Lifestyle特集

桜でんぶと菜の花のおむすび【プロに聞いたお家ごはんレシピ】

華やかな宴席には鯛を使って味も見た目もワンランク上のおむすびはいかがでしょう?鯛で作った桜でんぶは色合いと甘さは優しく、味は格別。炒るだ
けだから簡単だし、鯛はほぐしてしまうので切り身でOK! オススメです。

桜でんぶと菜の花のおむすび

材料
ご飯(温かいもの)……米1.5合
真鯛(切り身)……1切れ
みりん……大さじ2
きび砂糖……大さじ1
ビーツの茹で汁……大さじ2(or食紅耳かき1/4)
菜の花……4本
塩……少々

レシピ
1 鍋に湯を沸かして塩(分量外)をひとつまみ入れ、鯛を茹でる。
2 1に火が通ったら湯をきり、中骨と皮、脂を外しながら手でほぐす。
3 2 の鯛の身を鍋に入れ、みりん・きび砂糖・ビーツの茹で汁を加えて弱火から中火で炒る。(菜箸を6本くらいまとめて混ぜながら水分が飛ぶまで)
4 水分が飛んだら塩で味を調える。
5 菜の花は塩茹でし、水を絞って花の部分は飾りに、葉と茎は刻んでおく。
6 ごはんに、4でできた桜でんぶの1/3-1/2(好みで加減)と5の刻んだ菜の花を混ぜ込む。
7 4等分して丸くむすび、菜の花の花の部分をあしらって手塩でもう一度むすぶ。

このレシピの担当:川上ミホさん 国内外のレストラン勤務を経て独立し、現在は食のスペシャリストとしてメディアを中心に活動。お洒落で美味しいレシピはSTORYでも大人気。プライベートでは一児のママ。

撮影/山田英博 取材/篠原亜由美

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

May
17
今日の40代おしゃれコーデ

【ebureワンピ】スタイリストも虜の名ブランドで普段着一丁羅を[5/17 Tue.]

【ebureワンピ】スタイリストも虜の名ブランドで普段着一丁羅を[5/17 Tue.]

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

差のつくオシャレが手に入る春夏のアプデアイテムを計6名様にプレゼント!

会員プレゼント

【ホテルインディゴ軽井沢】の朝食付き宿泊券(1泊2名・1室)を1名様にプレゼント

会員プレゼント

「OMO5 京都祇園 by 星野リゾート」の 宿泊券を1組4名様にプレゼント

PICK UP