• TOP
  • Lifestyle
  • モデル佐藤純さんの子育ては「自分で抱え込まず、他の大人たちと接する時間を大事に」
Lifestyle特集

モデル佐藤純さんの子育ては「自分で抱え込まず、他の大人たちと接する時間を大事に」

キラキラした生活を過ごしているように見えるSTORYモデルだって、仕事が終わればママの顔。「疲れた」と降参する日があって当然です。それでも自分の気持ちを保ちながら、ポジティブに子育てに取り組むにはどうしたらいいのか--彼女たちの言葉に何かヒントがあるのかも!? 今回は佐藤 純さんに伺いました。

▼あわせて読みたい
モデル小野千恵子さんの子育て「子どもの〝好き〟に気づいて後押しすることで、私も楽に」

目次 ★ 【佐藤さん】自分で抱え込まず、他の大人たちと接する時間を大事にする

【佐藤さん】自分で抱え込まず、他の大人たちと接する時間を大事にする

家・学校・仕事場以外の居場所が親子の関係を円滑に働かせてくれる

佐藤 純さん(46歳)/ 長男14歳・長女11歳

長男の年齢は、世の中的には反抗期真っただ中。でも、うちの息子はわりと何でも話してくれます。恋バナまでも(笑)。昔は口うるさく言ってしまうこともあったのですが、こちらが思っている以上に子どもは大人。干渉しすぎず、信頼して見守る姿勢を向けることで、必要な時は頼ってくれます。

反抗期についても、あらかじめ話しています。「反抗期、来る?来たら倍返しだけどね!」と私が言うと、「来ないと思うけど、あれはひとつの成長過程らしいよ」なんて返されて、ビックリしました。避けがちな内容もライトに投げかけることで、話題に壁を作らないようにしています。

一方、長女とは女同士なので意見がぶつかることもあります。しかし、それは友達のように密なコミュニケーションを心がけているがゆえ。最近は2人で原宿や展示会に行きました。

また、私がアウトドア好きということもあって、最近は複数家族でキャンプを楽しんでいます。親だけでなく、家族以外の大人と接して、諭してもらう。多くの価値観に触れる機会が、子どもの心の成長に必要です。ママも子どもも、サードプレイスが息抜きになると思います!

<1枚目>夏休み、仕事が終わってから急遽決まったお出かけ。そこで見つけたカートに親子で挑戦。
<2枚目>実家の近所で筍狩り。秋は栗拾いも楽しみました。
<3枚目>ママ友とプールへ。こうやって一緒に写真に写ってくれる今に喜びを感じながら、毎日を過ごしていきたいです

取材/竹永久美子、松葉恵里 ※情報は2022年12月号掲載時のものです。

おすすめ記事はこちら
-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Jul
19
今日の40代おしゃれコーデ

夜のオープンテラスは【肌見せ&ジュエリー】でデニムコーデを大胆に盛って

夜のオープンテラスは【肌見せ&ジュエリー】でデニムコーデを大胆に盛って

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

長い夏を乗り切るモト取れ服を計6名様にプレゼント

会員プレゼント

赤ちゃんから使える!「アネッサ パーフェクトUV マイルドミルク NA」を5名様にプレゼント

PICK UP