• TOP
  • Lifestyle
  • 好奇心旺盛でなんでも試してみたい!小島慶子さんのメノテック事情とは<更年期インタビュー中編>
Lifestyle大特集「更年期」01

好奇心旺盛でなんでも試してみたい!小島慶子さんのメノテック事情とは<更年期インタビュー中編>

40歳を過ぎたあたりから、何となく感じ始めた心や体の変化や揺らぎに、戸惑いを覚えてしまう人も少なくないはず。一般的にはおよそ45~55歳の10年間が更年期とされていますが、今そのちょうど真ん中・50歳の小島慶子さんにインタビュー。この時期の心や体の向き合い方、付き合い方など、多忙なスケジュールをこなす彼女の今を伺います。

【前編】更年期といえばホットフラッシュ、だけじゃないなんて!

PROFILE 小島慶子さん
エッセイスト、タレント。東京大学大学院情報学環客員研究員、昭和女子大学現代ビジネス研究所特別研究員。1972年、オーストラリア生まれ。日本、シンガポール、香港で幼少期を過ごし、学習院大学法学部政治学科卒業、TBSアナウンサーを経て、現在は各種メディア出演、執筆・講演活動と精力的に活動中。新著に『おっさん社会が生きづらい』 (PHP新書)など。
Twitter: @account_kkojima
Instagram: keiko_kojima_
小島慶子さん

月経困難治療で8年前から月経はほぼない状態に。加えて今はホルモン補充治療中

現在、ちょうど50歳を迎えた小島さん。これまでも、自分のその時々の体の課題と向き合う婦人科選択をされてきたそうですが、更年期に突入し、どんな治療を行ってきたのか、詳しく語ってくださいました。

【小島さんの心と体、更年期の年表】 42歳 辛い月経を軽減するため、ミレーナ(※)を挿入。ほぼ月経がない状態に
47歳 膣、子宮口あたりの灼熱感に悩まされる。ホルモン検査で女性ホルモン値の減少が分かり、ホルモン補充療法(塗るタイプのジェル)をスタート
49歳ごろ ホルモン補充療法は、毎日の塗るタイプのジェルのほか、月1回の筋肉注射もスタート
今に至る。

※ミレーナ…子宮内で黄体ホルモンを持続的に放出、避妊効果に加え、過多月経、月経困難症などでしんどい人には一定の効果が得られる。

好奇心旺盛でなんでも試してみたい!小島さんのメノテック事情

クリニックでのホルモン補充療法のほかに、日々を少しでも気持ちよくすごすために、どんな工夫をされているのでしょうか。

更年期(メノポーズ)の悩みを技術(テクニック)で解決する、メノテック。なんでも興味津々、試してみたいという小島さんの、普段から取り入れているもの、興味のあるものを教えていただきました。

●オーラリング
フィンランドのスタートアップ企業「オーラ社」が開発した、リング型活動量計。人差し指につけた太めのゴールドのリングは、おしゃれのためかと思いきや、まさかのヘルシーな機能付きでびっくり。「メノテックに特化したものではないですが、睡眠や運動の質など、自身の健康状態を把握することができます」。スマートフォンのアプリと連動し、体温測定・日中の心拍数測定・消費カロリー測定・睡眠測定・コンディション測定・アクティビティ測定・月経予測スマートな北欧デザインの中に機能、スペックが充実。

オーラリング

●Free Style リブレ(14日間持続自己血糖測定器)
婦人科で「隠れ糖尿病に注意」というポスターを目にしたことがきっかけで、装着。血糖値を24時間、2週間分を見える化し、血糖の波を正確に把握することで、自分の体に合った食事・運動療法が可能になるそう。「更年期で女性ホルモンが低下すると、血糖値スパイクや隠れ糖尿病のリスクも上がるというので、体の変化に早めに気づこうと、装着、測定しました。結果は問題なしで一安心。新しもの、テクノロジー好きです(笑)」。

●膣レーザーなど
膣の灼熱感の改善のため、半年に一回ほど定期的にケアをしているそう。膣粘膜や骨盤底筋に働きかけるフェムテックは日進月歩。更年期特有の膣の乾燥、かゆみ、炎症、骨盤底筋のゆるみや尿漏れなどのトラブル軽減に効果が期待できるそうです。「今注目しているのは、服を着たまま30分座るだけで、高密度焦点式電磁(HIFEMハイフェム)によって骨盤底筋を鍛えられる椅子型のマシン・エムセラ。お試しで座らせてもらったら、確かに骨盤底筋がグイッと収縮する感覚があり、仕組みに興味津々です」。

スマホアプリ

「慶子さん、上々じゃない!」と自己チェックで自分肯定!

上記のような、メノテックのグッズや施術を取り入れるほかに、メンタルを健やかに保つために、毎朝起き抜けに自問自答で声出し確認をしているんだそう。

「慶子さん、おはよう。声は出る?」「はい、出まーす」
「痛いところは?」「とりあえずないみたい」
「歩ける?肩は動く?」「はーい大丈夫」
「不安は?」「うーん、ないかな」

…で、体の各所の調子を一通り声出し確認したあとに、

「なら、上々じゃない!」「はい、上々ですね。では今日もがんばりましょう!」

と言って、一日を始める。どこかが痛くても、不安があってもいい。「まあまずまずだね」でも構わない。

これは、発達障害の一つであるADHD(注意欠如多動症)でもある小島さんが見つけた、ついつい頭の中の世界に没入してしまう自分を現実世界に引き戻すための工夫だそうですが、更年期のメンタルケアとして、一日を少しでもご機嫌に過ごすためのルーティンにもなっているそう。更年期は社会的責任や家族に対する責任が増す、悩み多きお年頃。「上々だね」と自分の声を耳から入れて受け止めることで“いまこの瞬間”に感謝し、心と体のバランスを「まあまあいい感じ」で保てるのだそうです。

小島慶子さん

ニットベスト¥31,900シャツ¥29,700<アパルトモン>スカート¥61,600<カルメイヤー>ブーツ¥185,900<マノロ ブラニク>(すべてアパルトモン 青山店)ピアス¥22,000<リプサリス>リング¥25,850<ドーラ>(ともにロードス)

【前編】更年期といえばホットフラッシュ、だけじゃないなんて!→
【後編】息子や夫にも更年期をアピール、理解を得る→

撮影/河内彩 ヘア・メーク/中台朱美 スタイリスト/小川真央 取材/羽生田由香

■ショップリスト
アパルトモン 青山店 03-5778-4919
ロードス 03-6416-1995

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Jul
15
今日の40代おしゃれコーデ

ふわり風をはらむ【コットンボイルの夏ワンピ】で長袖でも涼しげ

ふわり風をはらむ【コットンボイルの夏ワンピ】で長袖でも涼しげ

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

長い夏を乗り切るモト取れ服を計6名様にプレゼント

会員プレゼント

赤ちゃんから使える!「アネッサ パーフェクトUV マイルドミルク NA」を5名様にプレゼント

PICK UP