DigitalistTravel

【ロンドン発】ギリシャ旅行2021(4)ースニオン岬「ポセイドン神殿」

ギリシャ旅行記の4回目です。

アテネで4泊した後は、タクシーで「アポロ・コースト」を1時間程南下。アッティカ半島の最南端に位置するのスニオン岬に来ました。

今回泊まったホテルは、ATHENS RIVIERA – AEGEON (aegeon-hotel.com)

 

目の前にエーゲ海が広がります。ホテルのバルコニーからポセイドン神殿が見えます。

アテネのホテルでは2部屋別々だったので、ここでは、スイートルームに滞在しました。家族4人が着かず離れずな距離が保てて、丁度よい空間でした。

 

 

アンティーク調のダイニングセットとリビングルーム。

 

テラスも十分な大きさでした。

 

 

メインベッドルームにあった謎のシャンデリア(笑)。だらりと低くぶら下がっており、夜電気をつけてみたら、キャンドル形をした電球がおどろおどろしく、燃えているように見えるのです。

アテネでは観光で随分歩いたので、ここでは、まったりと時間を過ごしました。

まる2日何もしない時間を過ごした後、スニオン岬のお目当ての一つ、「ポセイドン神殿」を訪れました。

 

海の守護神ポセイドンを祀っているこちらの神殿は、紀元前480年ごろから建設が始まったとされていますが、途中でペルシャ戦争で倒壊、紀元前444年ごろに現在残っている神殿が完成しました。

  

当初は、高さ6メートルの白い大理石のドリア式円柱が42本並んでいましたが、現在残されているのは16本のみ。

 

 

英国のロマン派詩人バイロンは、1821年、ギリシャのオスマン・トルコからの独立戦争に参加し、この地を訪れた際に、ここの柱の一つに「Byron」とサインを残したという話があり(真偽の程は定かではない)、セキュリティーの女性に尋ねたところ、この柱だ、と教えてくれたので、写真をとったのですが、私には「Byron」の文字は確認できません。どこかにあるはずなのですが…。

 

 

神殿と別方向の崖に人が?よく見るとウェディング・フォトの撮影をしているではありませんか!写真からは分かりませんが、この日はものすごい強風。柵もなにもないところで吹き飛ばされてもおかしくないくらいの暴風の中で?心に残る撮影には間違いないでしょうが、見ていて冷や冷やしました。

 

ポセイドン神殿から見る夕日と夜にライトアップされた神殿。何とも神秘的。壮観です。

 

次回、最終回では、スニオン岬のフードとビーチを紹介します。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

それでは、皆さま良い一日を!

Have a nice day!!

Love from London.

 

[Instagram]では、毎日の生活を投稿しています。

https://www.instagram.com/mamimoonismine

[note]では、本や映画、英TVのレビュー、ニュース翻訳、コラムを書いています。

https://note.com/mamikondo_london

 

FEATURE

Nov
27
今日の40代おしゃれコーデ

ダイアナのジョッキーブーツで美脚狙い[11/27 Sat.]

ダイアナのジョッキーブーツで美脚狙い[11/27 Sat.]

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

ETVOSの「アルティモイストローション」と「アルティモイストセラム」をセットで30名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

会員プレゼント

【一口分応募】STORY創刊19周年記念!FENDIの名品バッグをBigプレゼント

会員プレゼント

【二口分応募】STORY創刊19周年記念!FENDIの名品バッグをBigプレゼント

会員プレゼント

星野リゾート宿泊ギフト券¥50,000を1名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

会員プレゼント

ティップネスのオンラインフィットネス「トルチャ」の受講2カ月無料権を5名様にプレゼント!【会員限定プレゼント】

PICK UP