• TOP
  • Lifestyle
  • アネフォー企画撮影の舞台裏を公開!【ジェーン・スー×HARUKO】
LifestylefromチームSTORY

アネフォー企画撮影の舞台裏を公開!【ジェーン・スー×HARUKO】

WEBでも3回にわたって公開をしてきた『アネフォー』企画。今回はジェーン・スーさんとHARUKOさん、2人の撮影の舞台裏をライター秋元がお届けします。

この日の取材は、撮影からスタート。午前中、別企画の撮影を終えて、スタジオにかけつけたHARUKOさん。スタジオでスーさんを見つけると、「あー」と手を振りあい、駆けよって、早速おしゃべりに花を咲かせます。

WEB対談で定期的に顔を合わせていて、また、お互いに、スーさんのポッドキャストを聞いたり、HARUKOさんのインスタライブを見たりしあっているので、すっかり意気投合しているのです。

おすすめ記事はこちら ・【ジェーン・スー×HARUKOスペシャル対談】40代後半の葛藤とか、50代との溝とかについて
・STORY編集長登場!「アネフォー」という言葉はどうして生まれた?【ジェーン・スー×HARUKO】
・アネフォー読者のリアル悩みに答えます!【ジェーン・スー×HARUKO】
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
こういう撮影って、どっち向いたらいいのか、わからないんですよ。手は下にしたほうがいいのかしら。
HARUKOさん
HARUKOさん
そうですよね。笑ってとか言われると、よけいにひきつっちゃう。でも、ちょっと耳たぶをさわるとか、メガネをさわるとか?
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
あ、こうですか?なるほど~。これいいかも。これから、これでいこうかしら。HARUKOモデルスクール。
HARUKOさん
HARUKOさん
(笑)そうそう、素敵ですよ。スーさん、ヘアスタイル変えましたね。
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
ええ。というか、のびちゃったんです。でも、ずっとショートとボブを繰り返していたから、少しのばしてみようかなと。
HARUKOさん
HARUKOさん
いろいろアレンジできていいんじゃないですか?
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
な、わけないですよ。近藤勇みたいに縛ってますよ。毎日が新鮮組です。
HARUKOさん
HARUKOさん
(笑)
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
でも、出かけるときは、ちょっと巻いたり、引っ張り出したりして遊んでいますけれどね。
HARUKOさん
HARUKOさん
なんか、変化が欲しいときに、ヘアスタイル変えるのはいいアイデアですよね。
ライター・秋元
ライター・秋元
スーさんがHARUKOさんファンになったきっかけは?
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
私、大学生のときに、JJをこよなく愛していて、HARUKOさんが大好きになったんです。友達にもそういうHARUKOさんファンがいて、互いに情報を交換して、ずっと追っかけてきたのですが、そのことを勝手に本に書かせていただいたんですよね。(『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦いなり』文芸春秋社)
HARUKOさん
HARUKOさん
ご本読ませていただきました。本当に嬉しくて、光栄に思いました。
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
いつかこうしてお会いできるチャンスがあるかなと思っていたんですがが、昨年、とうとうSTORYの対談でお会いできて、今は、STORY WEBの連載でも、お顔を見る機会が増えたのでうれしいです。あ、そういえば、紹介していただいた 白々華(身躰調律矯正サロン)に行き始めましたよ。痛いけれど、すごくいいですね。
HARUKOさん
HARUKOさん
そうなんですよ。体がすっきり整って小顔になりますよね。
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
ご紹介ありがとうございます。
HARUKOさん
HARUKOさん
いえいえ。あ、そういえば、先日、インスタライブで、私がものを配送するときの梱包の仕方がなってないというコメントが来たときに、スーさんが助けてくれたんですよね。
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
大変失礼ながら、あのお弁当を作ってる人(以前、HARUKOさんが娘さんに作っていたお弁当がユニークすぎて、インスタで話題になっていました)が、ガムテープをきれいに貼ることを優先するわけないでしょ、って思っちゃって。
HARUKOさん
HARUKOさん
助け船を出してくれて、本当にうれしかったです。よくインスタライブを見てくださってるんですね。
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
HARUKOさんを見てるとこちらが癒されるんですよ。HARUKOさんは、ネガティブなことも含めて、素直に自分を見せているじゃないですか。それをすごくいいなと感じるんです。素の自分を飾らずに見せられるお手本ですね。姉フォー世代になったら、ネガティブなことはダメ、という固定観念ははずしたほうがいいと思って。ポジティブもネガティブも含めて自分なのだから、いつも「大丈夫」と言わなくていいんです。インスタライブは、素の自分をさらけ出すお手本なので、ぜひ、見てください、おすすめです。   私はJJの大ファンだったのですが、大学卒業後、就職氷河時代を乗り越えて、働く気満々だったときに、次にどの雑誌読むか、という段になって、CLASSYというノアの箱舟に乗り遅れた組なんです。セレブなお嬢様っぽい世界についていけない~って、洪水に飲み込まれた動物たちのひとりなんです。そういう人って意外と多かったんですよ。
HARUKOさん
HARUKOさん
スーさんのたとえ話、面白すぎです。でも、そういえば、私はCLASSYには出ていなかったですね。VERYで復帰させてもらったけれど。
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
そうなんですね。

RELATED TOPICS

FEATURE

Jul
6
今日の40代おしゃれコーデ

【白シャツ×チェックスカート】でつくる華やかで爽やかな大人モノトーン

【白シャツ×チェックスカート】でつくる華やかで爽やかな大人モノトーン

会員限定PRESENT

会員プレゼント

アイロンとのハイブリッド!オシャレで優秀なスチーマーを1名様にプレゼント

会員プレゼント

ドリンクメイトSeries620 ¥18,568を1名様にプレゼント

会員プレゼント

KINUJO Hair Dryer ¥26,400を1名様にプレゼント

会員プレゼント

KINUJO Lip Iron ¥10,098を1名様にプレゼント

会員プレゼント

エクサガン ハイパー REG-04 ¥11,800を1名様にプレゼント

雑誌購入限定プレゼント

夏コーデをリッチに味付けする「大人の洗練かごバッグ」を計6名様にプレゼント!

PICK UP