• TOP
  • Lifestyle
  • 「雨の日はお花を買うと決めているんです」モデル高垣麗子さんが“好き”を大事にする理由
Lifestyleピープル

「雨の日はお花を買うと決めているんです」モデル高垣麗子さんが“好き”を大事にする理由

久しぶりの行事も復活してきて嬉しい反面、なんだか忙しく毎日をやっとの思いで終えるという人も多いのではないでしょうか。そんな方にぜひ手に取ってもらいたいのがモデル高垣麗子さんの著書『わたしの好きのかたち』(9月21日発売)です。「毎日をもっと丁寧に過ごしたくなる」、「自分の好きをもっと深堀りしたくなる」というコメントが寄せられ好評発売中です。先行予約をしてくださった方への特別オンラインイベントで高垣さんがこの本をどういう想いで執筆したのかをお話してくださいました!

▼あわせて読みたい
STORY表紙モデルを卒業!リスタートの高垣麗子さん「この4年間は人生の宝物♡」

【INDEX】 ★ 好きなものを見つけるのは子どものときから得意でした
★ 高垣さんにQ&A:悩んだときは落ちるところまで落ちてみるんです
★ 高垣さんの著書はこちらからお買い求めいただけます

好きなものを見つけるのは子どものときから得意でした

もともと話して伝えるより、書いて想いを伝えることが好きで、日ごろから感じていたことをメモしていたという高垣さん。そうしていると、人に言うほどではないけれど自分が好きなことや、幸せだなと思う瞬間が結構多いことに気づいて、好きなものやことが多ければ多いほど人生って楽しんじゃないかな。自分の“好き”に目を向けることって結構大事なことかもと思ったそう。

ご自身で「幸せのハードルが低めなんですよね」と話す高垣さん。好きなものを見つけるのは子どものときから得意で、なぜそれが好きなんだろうって考えることが習慣になっているそう。「好きなことを深堀りすると自分のことをもっと知れるし、毎日がちょっと楽しくなりますよね。何か落ち込むことがあったとしても好きなものがあると乗り越えられます」。もともと雨の日が苦手だった高垣さん、雨の日に好きなお花を買うことにすると雨の日でもご機嫌に過ごせるようになったようです。他にも、大好きなコーヒーを飲んでほっと一息つく時間も大切にしていて、娘さんをお迎えにいくときに15分程度でも隙間時間ができるとコーヒータイムを取るようにしているんだとか。高垣さんの「好きなもの」のお話を聞いていると聞いているこっちまでなんだかワクワクしてきました。

高垣さんは日常で「好き!」という瞬間に遭遇するといつも持ち歩いているカメラで写真を撮るのが趣味で、カメラを持っていない日はソワソワしてしまうと話していました。今回の本はそんな高垣さんご自身が撮られたお写真も沢山載っているので必見です!

高垣さんにQ&A:悩んだときは落ちるところまで落ちてみるんです

オンラインイベントでは、参加者の皆さんからの質問にもお答えしていました。一部質問とアンサーをご紹介!

Q.自信のある手料理は?
A.うーん、自信というか娘が喜んでくれるのは、本にレシピを載せたんですけど、ゆで卵入りのコロッケです。私は餃子が好きで家でも作りますね。時間がないときはシュウマイにするかな。蒸器があるとすごい幅が広がるし便利ですよね。

Q.いつも素敵な高垣さん、悩んだときどうしていますか?
A.私はとことん向き合って、落ちるところまで落ちてみます。どうしよう。ダメかも。最悪だ~と思うこともあるのですが、しっかり向き合ったら後は徐々に回復していくのでそれを待っています。そしてやっぱりそういうときは“好き”の力に頼って、美味しいものを食べたり香りのいいものに癒されたりしていますよ。

高垣さんの著書はこちらからお買い求めいただけます

『私の好きのかたち』1,980円

自分を幸せにできるのは、結局のところ“自分”なんだ

シングルマザー、モデル歴29年。ファッション誌をはじめ様々な媒体で長年多くの人に愛され、第一線で活躍するモデル・高垣麗子が自ら記した日々の記録。娘と過ごす時間、仕事への想い、家族との思い出、離婚のこと……いくつもの転機を悩み迷いながら乗り越え、選択していくなかで残った大切なものが綴られたフォトエッセイ。

▼こちらのAmazonからお買い求めいただけます
『わたしの好きのかたち』

おすすめ記事はこちら

RELATED TOPICS

FEATURE

Mar
3
今日の40代おしゃれコーデ

【ピンク×ピンク】が新鮮!脱・白合わせで大人の甘コーデをブラッシュアップ

【ピンク×ピンク】が新鮮!脱・白合わせで大人の甘コーデをブラッシュアップ

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

「胸熱オシャレ」な服を計6名様にプレゼント

PICK UP