LifestylefromチームSTORY

自分史を刻む「モノ」、ありますか?

フクヘンの河合です。今日は「トラベルケース」について。

STORYでは「海外の旅」ページが定番。やっぱり40代女性の楽しみといえば、

まず挙がるのが「旅」ですよね。私もSTORY編集部に異動してからの6年で

かれこれ10回以上、海外取材を経験しています(そんなこというと、旅慣れていそうな

感じですが、実態はかけ離れていまして。私、海外旅行に行ったのは大学1年生のときが

初めてで、かつグアムだったという残念な感じなんです…)。

STORYでの初の海外取材はスイスのサンモリッツという街でした。

真冬だったので気温はなんとマイナス20℃! そんな中、氷上ポロのワールドカップの

取材だったもので、いろいろと持ち物(特に防寒服)が必要だったんです。

当然、そんじょそこらのトラベルケースじゃごまかしがきかない状態。そこで、購入したのが、

ダークブラウンの「グローブ・トロッター」だったんですね。(↓↓これです)

 

いざ持参したら、周りの人にもかなり好評でしたし、軽くて収納力抜群、加えて、この

クラシックな感じが旅気分を高め、リッチな雰囲気のサンモリッツの街にフィットしました。

買ってよかった、本物っていいなと、その時「一生モノのよさ」を初めて実感した気がします。

その後、どの国の空港に連れて行っても、醸し出す風格からか大切に扱ってくれるんです。

「大切に扱われる」って、なにより嬉しいこと。

以来、海外へはこのグローブ・トロッター一本槍です。レザーの汚れや傷、金具の色の

味の出た感じも、全部のディテールに旅の思い出がパッケージされているようで、

胸を張って愛用品といえる感じに“育って”きました。

(憧れのボストン、フェンウェイパークで観たレッドソックス戦の興奮も、中央に貼った

ステッカーを見るたび甦ります!)

 

そのグローブ・トロッターから先日、パーティのお誘いを受けたんです。

当然、いそいそと出かけました。

まったく気づいていなかったのですが(というか、知らなかったのですが・・・)、

今年は英国の探検家 ロバート・スコット氏が南極点到達を果たしてから100周年の

メモリアルイヤーだそうです。そして、キャプテン・スコットが南極探険の際に

携えていたのが、やはりこの英国の名品、「グローブ・トロッター」。

南極到達100年を記念して、記念モデル「エクスペディション」が発表されました

(4月末日発売予定)。

カーキグリーンのボディにブラウンレザーのハンドル、ベルトが無糖派っぽくてカッコイイ。

オフィシャルステッカーまで付いてます。にわかに、またもや物欲がふつふつと湧いてきて、

今度はこのエクスペディションの違うサイズを手に入れようか(実はもう一つ、小ぶりな

ネイビーのタイプも所有しているので、次買うと3つめになります…)と、真剣に考えて

しまいます(たぶん買うな、これは…)。トラベルケースといえば、シルバーやブロンズの

ゼロ○○○ートンやリモ○をお持ちの方も多いかもですが、味の出た、いい感じのレザーの

質感や愛着の湧く度合いは、グローブ・トロッターに勝るものはないと思うんです。

そろそろ「自分史を刻むモノ」を選びたくなる年ごろ。グローブ・トロッターを携えて

颯爽と旅に出るのも、「大人の女」って感じがして、ん~~悪くないと思います!

www.globe-trotterltd.com/japan/

(ちなみに展示会パーティ当日は、南極つながりで、なんと本物のペンギンがお出迎えして

くれました!カメラを向けるとちゃんと目線をくれたんですよ)

チームSTORY
FROMチームSTORY
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

RELATED TOPICS

Jul
26
今日の40代おしゃれコーデ

柔らかキレイな「おモードワンピ」で、中だるみ知らず!

RANKING

PICK UP

PRESENT

人気の「洗えるトップス」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。