• TOP
  • Lifestyle
  • 若年性認知症の夫を介護。離婚届まで書いたことが自分を変えるきっかけに
Lifestyle私たちのチャレンジSTORY

若年性認知症の夫を介護。離婚届まで書いたことが自分を変えるきっかけに

高齢化に伴って介護を必要とする人の数は急速に増え、家族介護者数は、2001年の470万人から、2016年には 699万人に増加しています。そこで、介護にあたるうえでの心構えや、上手に負担を軽減する方法を体験者の方に語っていただきました。

▼あわせて読みたい
「近くに介護をしている人がいたら、一言かけたり、話を聞くだけでも救われます」


安藤朋恵さん(54歳・東京都在住) 会社員

紙切れ一枚で彼の人生を
左右していいのか。
離婚届まで書いたことが
自分を変えるきっかけでした

11年前に個人タクシー運転手のご主人と再婚をした安藤朋恵さん。「これからは二人だけで好きなスキーや旅をしよう。そんな楽しい未来を頭に描いていました」。けれども5年程前から、何度も平地で躓くなど、ご主人に気になる症状が見られたそう。

「2年前に義父が危篤になり、先に夫が駆け付けたところ、突然義母から『息子がトイレの場所がわからないし、着替えもできない、何が起きたの?』と言われました。何か大変なことが起きそうな嫌な予感がしました」。すぐに“若年性認知症”と診断。そのまま廃業を余儀なくされました。

「夫婦で病気に向き合えず、この時期の二人の関係は険悪。病気のせいだと理解しているのに、食べこぼす夫を叱り、『病気に負けちゃいけない』とケンカばかり。病気に対する戸惑い、今後の生活や経済的な不安に押し潰されそうで、夫だけに当たっていたんです。将来を描いていた理想から遠のき、周囲には『再婚だし、今なら決断しても』と言う声もありました。『このままだと自分が壊れる』と、実は離婚届も書いてもらったんです。彼は自分の将来がどうなるかわからずサインしてくれた。けれども今度は彼の人生を私がこの紙切れで左右できてしまうことに恐ろしくなってきたんです」。

同時にマイナス思考ばかりの自分からも抜け出す方法を模索していたそう。『怖いならどうすればいいのだろうか』と意識が変わってきたと言います。それからは各機関に足を運び、必死に情報を集め始めた朋恵さん。

「生きるために前向きになると知識がつき力になった。障害年金の請求は難しいのですが、“勝ち取る”くらいの気持ちになっていましたね(笑)」。

徘徊や大声を出すことは病気が起こす行動ですが、環境が整えば起きにくいそう。「介護って行き着く先はお互いの気持ちなんです。自分のためにも介護がスムーズになればいい。その環境作りにも信頼関係は大事です」。

そして“してあげるばかりでなく、できることを残していく心がけ”が認知症の介護には大切だと言います。

「できる喜びが生きる喜び。そう思っているので過剰介護はしません。私の背中は夫が洗う係になっていて、構えて準備してくれています(笑)。『気持ちよかったよ』と声をかけるとうれしそう。楽しい時は二人で大笑いしながらも、夫がそのあと涙を流すこともあるんです。もう今は気持ちを聞くことができないから。『彼ならこうしたいかな?』と考えながら、自尊心を傷つけないようサポートしています。認知症は進行性のため、常に今が一番良い状態。安心できる人として寄り添い、居心地よい空間を作っていきたいです」。

  • 「今が一番仲が良いかな」と朋恵さん。「手足、脳を動かすことは大事なので散歩を日課にしています」。
  • 二人の趣味だったスキーでよく行った蔵王で。
  • 写真が趣味の朋恵さんは散歩中もカメラを持参。「自分の時間を持つことでオンオフを切り替えています」。
  • 「離婚届を残す理由は気持ちの変化を残したいから。症状、気持ちはスマホのメモに記録」。
  • 「認知症サポーター養成講座で家族の気持ちに共感。当人達にも考えていることはあるという事実を知れてよかったです」。

洗濯物を籠から渡す係のご主人。「介護は育児と重なる部分が多いので、経験値が活きているかも。感謝する声掛けでやる気に繋がるのは子どもと一緒です」(安藤さん)

<編集後記>「介護は育児と重なる部分が多い」に納得 食べやすく食材を細かく刻むのは離乳食と近いし、できないことを先回りしてやるより、やる気を失わないために待つことも大事。〇〇ちゃんのママだけでなく名前でいられる時間は大切。イライラするのはメリットがないので、気持ちが穏やかになる時間を確保する必要があるなど育児と同じ。経験がこれから活きそうでうれしい。(ライター・孫 理奈)

撮影/BOCO  取材/孫 理奈 ※情報は2022年10月号掲載時のものです。

おすすめ記事はこちら ・夫婦最大の危機を乗り越えられたのは、いらないプライドや偏見を捨てられたから
・都心暮らしを捨て、移住生活で得たものとは
・父の急逝で突然、跡を継いだ町工場が笑顔の多い職場になるまで
-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Jan
28
今日の40代おしゃれコーデ

カジュアルなお買い物DAYはデニムにデザイントップスで華やかさをプラス

カジュアルなお買い物DAYはデニムにデザイントップスで華やかさをプラス

会員限定PRESENT

会員プレゼント

【ハイアットリージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄】ザ・ビーチハウス ワンベッドルームの宿泊券1組2名様(朝食付き1泊2名・1室、約¥100,000相当)を1名様にプレゼント!

会員プレゼント

Zuvi Halo ヘアドライヤーを1名様にプレゼント!

会員プレゼント

【The Tsubaki Tower】の宿泊券(カメリアルーム・朝食付き1泊2名・約¥100,000相当)をプレゼントします!

PICK UP