Lifestyle特集

WEB限定 フードスタイリストさんに教えてもらった食器選びのコツ

昨年の10月からスタートした連載“私の「いつもの料理」はまだまだ伸びしろがある!”。この企画を担当させてもらうようになってから、私のレパートリー数は確実に増え続けています。もともと料理をあれこれ工夫して作ることが好きではないというか……面倒というか……とにかく伸びしろなら十分にあるので、結婚17年目にしてやっと来ました“お料理成長期”という感じです (笑)。

3月号は料理家・フードスタイリストの竹中紘子さんが連載初登場。今回ご自宅で撮影させていただいたので、どんな食器を使っていらっしゃるのかジロジロ(笑)。スタイリストさんだから、すごくたくさんの食器をお持ちなのかなと思ったら反対で、厳選された素敵な食器がセンス良く並べられていました。そこで誌面とは別に、竹中さん私物の食器を使ったスタイリングワンポイントアドバイス聞いてきたのでご紹介します

 

こちらは誌面で紹介した1品「ロールキャベツ 鶏肉トマト」。赤いソースを引き立てるために、コントラストをつけて黒い器を選ぶことがポイントのひとつということでしたが、器に余白を作るのもオシャレに見えるポイントなんだそうです。といっても私のような素人は余白と言われてもどう作っていいのやら……。そんなとき、とっても使えると教えてくださったのがコレ!

真ん中が少し深くなっているため、そこにお料理を入れるだけでお皿に余白が作れるんです。「このお皿なら絶対失敗しないし、お料理によってこの余白はいろいろ使えるんですよ」と竹中さん。確かにこれなら私でも失敗せずにできそう。春キャベツが美味しいこれからの季節、我が家の食卓には余白のあるモノトーンのお皿に盛りつけられたロールキャベツが頻繁に出てきそうです。

篠原亜由美
FROM篠原亜由美 家事・育児のリアルな企画から法学部出身を生かした社会派企画まで幅広く担当するべく奮闘中の5年目ライター。家では、中3娘と小6息子の学校や塾の提出書類の出し忘れに怯える日々。今無くなったら困るものは“全ての手紙を張り付けている冷蔵庫の扉”。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

RELATED TOPICS

FEATURE

Nov
15
今日の40代おしゃれコーデ

裏地まで可愛い【エブール】のスカートをベーシックコーデのアクセントに [11/15 Thu.]

PICK UP

PRESENT

大人気の「2018年クリスマス限定コフレ」を計12名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。