f63eeca

欲しい暮らしは自分でつくる。25歳農家の根っこにあるパンクの精神

「はじまりのハードサイダー #04 2024」の原料に使ったホップを栽培した、紫波町地域おこし協力隊の岡本夏佳さん。

25歳にして農業で生計を立てると決め、自らの手で欲しい暮らしを次々とかたちにする岡本さんに、農業との出会いについてうかがったインタビューをnoteにて公開中。

農業の担い手が減るなか、岡本さんが農業を仕事に選んだのはなぜか?

その背景には彼女が強く影響を受けた祖母の存在と、農業はかっこよくて夢のある仕事なんだという彼女の確固とした信念がありました。

ぜひ酒のまち紫波町と、岡本さんの人生が交わって生まれた「はじまりのハードサイダー #04 2024」のストーリーをご覧ください。

▼詳しくはこちら

欲しい暮らしは自分でつくる。25歳農家の根っこにあるパンクの精神
https://note.com/hajimarisakebrew/n/n87bc675f202e

商品詳細

・「はじまりのお酒 #02 2024」商品詳細

販売内容
販売価格:1,900円(税込)
内容量:720ml 1本
購入ページ:https://hajimari-sakebrew.com/items/6614d33752cef9003ef57c20

詳細説明
「はじまりのお酒 #02 2024 (生酒 ver)」商品詳細
品目:日本酒
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
アルコール分:14度
内容量:720ml
製造者:有限会社月の輪酒造店
賞味期限を設けておりません。

※生酒のため、冷蔵保存を推奨しています。
※直射日光を避け、温度変化の少ない場所で保管してください。



・「はじまりのハードサイダー #01 2024」商品詳細

販売内容
販売価格:3,600円(税込)
内容量:はじまりのハードサイダー #01 2024(330ml)4本セット
購入ページ:https://hajimari-sakebrew.com/items/65fce5566c6821002e6ca126

詳細説明
「はじまりのハードサイダー #01 2024」商品詳細
品目:その他の醸造酒(発泡性)1.
原材料名:りんご(紫波町産)、米麹(国産米)、ぶどう皮(岩手県産)/炭酸ガス
アルコール分:7.0度
内容量:330ml
製造者:紫波サイダリー合同会社
賞味期限を設けておりません

※常温保管が可能です。
※直射日光を避け、温度変化の少ない場所で保管してください。



・「はじまりのハードサイダー #3 2024」商品詳細

販売内容
販売価格:3,600円(税込)
内容量:はじまりのハードサイダー #03 2024(330ml)4本セット
購入ページ:https://hajimari-sakebrew.com/items/65fce7e382a509002cd1e17d

詳細説明
「はじまりのハードサイダー #03 2024」商品詳細
品目:その他の醸造酒(発泡性)1.
原材料名:りんご(岩手県産)、米麹(国産米)、ぶどう皮(紫波町産) / 炭酸ガス
アルコール分:6.5%
内容量:330ml
製造者:紫波サイダリー合同会社
賞味期限を設けておりません

※常温保管が可能です。
※直射日光を避け、温度変化の少ない場所で保管してください。

・「はじまりのハードサイダー #4 2024」商品詳細

販売内容
販売価格:3,600円(税込)
内容量:はじまりのハードサイダー #04 2024(330ml)4本セット
購入ページ:https://hajimari-sakebrew.com/items/65fce83da18e8d002b55ebdf

詳細説明
「はじまりのハードサイダー #04 2024」商品詳細
品目:その他の醸造酒(発泡性)1.
原材料名:りんご(岩手県産)、米麹(国産米)、ホップ / 炭酸ガス
アルコール分:5.5%
内容量:330ml
製造者:紫波サイダリー合同会社
賞味期限を設けておりません

※常温保管が可能です。
※直射日光を避け、温度変化の少ない場所で保管してください。

酒のまちをひとつの醸造場と捉え、新たな酒文化を醸す

2023年に、岩手県紫波町で廃校を活用したプロジェクト「はじまりの学校」がはじまりました。

紫波町は南部杜氏発祥の地として知られる酒のまち。そんな酒のまちで、町全体をひとつの醸造場と捉えて、新たな酒文化を醸していくプロジェクトの拠点が「はじまりの学校」です。

▼「はじまりの学校」の立ち上げまでのストーリーについては、こちらの記事をご覧ください。


廃校になった母校を「酒の学校」に。紫波町ではじまる、酒づくりを通じたまちづくり
https://note.com/hajimarisakebrew/n/na43462c4dbb6

「はじまりの学校」では、紫波町の酒造業者との酒造りはもちろん、町内の生産者がつくる原料での酒造りや、県外の醸造家や専門家の監修やサポートを受けながら、多種多様なお酒づくりに挑戦していきます。また、将来的に「はじまりの学校」の施設内に醸造場を設立することも計画中です。

「はじまりの学校」について

はじまりの学校 -Sake Town Brewery-

南部杜氏発祥の地、酒のまち紫波町で始動した新プロジェクト。 まちをひとつの醸造場と捉え、新たな酒文化を醸していくプロジェクトの拠点が「はじまりの学校」です。醸造家、生産者、飲み手など、あらゆる人が交流し、学び合う。ともにつくる喜びを分かち合う、誰しもの「はじまり」を応援するコミュニティを目指します。

・会社名:株式会社 酒と学校
・代表者:代表取締役 黒沢惟人(くろさわゆうと)
・メールアドレス:info@hajimari-sakebrew.jp
・各種リンク
 オンラインストア:https://hajimari-sakebrew.com/
 Instagram:https://www.instagram.com/hajimarino_gakko/
 Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100091803008593
 LINE: https://line.me/R/ti/p/@653meudh?from=page&accountId=653meudh
 note: https://note.com/hajimarisakebrew

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Jul
13
今日の40代おしゃれコーデ

ワントーンコーデを夏らしくアゲる【オーロラカラーの華奢ミュール】

ワントーンコーデを夏らしくアゲる【オーロラカラーの華奢ミュール】

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

長い夏を乗り切るモト取れ服を計6名様にプレゼント

会員プレゼント

赤ちゃんから使える!「アネッサ パーフェクトUV マイルドミルク NA」を5名様にプレゼント

PICK UP