Lifestyle特集

子どもの習い事で休日返上…トータルテンボス藤田さんが考える「親の役目はどこまで必要か」

もともとは親たちの〝粋な計らい〟だったのが
どんどんエスカレートして保護者間のヒエラルキーにもつながってしまった

トータルテンボス 藤田憲右さん 1975年生まれ。トータルテンボスのツッコミ担当。小学生から野球を始め、高校野球ではエースとしても活躍。SNSで少年野球の監督や母親たちから相談も受ける、野球のオンラインサロンも好評。「トータル藤田の野球教」https://mosh.jp/totalfujikyou

少年野球はお手伝いが少ないよ~(笑)。と言いたいところですが、今のほうが確実に親の負担は増えています。僕の時代、親は全く手伝っていなかった。昔は「練習中に水を飲むな!」の昭和時代。今はしっかりした指導者も多く給水タイムを必ず取る。そのぶん水や氷もたくさんの用意が必要で、親の役割は当然増えます。

ですが、「監督にお茶やお弁当を出す」「祝勝会で監督にお酒を飲ます」といった〝接待当番〟は全く必要ありません。なんでこんなことになったのか、調べてみたところ、元は保護者の方々が〝粋な計らい〟として監督にボランティアでやっていたんです

「飲み物を持ってきました」「ありがとうございます!」――その関係が次第にエスカレートして、保護者会で「こうやったら監督がもっと喜ぶよ」という話になり、監督も「やめてください」と言わず、天狗になり、そのうち当番を守らない親の子は試合に出られなくなってきて……親の間でも上下関係のヒエラルキーができてきた。

親の当番制は全くいらない、とは思っていません。子どもに何かあった時のための「見守り当番」は、どのスポーツにも必要。ただ、子どもを試合に出すための接待当番は親のエゴ。全く必要ありません。

  • 「妻がママ友に『息子が野球を始める』と言ったら『なんでサッカーじゃなくて野球なの?』と言われた......」。
  • 息子のチームでコーチを務める藤田さん。「最初のチームが合わなかったら、移籍すればいい。現在、息子も3チームめです」

関連記事はこちら ●元女子バレーボール選手大山加奈さんが考える「子どもスポーツの本質」
●お茶出しから監督の犬の世話まで…子どもの部活をサポートするママ達のエピソード集
●「親の当番なし」「全員出場」「女の子もOK」子どもの部活に新しいチームも増えてきた
●松本伊代さん「子どもの部活を通して、自分も青春させてもらったと思ってます」

撮影/吉澤健太 取材/東 理恵 ※情報は2021年11月号掲載時のものです。

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Dec
2
今日の40代おしゃれコーデ

スポーティなジョガーパンツは、ブラック&ヒールで大人っぽくまとめて[12/2 Thu.]

スポーティなジョガーパンツは、ブラック&ヒールで大人っぽくまとめて[12/2 Thu.]

会員限定PRESENT

会員プレゼント

眉アートメイク体験を3名にプレゼント【会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

2021STORYオブ・ザ・イヤー心に響いた神ブランドアイテムを計6名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

ラコステのショルダーバッグを計1名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

PICK UP