• TOP
  • Fashion
  • カーディガンコーデ40選!羽織ればおしゃれな印象に変わる大人の着こなし【2023年度】
Fashion特集

カーディガンコーデ40選!羽織ればおしゃれな印象に変わる大人の着こなし【2023年度】

サッと羽織れて便利なカーディガンは、年間通して使えるマストアイテムのひとつ。ここ数年カーディガン人気が再燃して、各ブランドがこぞって新作を出しています。カジュアルにもキレイめにもどちらにも振れるから、お気に入りのデザインを見つけたいもの。レイヤードスタイルを楽しんだり、ボタンを留めてトップスにしたりと、1枚でいろいろな使い方ができるので活用度と満足度が高いのです。ただ、定番アイテムだからこそ、変わり映えしないコーデにもなりがちなのが悩み。ここではスカートやワンピース、パンツなどに合わせて、カーディガンを旬に着こなすオススメのコーディネートと大人の目指すべきスタイルをご紹介します。

INDEX カーディガンの着こなしのポイントは?
ゆったりシルエットが旬の“おじカーデ”
一点投入でトレンド顔になれる“もこもこカーディガン”
“ボリューム袖カーディガン”でスイートに華やぐ
着こなしをパッと明るくしてくれる“カラーカーディガン”
“肩掛けカーディガン”でリラクシーな着こなしを演出
“アンサンブルカーディガン”が復活トレンドに
オシャレ度が試される“カーディガン×デニム”
レトロ感が粋に映える“ラインカーディガン”
アウターとしても便利な“ロングカーディガン”

カーディガンの着こなしのポイントは?

カーディガンは季節に合わせた素材を選べば一年中楽しめます。涼しげな春夏スタイルから、秋冬スタイルの厚手のものまで、さまざまなシーンに合わせた着こなしが楽しめます。今季、旬なカーディガンはシルエット自体がビッグ&ルーズ。Tシャツやブラウスの上にアウター感覚で着て、インナーとのレイヤードを楽しみたいアイテムです。カーディガンは体温の調節もできて一年を通じて使用頻度も高く、窮屈さもないので着まわししやすいのです。以前はよりきちんと着るジャストサイズが主流でしたが、「ずるっとビッグなカーディガン」をアウター代わりにしたり、差し色にしたりして着るのが今年流。U・Vネック共に、オーバーフォルムに進化しています。昔流行ったアンサンブルニットも復活しているのも今季の特徴です。

ゆったりシルエットが旬の“おじカーデ”

【おじカーディガン×フレアスカート】で甘めアイテムをほどよくカジュアルダウン

おじカーディガン×フレアスカート
撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)

ゆったりとしたシルエットが今っぽいブラックのVネックカーディガンなら、どんなシーンにも使いやすくて◎。コンサバ感のあるロングフレアスカートもサイドゴアブーツとクラッチバッグでカジュアルダウンすれば、旬な着こなしに変身します。Vネックで胸元が寂しい時はアクセサリーで盛るのもオススメ。

カーディガン¥19,800(アンクレイヴ) INに着たTシャツ¥15,400(ハイク/ボウルズ) フレアスカート¥72,600(ebure GINZA SIX店) バッグ¥97,900(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)サイドゴアブーツ¥133,100(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)ネックレス¥275,000(タナーズ インディアン アーツ/ロンハーマン)イヤリング¥6,300(ABISTE)

 

【おじカーデ×ふんわりスカート】

おじカーデ×ふんわりスカート
撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)

いつもの心地いい安心感あるスタイリングに、たった1枚おじカーデをプラスするだけで今っぽさは120%アップします。胸元をあえてスッキリ見せることで、程よくぬけ感が出て、女性らしさがアップ。足元はスニーカーでカジュアルダウンすると軽快な仕上がりになります。

カーディガン¥37,400(ウーア/カレンソロジー青山) タンクトップ¥9,900 イエロースカート¥69,300(ともにebure GINZA SIX店) バッグ¥140,800スニーカー¥86,900(ともにピエール アルディ/ピエール アルディ東京)ピアス¥14,300(ウノアエレシルバーコレクション/ウノアエレ ジャパン)

 

【ハリ感おじカーデ×フレアスカート】なら低身長でもトライできる

ハリ感おじカーデ×フレアスカート
撮影/清水将之(mili)

身長が低いSTORYスタッフは、パンツ着用になることが多いビッグシルエットのカーディガン。スカート合わせがサマになるように、ハリ感のあるカーディガンをチョイスしてみました。憧れのビッグ×ロングのガーディガンコーデも、素材感を工夫すれば、旬なバランスに挑戦できます。

カーディガン¥19,800(アンクレイヴ)ノースリーブカットソー¥9,900(ELENDEEK)スカート¥31,900(デザインワークス/デザインワークス 銀座店)バッグ¥13,200(SHAKECASE/コレクト)シューズ¥23,980(マーガレット・ハウエル アイデア/モーダ・クレア)バングル¥36,300(パズコレクティブ/ZUTTOHOLIC)

 

 

【ハリ感おじカーデ×カラースカート】はネイビーで垢抜けた印象に

ハリ感おじカーデ×カラースカート
撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)

黒ほど印象が強くならないネイビーは、ノーブルだしキレイ色とのバランスもいいのです。一見ちぐはぐ?と思う違和感がスタイリングに深みを与えて可愛く見せてくれます。シンプルな白Tシャツをインして、程よくリラクシーに。

カーディガン¥36,300(SLOANE) Tシャツ¥7,150(LE PHIL/LE PHIL NEWoMan 新宿店) スカート¥17,600(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 有楽町店) エコファー バッグ¥41,800〈カルス〉(ともにアマン)サイドゴアブーツ¥42,900〈ペリーコ サニー〉イヤリング¥4,320(ABISTE)

【おじカーディガン×カラーパンツ】でレイヤードを楽しんで

おじカーディガン×カラーパンツ
撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)

太めに編まれたローゲージTシャツのビッグカーディガンは、アウターとしても活躍する万能アイテム。インナーに薄手のダウンジャケットをレイヤードすれば、一気に上級者の着こなしに。きれいめカラーのパンツを合わせれば、さらに垢抜けます。足元はスニーカーやブーツにせず、あえてパンプスにすることで、コンサバさんもマネしやすいコーディガンコーデが完成します。

ビッグカーディガン¥42,900(サクラ/インターリブ)パンツ¥4,070(レプシィム/アダストリア)ボーダーカットソー¥10,780(ザ シンゾーン/Shinzone LUMINE YURAKUCHO)薄手ダウンジャケット¥5,990(ユニクロ)バッグ¥6,600(カカトゥ/アンビリオン)パンプス¥29,700(ツル バイ マリコ オイカワ)タイツ¥1,650(満足/福助)ピアス¥8,800(ワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

 

 

【おじカーデ×ワントーンコーデ】は、膨張しないよう小物で工夫

おじカーデ×ワントーンコーデ
撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)

秋冬らしさ満点の厚手のカーディガンとスカートを、白で統一してセットアップ風にスタイリング。オールホワイトも、メルヘンチックになりすぎないよう、足元はエッジの効いたハンサム靴でコンサバ打破を狙います。さらなる冒険をしておしゃれに変身。

カーディガン¥23,100(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 有楽町店)シューズ¥113,000 バッグ¥185,900(ともにトッズ/トッズ・ジャパン)ワンピース¥72,600(ebure GINZA SIX店) ピアス[左耳/15㎝]¥71,500 ピアス[右耳/10㎝]¥60,500(ともにマリハ)

 

一点投入でトレンド顔になれる“もこもこカーディガン”

【もこもこカーディガン×ワンピース】で大人可愛いリラックススタイル

もこもこカーディガン×ワンピース
撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)

ふわふわな毛足の長さも手伝ってそれだけでおしゃれな雰囲気に。大きめなサイズ感が新しいバランスを生み、コーデ全体を刷新してくれます。今年はモヘアやファー、カシミヤなど、大人可愛くて上質感のある素材が人気。足元には今季人気の白ブーツでトレンド感も出します。

カーディガン¥72,600(ハイク/ボウルズ) ワンピース[共布ベルト付き]¥39,600(エレ ストリオフ) バッグ¥162,800(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)サイドゴアブーツ¥12,980(ラルート/アバハウスインターナショナル オンラインストア) ピアス¥283,800(ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

 

 

【もこもこカーディガン×柄ワンピース】でコートいらずのあたたかさ

もこもこカーディガン×柄ワンピース
撮影/小川久志

トレンドの「ざっくりローゲージニット」は欲しい一枚をいち早くチェックして!ハニカム編みのように切り替えられたボリューミーな袖と、ボトムを選ばず合わせやすいすっきりした着丈のバランスが絶妙。スカートでもパンツでも、コート代わりにして合わせやすいデザイン。

ワンピース¥23,100(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)カーディガン¥78,100(ミスター ミトンズ/RHC ロンハーマン)バッグ¥36,300(ヴァジック/ヴァジックジャパン)ブーツ¥6,589(OPAQUE.CLIP)イヤリング¥12,600(アビステ)

 

【もこもこカーディガン×サテンスカート】で、ニットコーデにキレをプラス!

もこもこカーディガン×サテンスカート
撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)

落ち着いた肌馴染みのいいベージュとゆるサイズ感。ぬいぐるみのようなフワフワ素材に相反する女性らしいツヤ素材が女性らしさを際立たせてくれます。つるんと光沢のある生地が着こなしにメリハリを与え、トレンド感が高まります。光沢感があるので、カジュアルなパーティーシーンにもいいかも!

カーディガン¥41,800(ガリャルダガランテ/ガリャルダガランテ表参道店) タンクトップ¥9,900(ebure GINZA SIX店) サテンスカート¥23,100(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)ストール¥77,000(ベグ アンド コー/ボーダレス)バッグ¥74,800(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)ショートブーツ¥66,000(ロランス/ザ・グランドインク)ピアス¥3,240(ABISTE)

 

エアリーな【もこもこカーディガン×サテンスカート】で、大人っぽいツヤ感をプラス

もこもこカーディガン×サテンスカート
撮影/金谷章平

ふっくらと柔らかな印象のモヘアカーディガンは秋冬の大本命!ナチュラルなカラーを選んで優しげな印象に。エアリーなニットと、艶感のあるとろみスカートなら、白ワントーンがさらに品よく華やぎます。足元もワントーンの一部と意識して、モカカラーのブーツで軽さを出して。

カーディガン¥69,300Tシャツ¥8,800スカート¥29,700(すべてカオス/カオス丸の内)バッグ¥58,300(デメリエ/ガリャルダガランテ 表参道店)ブーツ¥25,850(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)パールネックレス¥48,400コインネッ クレス¥19,800(ともにマリハ)ピアス¥37,400(ブランイリス/ブランイリス エストネーション 六本木ヒルズ店)

【もこもこカーディガン×デニムパンツ】で優しい印象をまとって

もこもこカーディガン×デニムパンツ
撮影/鏑木 穣(SIGNO) 

今年大人気のカーディガンの注目株は、女性らしい丸みを帯びたショート丈や深めに開いたVネックのロング丈。カットソーやシャツにラフにボタンを全て閉めてカシュクールのように着て、デコルテのラインを強調するのも素敵だし、ラフに羽織るのもこなれ感が出ます。

カーディガン¥62,000(ドローイング ナンバーズ/ドローイング ナンバーズ 南青山店)ロングシャツ¥34,000(フランク&アイリーン/サザビーリーグ)デニムパンツ¥19,500(SERGE de bleu/ショールーム セッション)バッグ¥80,000(FURLA/FURLA JAPAN)パンプス¥91,000(ジャンヴィト ロッシ/ジャンヴィト ロッシ ジャパン)イヤリング¥160,000(ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)バングル¥5,200(JUICY ROCK)

【もこもこカーディガン×ハーフパンツ】

もこもこカーディガン×ハーフパンツ
撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)

晴天・短距離が基本のちょこチャリ派なら汚れが心配な白コーディネートも問題なし。とろみ素材のブラウスとツイードのハーフパンツでランチ仕様に。ハーフパンツは起毛素材の艶のある生地だから大人っぽい雰囲気。ブーツを合わせれば、肌の露出も少なくなるので40代にもトライしやすくなります。

カーディガン¥75,900(ミスター ミトンズ/RHC ロンハーマン)ブラウス¥16,280(ザ ダッチェスデザイン/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店)ハーフパンツ¥31,900(イウエン マトフ/イウエン マトフ 横浜店)トートバッグ¥8,800(アダム エ ロペ)ミニショルダーバッグ¥39,600(ヘリュー/アルアバイル)ビジュー付きブーツ¥172,700(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)ピアス¥26,400(ブランイリス/エストネーション)ネックレス¥50,600(MAAYA)自転車¥153,780(イルミオ/ブリヂストンサイクル)

【もこもこカーディガン×ブラックデニム】をロングブーツでハンサムに仕上げて

もこもこカーディガン×ブラックデニム
撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE)

ボリュームカーデはインナーをタイトに締めてIラインを強調。腰回りをおおう丈感&ボリューム袖は全体的なシルエットにメリハリを与えつつ、気になる部分をカムフラージュしてくれます。ニーハイブーツで膝位置を高くするのも、スタイルアップして見せる着こなしの技。バッグはショルダーよりクラッチで軽快にまとめたい。

カーディガン¥24,200(メゾンスペシャル/メゾンスペシャル 青山店)ニット¥27,500(スローン)デニム¥25,300(アッパーハイツ/ゲストリスト)バッグ¥53,900(デメリエー ロンドン/アパルトモン 青山店)靴¥46,200(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店)キャップ¥4,180(ニューエラ)ピアス¥11,000(ワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)※クレジットはページ下③

“ボリューム袖カーディガン”でスイートに華やぐ

【盛り袖モヘヤカーディガン×カラーパンツ】で女性らしさを引き出す

盛り袖モヘヤカーディガン×カラーパンツ
撮影/清水将之(mili)

ぽわんとした袖のボリューム感が程よい女性らしさと品の良さをプラス。ボリューム袖で寸胴感を軽減できます。やわらかな肌触りで着心地よく、ジャケットのように着まわし力の高い1枚。シンプルなデザインなのでどんなコーデとも馴染みます。

モヘヤの軽い素材感とピンクパンツが好相性。カーディガン¥23,100(カデュネ/カデュネ プレスルーム)カットソー¥4,500(mite)パンツ¥12,100(PUBLICTOKYO/PUBLIC TOKYO 渋谷店)バッグ¥50,000(アニタ ビラルディ/CPR TOKYO)シューズ¥29,700(カステラーノ/フラッパーズ)ピアス¥8,800ブレスレット(ともにワンエーアールバイウノ¥22,000アエレ/ウノアエレ ジャパン)ネックレス¥14,190(ソコ/ZUTTOHOLIC)

【ボリューム袖カーディガン×コンサバワンピ】でフェミニンだけどスイートすぎない大人の着こなしに

ボリューム袖カーディガン×コンサバワンピ
撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)

オケージョン服にカーディガンを羽織るなら、ジャストサイズだとちょっと窮屈で古臭くなりがち。そんな時は、袖をボリューム袖にするだけで、ぐっと印象が変わります。ネックラインに大きなパールをあしらったデザインは華やか。甘さのあるアイテムなのでワンピやスカートを合わせて、より女性らしい着こなしにするも良し、デニムなどを合わせて甘辛ミックスコーデにするも良し。幅広いスタイリングが楽しめそう。

カーディガン×ワンピースセット¥18,000(シークレット・トロフィー)バッグ¥38,000(ヴァジック/ヴァジックジャパン)パンプス¥22,000(ツル バイ マリコ オイカワ)ストッキング/スタイリスト私物

【ボリューム袖カーディガン×ワイドパンツ】で全体のバランスを取る

撮影/清水将之(mili)

低身長だとなかなかバランスを取るのが難しいオーバーサイズのコーディネート。カーディガンの袖がしぼんでいるようなデザインだと着られた感が目立つけど、袖広がりならダボつき感も気にならず、モードなアクセントになります。セミワイドパンツとの相性も良く、足元を華奢なヒールでまとめれば、バランスよくスッキリ縦長見え効果も狙えます。

カーディガン¥49,500(フォンデル/ユナイテッドアロー ズ 新宿店)Tシャツ¥990(GU)パンツ¥20,900(yori)バッグ¥20,900(メゾン ヴァンサン/フラッパーズ)パンプス¥14,960(ユニティ/モーダ・クレア)

着こなしをパッと明るくしてくれる“カラーカーディガン”

【カラーカーディガン×ツイードパンツ】でシンプルながら洗練されたスタイル

カラーカーディガン×ツイードパンツ
撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE)

冬空に映える寒色のターコイズのカーディガンに、Tシャツとツイードパンツを合わせた大人のリラックスコーデ。ロゴカットソーなど、カジュアルなアイテムに合わせるだけでコーデを格上げできちゃいます!カーディガンの色とTシャツのロゴをリンクさせているのも洒落てます。ダークカラーが多くなりがちな秋冬コーデにプラスしたい。

カーディガン¥46,200(オーラリー)Tシャツ¥9,900(アッパーハイツ/ゲストリス ト)パンツ¥22,000(マイストラーダ)ローファー¥24,200(オデット エ オディール/オデット エ オディ ール 新宿店)ネックレス¥121,000(カラットアー/イセタンサローネ)

【カラーカーディガン×ワイドパンツ】は重くならないよう差し色を入れて

カラーカーディガン×ワイドパンツ
撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)

カラーカーディガンは、コーデ全体を明るくする軽アウターとして大活躍。ダークな色味が多くなりがちな季節は、意識してコーデに差し色を!カジュアルな印象のボーダーも、ロング丈のガウンを羽織れば上品にキマります。ブラックのボーダーとリンクさせたダークカラーのワイドパンツで全体をゆるっとまとめるとを、コーデにこなれ感が出ます。

カーディガン¥29,920(ゼロ バイ ワンズ/シップスルミネ新宿 ウィメンズ店) ボーダーカットソー¥9,790(N.O.R.C by the line/N.O.R.C) パンツ¥28,600(プラージュ/プラージュ 代官山店) チェック柄ストール¥31,900(ベグ アンド コー/ボーダレス) バッグ¥58,300(デメリエー ロンドン/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)シューズ¥9,680(ラルート/アバハウスインターナショナル オンラインストア)眼鏡¥36,300(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)

 

 

【カラーカーディガン×チノパン】ウォーミーな風合いでシーズンムードを高めて!

カラーカーディガン×チノパン
撮影/小川久志

着こなしの鮮度を高めてくれるニュアンスのあるグラデーションカラーのニットカーディガン。肌馴染みのいいピンクのグラデーションで、インパクトがありながらも柔らかい印象に。チノパンなどメンズ感のあるアイテムもキレイめな表情になります。ヒップがすっぽりと隠れるぐらいの安心感のある丈で、気になるボディラインをカバーしてくれるのも嬉しいポイント。

カーディガン¥23,100(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)タートルネックカットソー¥18,700(エイトン/エイトン青山)パンツ¥24,200(ティッカ)バッグ¥16,500(SHAKE CASE/コレクト)ローファー¥30,800(ルカ グロッシ/ウォッシュ ルミネ横浜店)イヤリング¥4,860(アビステ)

【カラーカーディガン×ワントーン】フェミニンな黒ワントーンコーデに色を効かせて甘さをデフォルメ

カラーカーディガン×ワントーン
撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)

裾に向かって徐々に薄くなる美しいグラデーションカラーが印象的なニットカーディガン。ふわふわと起毛感のあるウォーミーな風合いがシーズンムードを高めてくれます。ただのパステルでなくくすみ色だからなじみがよく扱いやすいのも◎。中をワントーンで揃えることでスタイルアップにも繋がります。

カーディガン¥25,000(N.O.R.C/N.O.R.C) ブラウス[参考上代]¥28,600(スカル・スタジオ/ショールームリンクス) パンツ¥19,800(プラージュ/プラージュ 代官山店)バッグ¥132,000(ザンケッティ/八木通商) シューズ¥97,900(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス) イヤリング¥5,670(ABISTE)

 

【カラーカーディガン×カラーワンピ】心華やぐブルーをメインにした軽快なスタイル

カラーカーディガン×カラーワンピ
撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)

トーンの違う色を重ねても派手すぎず、清潔感が出せるのがブルーの優秀さ。キレイ色初心者は、ブルーのトーンONトーンの着こなしがおすすめ!リゾート地へのお出かけは、ダークカラーより爽やかな印象の色を狙うのが、写真映えもしてオシャレ上級者。

ブルーロングカーディガン¥16,940(ハッシュニュアンス)ロゴTシャツ¥7,480(ルベーシック/エイチ ビューティ&ユース)ブルースカート¥56,100(マディソンブルー)シルバーバッグ¥107,800(ピエールアルディ/ピエール アルディ 東京)デニムパンプス¥67,100(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)ブレスレット¥132,000(ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

【カラーカーディガン×カラースカート】は寒色同士のくすみ色をかけ合わせればキレイにまとまる!

カラーカーディガン×カラースカート】
撮影/須藤敬一

パッと目を引くキレイ色の大人可愛いニットカーディガンを主役に、秋冬らしい配色のコーディネート。ロングスカートは旬なレザー調素材のセミタイトシルエット。どんな色とも相性の良いダークブラウンを選べば、ボックスシルエットのロングカーディガンとのレイヤードスタイルもスッキリ見えします。

カーディガン¥14,850(ビューティ&ユース/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店)カットソー¥13,200(ラグ & ボーン/rag & bone 表参道店)エコレザースカート¥19,800(ガリャルダガランテ/ガリャルダガランテ 表参道店)バッグ¥20,800(ノマディス/ノーベルバ)ショートブーツ¥132,000(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマ ーサービス)ネックレス[長]¥2,860[短]¥2,200(ともにシースキー/ロードス)

【ピンクカーデ×エコレザースカート】2つのインパクトアイテムが調和し合う

撮影/川崎一貴(MOUSTACHE)

カラーコントラストがはっきりとして目に留まるヴィヴィッドピンクと黒の組み合わせ。ボーダートップスと黒エコレザーの強目なモノトーンコーデにピンクの力を借りてフェミニンをひとさじ。冬に多くなりがちなダークカラーコーデも華やかな印象に変身します。

スカート¥4,950(グローバルワーク/アダストリアカスタマーサービス)Tシャツ¥2,999(H&M/H&M カスタマーサービス)カーディガン¥23,100(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)バッグ¥29,700(ヴァジック/ヴァジックジャパン)シューズ¥35,200(ピッピシック/スピック&スパンルミネ有楽町店)メガネ¥31,900(ブラン)

“肩掛けカーディガン”でリラクシーな着こなしを演出

<コンサバ派なら>ネイビーセットアップに 反対色のイエローで 品良く色を差して

撮影/清水将之(mili)

鉄板のオールネイビーも、たちまち洗練感が出る究極の一点投入コーデ。なんだか物足りないなと思ったときや、ノースリーブでちょっと肌を隠したい時、カーディガンの前を開けたままトップスに肩かけして、大人の余裕を漂わせます。肌馴染みのいい軽めの素材で軽やかさもプラスできます。

カーディガン¥17,600(マイカ アンド ディール/マイカ アンド ディール 恵比寿本店)ブラウス¥27,500パンツ¥26,400(ともにハイク/ボウルズ)バッグ¥52,800(ケイト・スペード ニューヨーク/ケイト・スペード カスタマーサービス)サンダル¥36,300(PIPPICHIC/ベイジュ)ピアス¥44,000ネックレス¥19,800(ともにマリハ)

 

 

<モード派なら>得意のワントーンを アレンジして同系色で全身に統一感を

撮影/清水将之(mili)

肩に巻いてひと結びすると、ただ掛けるよりも立体感がでて、さらに顔周りにポイントができるので華やかさが倍増します。コーデに物取りなさを感じる時に重宝します。全体的にブルーの同系色にすれば、ワントーンコーデのようになって上品な印象に。

カーディガン¥30,800(CABaN/CABaN Daika nyama)カットソー¥7,000(N.O.R.C)パンツ¥31,900(ダブルスタンダードクロージング/フィルム)バッグ¥55,000(ミチノ・パリ/サードカルチャー)サンダル¥23,100(ツル バイ マリコ オイカワ)ピアス¥12,960(アビステ)ブレスレット¥12,100(イン ムード/フォーティーン ショールーム)リング¥28,600(ウノアエレシルバーコレクション/ウノアエレ ジャパン)

 

<カジュアル派なら>定番ボーダーコーデに 普段は着ないパープルで 印象チェンジ

撮影/清水将之(mili)

ボーダーでちょっとシンプルすぎたり、ラフなコーディネートになりすぎたかな、と思った時、カーディガンを肩掛けすると、ちょうどいいアクセントになってくれます。服のトーンとは違う明るめの差し色をチョイスするのが◎

カーディガン¥4,950(レプシィム/アダストリア)ニットアップ¥24,200(カデュネ/カデュネ プレスルーム)バッグ¥50,500(アニタ ビラルディ/CPR TOKYO)サンダル¥20,900(オゥ バニスター/アバハウスインターナショナル オンラインストア)ブレスレット¥18,900(アビステ)

 

オシャレを〝キャッチアップできてる〟40代は〈カーディガンのたすき掛け!〉

撮影/金谷章平

アシメトリーに肩にかけてひと結びすれば、こなれ感たっぷり。オフホワイトのワントーンコーデに同系色のくすみカラーで差し色。メークも合わせてくすみカラーにすれば、オシャレ度数がグッと上昇します。

カーディガン¥1,990(ジーユー)サーマルプルオーバー¥18,000(ドゥーズィエム クラス/ミューズ ドゥ ドゥーズィエ ム クラス 丸の内店)パンツ¥24,000(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)バッグ¥137,000(J M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)パンプス¥30,000(ファビオ ルスコーニ/エポカ ザ ショップ 丸の内)ピアス¥18,840(パズ コレクティブ/ZUTTOHOLIC)バングル¥213,000(ディネー/ザ ストア バイシー 代官山店)リング¥6,560(チビジュエルズ/チビジュエルズ・ジャパン)

“アンサンブルカーディガン”が復活トレンドに

【アンサンブルニット×きれいめパンツ】でオフィス仕様に

アンサンブルニット×きれいめパンツ
撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)

オフィスの空調対策にちょうどいいアンサンブルコーデ。着脱しやすいカーディガンで冷暖房対策もバッチリ。コーデが華やぐキレイ色のセンタープレスパンツを合わせれば脚長効果もあるし新鮮な印象に。アンサンブルとして着ても、カーディガンをワンピの上に肩掛けしても、色んな着方ができるので一着持っていると便利。

カーディガン¥35,200 ノースリーブニット¥25,300(ともにebure/ebure GINZASIX店)センタープレスパンツ¥18,480(ELENDEEK)バッグ¥41,800(ヴァジック/ヴァジックジャパン)フラットシューズ¥31,900(ヒューン/ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店)ピアス¥49,500ブレスレット¥81,400(ともにヌゥユゥ/アイネックス)リング¥8,800(ワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

【アンサンブルニット×レギパン】でコンサバアイテムをカジュアルシフト

アンサンブルニット×レギパン
撮影/須藤敬一

クローゼットの中の定番アイテム「クルーネックのミディ丈のアンサンブルニット」はレギパン合わせで脱・昭和感。首元にボウタイをあしらえば、さらに今っぽくアレンジできます。流行カラーをチョイスすると。パッと目を引いて一目置かれそう。

カーディガン(サイズ2を着用)¥49,500ニット¥44,000〈9月中旬入荷予定〉(ともにスローン)ブラウス¥31,900(THIRD MAGAZINE)パンツ¥7,990(アンフィーロ/オンワード樫山)バッグ¥170,500(ザンケッティ/エリオポール代官山)靴¥35,200(ダブルスタンダードロージング/フィルム)ピアス¥85,800(ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)サングラス¥48,400(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)

 

オシャレ度が試される“カーディガン×デニム”

【カーディガン×ロールアップデニム】でナチュラルな着こなし

カーディガン×ロールアップデニム
撮影/須藤敬一

毛足のあるふわっとした風合いが特徴的。Tシャツ合わせにするときは、スッキリとしたネックラインのけーディガンが◎。タートルネックやボウタイ等の首元にボリュームのあるトップスとの相性も抜群です。デニムはロールアップしてブーツの履き口から1㎝ぐらいの隙間を作るのがポイント。

グリーンカーディガン¥17,000(ジャーナル スタンダード レリューム/ジャーナル スタンダード レリュームアーバンドックららぽーと豊洲店)Tシャツ¥6,500(フリーシーム/タトラス ジャパン)デニム¥52,000(GOLDSIGN /シチズンズ・オブ・ヒューマニティ・ジャパン)バッグ¥49,000(FURLA/FURLA JAPAN)時計¥28,000(induna/H.P.FRANCE)

【カーディガン×センタープレスのきちんとデニム】でコンサバカジュアル

撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)

さらっと羽織るだけで着映えする優しいピンクのカーディガン。デニムのインディゴとの相性も抜群です。リボン&センタープレスのきちんとデニムなら、コンサバさんもトライしやすいコーディネート。旬のオシャレ見えと体型カバーを両立したデニムは、オールシーズン愛用できます。

リボンベルト付きデニムパンツ¥19,800(シークレット・トロフィー)ブラウス¥18,700(yori)カーディガン¥15,400(カデュネ)バッグ¥35,200(マルシェ/エストネーション)パンプス¥52,800(ペリーコ/アマン)ピアス¥4,400(MEX/ロードス)

【カラーカーディガン×カラーデニム】でカラーコーディネートを楽しむ

撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company)

くすみピンクとグレーは最高の相性。クレーデニムで合わせてハンサムに仕上げに。カーディガンのシルバーボタンがさり気なく辛口なアクセントに。同系色のシャツをルーズに着て、カーディガンをストールのようにさっと羽織ったハンサムな着こなし。足元はファーサンダルで、ちょっぴり季節感を出します。

カーディガン¥29,700(THIRD MAGAZINE×mikomori/THIRD MAGAZINE)シャツ¥28,600(フランク&アイリーン/サザビーリーグ)デニムパンツ¥25,300(アッパーハイツ/ゲストリスト)バッグ¥145,200(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)ファーサンダル¥14,300(ダイアナ/ダイアナ銀座本店)ピアス¥30,800(ブランイリス/ブランイリス エストネーション 六本木ヒルズ店)ネックレス¥137,500(ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

【ロングカーディガン×ストレートデニム】の縦ラインでスタイルアップ

撮影/黒沼諭(aosora)

ブラックデニムにお尻がスッポリ隠れる安心丈のカーディガンをあわせた縦長スタイル。全身を濃い色のワントーンでまとめると細見え効果も!間延びしないよう、反対色の明るい柄のスカーフを首もとに巻いて、コーディネートにメリハリとぬけ感をプラス。

カーディガン¥41,800(ルル ウィルビー/アルアバイル)ニット¥23,100(スローン)パンツ¥24,200(エー・ゴールド・イー/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ)バッグ¥24,200(クリスチャン ヴィラ/カレンソロジー二 子玉川)靴¥105,600(ネブローニ/フラッパーズ)スカーフ¥17,600(マニプリ)ベルト¥23,100(メゾンボワネ/エリオポール 代官山)メガネ¥31,900(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)イヤリング¥198,000(ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

【シャギーカーディガン×デニム】でトレンド感を投入

シャギーカーディガン×デニム
撮影/清水将之(mili)

着るだけで最旬コーデになれるシャギー系カーディガンは、デニム合わせでも女っぷりが上がるコーデに。定番な合わせですがカーディガンをオーバーサイズにすることで、今年っぽいリラクシーな印象になります。首元と足元のパールをリンクさせて、カジュアルな中にもさりげなく品の良さも意識したフェミニンな着こなし。

カーディガン¥17,930(SNIDEL)カットソー¥8,800(BLACK BY MOUSSY/バロックジャパンリミテッド)デニムパンツ¥20,900(レッドカード/ゲストリスト)バッグ¥2,750(神戸レタス)フラットシューズ¥31,900(ツル バイ マリコ オイカワ)ピアス¥13,530(インツー デザイン/ZUTTOHOLIC)ネックレス¥6,300(アビステ)

レトロ感が粋に映える“ラインカーディガン”

ジャケット感覚で使える【ラインカーディガン】

ラインカーディガン
撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)

コンサバ感のあるパイピングのデザインも、ジョガーパンツ合わせで一気にアクティブな印象にアップデートします。足首のスリットで抜け感も生まれるのでパンプスをチョイス。

パンツ¥18,700(カデュネ/カデュネ プレスルーム)カーディガン¥30,800〈マルティニーク〉ブラウス〔別注〕¥55,000〈MADISONBLUE〉(ともにマルティニーク ルコント ルミネ有楽町)バッグ¥139,700(J&M DAVIDSON/J&M デヴィッドソン青山店)パンプス¥46,200(ブレンタ/エリオポール代官山)ピアス¥6,600リング¥9,900〈ともにワンエーアールバイウノアエレ〉WGバングル¥148,500PGバングル¥132,000〈ともにウノアエレ〉( すべてウノアエレ ジャパン)

スタイルアップも叶う【ラインカーディガン】を羽織って旬顔に

ラインカーディガン
撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)

シンプルなボタンのない前開きのカーディガンに赤いラインのワンポイント。ちょっとヴィンテージ感のある個性的なデザインですが、コートとしても活躍する丈感なので1着あると便利なタイプ。縦に入ったラインがスタイルアップしてくれます。Tシャツにパンツの極シンブルな着こなしも、ラインカーディガンを羽織るだけで端正な大人カジュアルになります。

ライン入りカーディガン¥16,500(シークレット・トロフィー)Tシャツ¥8,100(エイトン/ヴァリアス ショールーム)パンツ¥17,000(ベッド&ブレックファスト/グリード インターナショナル トウキョウ ストア)バッグ¥45,000(アロン/HAUNT代官山(ゲストリスト)パンプス¥26,000(ツル バイ マリコ オイカワ)バングル¥22,000(SERGE THORAVAL/ H.P.FRANCE(本社))

アウターとしても便利な“ロングカーディガン”

【ニットカーデ+ニットパンツ】学校や習い事関係で必要なネイビースタイルに

ニットカーデ+ニットパンツ
撮影/川原﨑宣喜

上下で着たら重くて堅苦しくなりがちなネイビーも、ニット素材だと随分柔らかな印象になります。インナーと色を合わせれば、セットアップ風に着れるので、学校行事にも活躍しそう。長い時間座っていてもシワにならないし、動きやすいのが嬉しいところ。

ロングカーディガン¥32,000ニットパンツ¥26,000(ともにマルモア/MICA & DEAL 恵比寿本店)タートルネックニット¥23,000(スローン)バッグ¥38,000(ANAYI)フラットシューズ¥29,000(プリティ・バレリーナ/F.E.N.)ピアス¥33,000(カラットアー/ISETAN SALONE 東京ミッドタウン)ブレスレット¥8,591(アビステ)

暖かな日は【ロングカーディガン】を利かせたワントーンコーデ

ロングカーディガン
撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) 

どんなコーデにも合わせやすいライトグレーのロングガーディガン。ロング丈でも、ハイゲージだから軽やかさも兼ね備えているのが嬉しいポイント。ややボリューム袖になっているのと、裾のちょっとしたスリットもアクセントになっています。秋のお出かけは、これ一枚で温度調整できるので重宝しそう。

グリーンフリンジパンプス¥17,500(カリーノ/モード・エ・ジャコモ)カーディガン¥16,000(FRAY I.D)ニット¥14,000(ガリャルダガランテ/ガリャルダガランテ 表参道店)パンツ¥19,000(バーニーズ ニューヨーク/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)ピアス¥35,000(ERIN CONSIDINE/GALERIE VIE 丸の内店)バングル¥75,000(シンパシー オブ ソウル スタイル/フラッパーズ)バッグ[ショルダーストラップ付き]¥12,000(マルコ ビアンキーニ/ル タロン 丸の内店)ストール¥17,000(CITRUS/ANAYI)

 

久々の友人とのランチには【ロングカーディガン×レザーパンツ】が新鮮

ロングカーディガン×レザーパンツ
撮影/川原﨑宣喜

ブラックのエコレザーパンツにはシンプルに白シャツを合わせて。ネイビーのロングカーディガンを羽織ったら、レザーのハード感を中和して、白×ネイビーの爽やかで優しい印象になります。

ロングカーディガン¥32,000(マルモア/MICA & DEAL 恵比寿本店)シャツ¥18,000(プラージュ/プラージュ 代官山店)パンツ¥4,990(MANGO/ロコンド)バッグ¥14,000(ヴィオラドーロ/ピーチ)シューズ¥29,000(プリティ・バレリーナ/F.E.N.)ピアス¥2,400(アネモネ/サンポークリエイト)バングル¥6,682(アビステ)

着回しの利く【ロングカーディガン】は白を選んで顔映りよく

ロングカーディガン
撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)

レフ板効果もあるような、白いカーディガンは一つは欲しいアイテム。ガウンのようにラフにベルトでマークすると、よりこなれ感が増します。パンツはもちろん、スカートでもキレイに着れる丈感。ベルトのアレンジで何通りにもコーディネートできそう。

ワンピースに羽織ったり、カジュアルにデニムに合わせたりコーディネート幅が広いのが魅力です。ニットロングカーディガン¥16,000(シークレット・トロフィー)ニット¥29,000(エイトン/ヴァリアス ショールーム)デニムパンツ¥35,000(ゴールドサイン/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ)ローファー¥29,000(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ 六本木店)サングラス¥40,000(オリバーピープルズ×ザ ロウ/オリバーピープルズ 東京ギャラリー)バッグ(スタイリスト私物)

カーディガンを「肌寒いときの防寒アイテムとか、日よけアイテム」にしておくのはもったいない!サイズ感やカラフルなカラーなど、今年らしいデザインを選べば、シンプルなトップスやパンツに合わせるだけで、一気にオシャレ見えするんです。ボタンを閉めたり、肩掛けしたり、アウターからチラ見させたりと、ぜひアクセサリー感覚でいろいろな大人の着こなしを楽しんで!

STORY編集部
STORY編集部
2002年創刊の女性ファッション誌。日々をアクティブに生きる40代女性を輝かせるべく、ファッションからビューティ、ライフスタイルに至るまで、読者に寄り添い、悩みや「なぜ?」に答える企画・記事を誌面とwebで提供しています。  
おすすめ記事はこちら ・大人パーカーコーデ40選!カジュアルすぎない着こなしでオシャレに幅を【2023年度】
・【大人のセットアップコーデ40選】コーデいらずで着こなしの幅が広がる!【2022年度】
・スウェットコーデ40選!大人カジュアルがグンとこなれる着こなしまとめ【2022年度】

この記事は過去の『STORY』をもとに再構成したものです。商品については掲載当時の情報となりますのでご了承ください。

構成/STORYweb編集室

 

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Feb
8
今日の40代おしゃれコーデ

【顔タイプ診断】で似合うスタイル発見!髪型も思い切ってイメチェン

【顔タイプ診断】で似合うスタイル発見!髪型も思い切ってイメチェン

会員限定PRESENT

会員プレゼント

【The Tsubaki Tower】の宿泊券(カメリアルーム・朝食付き1泊2名・約¥100,000相当)をプレゼントします!

会員プレゼント

春を先取りできる華やかアイテムを計8名様にプレゼント!

会員プレゼント

「ファッションアンケート」に答えてくれた方の中から抽選で1名様にトリートメント浸透促進器と専用トリートメントをプレゼント!

会員プレゼント

【ロレアルのヘアケアセット】シャンプー、マスク、オイルを2名様にプレゼント!

PICK UP