Lifestyle特集

【40代の副業】人生は一度きりだから「外科医と漫画家」の二足のわらじを履いて

毎日は忙しく過ぎていきますが、本当にやりたいことはできていますか? やりたいことがあるなら、やってみる、それを副業として選んだ40代に話を伺いました。

★ 人生の時間は無限じゃない。 だから、「やりたいことはやってみよう」

さーたりさん(43歳・東京都在住) 外科医 兼 漫画家

さーたりさんは、外科医であり、漫画家、さらには3人のお子さんを持つママでもあります。

「親戚に医師が多く、自然ななりゆきで医学を志しました。医学生時代に、手術が好きだと気づき、外科医の道に。体力には自信があったのですが、想像以上の激務で、朝起きてから寝る瞬間まで働いていました」。

そんな状況下で、漫画も描き始めたのは、担当を任された患者さんがきっかけでした。

「若い女性で、年齢が近いこともあり、親しくなりました。彼女は、おしゃれが好きで、ファッション誌を読んでは、お母さんに洋服を買ってきてもらっていました。着られる機会はめったにないのに、『やりたいことはやっておかないともったいない』と言って、おしゃれをして外泊に出かけたことも。

ところが、久々に休みをもらった翌日に病棟に行くと、彼女は亡くなっていたんです。彼女の言葉を思い出し『私、やりたいことを 全部やってるかな?』と考えるように。残された時間は、限られている。仕事もやりたいことだけれど、昔から好きだった漫画を描いてみようとそのとき決めました」。

そうして始めたのが、漫画ブログ。

「当時、キラキラ女医ブログがブームでしたが、私の日常は真逆。その様子をコミックエッセイ風に描きました」。

結婚し、第一子を出産したあとのエピソードは、働くママたち誰もが、「あるある」と共感できることが満載で、人気上昇。単行本としても出版されました。ブレイクしたのは、第二子出産シーンを描いたとき。

「帝王切開の様子を、自分の目で見たくて、枕を高くして体を起こしてお腹を見ながら出産したんです。それで一気にフォロワーが増えました」。

現在は、総合病院で週4日、実家で週1日勤務しています。

「外科医も自分がやりたいことなんです。産休育休を挟んでいるので、やり切っていないという思いがあって、執刀できる現場を選びました」。

漫画を描くのは、お子さんを寝かしつけたあと。

「寝落ちしちゃうこともあるけど、楽しみにしてくれている読者がいると思うと、励みになります。漫画は、好きだから、 割に合わないことがあっても続けてこられました。2つ世界を持っていると、どちらかが大変なとき、気分転換になりますし、読者さんのコメントを読んで、患者さんへの説明が専門的になりすぎてないかな、などと気づくことも。今後は、医学や病気のことを知ってもらえるような漫画も描きたい。やりたいことをやらずに後悔したくはない。やってみようと思っています」。

今年、大学病院から一 般病院に移り、消化器外科を担当。手術の日は夜遅くまで残ることも。「外科医の仕事も 〝やりたいこと〟です」。
最新刊は、『感染症とワクチンについて専門家の父に聞いてみた』 (KADOKAWA)(共著・中山 哲夫 )。今後は医学的なことも描いていきたいそう。
子どもを寝かしつけてから、iPadで漫画を描きます。「副業は、好きなことを。やりたいことなら、大変でも続けられますし、収入につながれば一層いいですよね。この時代、収入の柱はいくつあってもいいと思います」。

子育ては外科医の夫と二人三脚。3人の話を聖徳太子のように聞き分けます。「一緒に図鑑を読んだり、遊びに出かけたり。そんな時間も大切です」。

撮影/吉澤健太 取材/秋元恵美 ※情報は2021年7月号掲載時のものです。

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Jul
23
今日の40代おしゃれコーデ

隠すところと出すところのメリハリが、40代的シュッと見せの秘訣[7/23 Thu.]

隠すところと出すところのメリハリが、40代的シュッと見せの秘訣[7/23 Thu.]

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

「大人の盛りワンピース」を計6名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

ボーテ ド ラ・ドンナ「PHA クレンジング」20名様「PS セラム」15名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

会員プレゼント

星野リゾート宿泊ギフト券¥50,000を1名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

PICK UP