• TOP
  • Lifestyle
  • 【缶詰グルメレシピ】ワインによく合う華やか料理で夫婦の会話を弾ませて!
LifestyleSTORYグルメ

【缶詰グルメレシピ】ワインによく合う華やか料理で夫婦の会話を弾ませて!

年末の忙しさにかまけて最近、夫婦でのコミュニケーション全然取れていないかも…。“忙しくて外食に行けなくても手軽に自宅でレストランのようなメニューを楽しみたい”そんな願いを叶えてくれる高級グルメ缶詰がありました!

▼あわせて読みたい
【缶詰グルメレシピ】~1年お疲れ!の夫婦晩酌~牡蠣の旨味がじゅわっと染みるおつまみで

【INDEX】 ★ STORY世代にとって夫婦デートの時間って?
★ 今回使う缶詰は……リストランテ アクアパッツァ監修「鯖のアクアパッツァ」
★ 1品目「鯖とトマトの炊き込みリゾット」
★ 2品目「鯖のブルスケッタ」

STORY世代にとって夫婦デートの時間って?

W.Yさん(39歳)
W.Yさん(39歳)
子供がまだ小さいので、2ヶ月に1回ほど、夫の有給休暇の時に夫婦時間を作って2人でランチしたりします。無理のない範囲で、あえて時間を作る、というのが大事かなと思います。
K.Mさん(38歳)
K.Mさん(38歳)
外食にしろ、自宅にしろお酒を用意して、夫にいい気分になってもらったうえで「次のクリスマスはこれを狙っていまーす♡」というおねだりをしたりします(笑)。

今回教えてくれたのは…料理家 川上ミホさん

国内外のレストラン勤務を経て独立し、現在は食のスペシャリストとしてメディアを中心に活動。お洒落で美味しいレシピはSTORYでも大人気。プライベートでは1児のママ。

今回使う缶詰は……リストランテ アクアパッツァ監修「鯖のアクアパッツァ」

日ごろからおつまみ用に缶詰をストックするという人も多い、STORY世代。今回使った缶詰は、イタリアンの巨匠・日高良美シェフが率いる「リストランテ アクアパッツァ」の代表メニューを缶詰にした『鯖のアクアパッツァ』。トマトとアサリのスープの旨みをたっぷり吸った、長崎県松浦産の鯖は絶品です。

こちらの缶詰を詳しく見る

1品目「鯖とトマトの炊き込みリゾット」

脂ののった鯖とトマト、あさりのスープの旨みを、まるごと全部いただける極上リゾット。缶詰を活かしたシンプルな味付けなので、どんなお料理とも好相性です。

材料
・米……1.5合
・「鯖のアクアパッツァ」缶詰……1缶
・ニンニク……1片
・トマトペースト……1袋(18g)
・鶏ガラスープ……270㎖
・お湯……100~150㎖
・パルミジャーノ・レッジャーノ……30g ※なければ粉チーズ20gでもOK
・パセリ……適量

作り方
1.米は無洗米を使うか、洗ってからザルにあげて水けを切っておく。
2.炊飯器か鍋に1の米を入れ、缶詰のオイルを注ぐ。米にまぶすようにスプーンで混ぜてから、トマトペーストを溶いた鶏ガラスープを注いで平らにならし、缶詰の具と潰したニンニクを乗せる。
3.通常通りに炊飯し、炊き上がったら鯖の骨を取りのぞきながらほぐし、全体をさっくりと混ぜる。
4.パルミジャーノ・レッジャーノを削りかけたら、お湯を少しずつ加えてさらに混ぜ、好みの加減に仕上げる。
5.皿に盛って、仕上げのパルミジャーノ・レッジャーノ(分量外)を削りかけ、刻んだパセリを散らす。

MIHO’s comment
MIHO’s comment
そのまま食べると美味しくてあっという間になくなってしまう缶詰なので、贅沢な調味料のように使い、家族みんなが楽しめるボリュームたっぷりな料理にしてみてはいかがでしょう。ご飯と一緒に炊き込むだけなので、手軽さも抜群。これからのパーティーシーズンにもぴったりなメニューです。

2品目「鯖のブルスケッタ」

フレッシュなトマトでは味わえない、コクたっぷりのドライトマトと鯖のマリアージュが、しっかり堪能できる“ごちそうブルスケッタ”。ワインが進みますよ!

<材料>
・「鯖のアクアパッツァ」缶詰……1/2缶
・バゲット……1/3本
・ニンニク……1片
・オリーブオイル……大さじ2
・塩……少々
・レモンスライス……少々
・ハーブ(チャービルやイタリアンパセリ、ディルなど)…… 適宜

<作り方>
1.バゲットは1~1.5cmの厚さに切り、表面をカリッと焼く。ニンニクの切り口をこすりつけて香りを移し、オリーブオイル(分量外)を少々まわしかける。
2.缶詰の具を取り出し、骨を取りのぞいてからフォークで軽くほぐす。塩とオリーブオイルで調味したら、1のバゲットの上に乗せる。
3.2の上に再びオリーブオイル(分量外、大さじ1目安)をまわしかけ、薄いいちょう切りにしたレモンとハーブを飾る。

MIHO’s comment
MIHO’s comment
家にあるもので、急にお魚ブルスケッタを作ろうと思うと、ツナを使った子ども寄りの味になりがちですが、この「鯖のアクアパッツァ」ならワインによく合う大人味が、簡単に完成します。見た目もとても華やかなので、お家デートのような雰囲気で、いつもより夫婦の会話も弾むこと間違いなしです。
今回使った缶詰のご購入先はこちらから

日本各地に50カ所以上存在する半島地域が独自に培ってきた「食文化」を日本全国に広げ、美味しい喜びをお届けすることをテーマとして掲げているwebメディア『半島は日本の台所』がプロデュース。⽸詰2つが⼊った箱の中には、半島の紹介、監修シェフのインタビュー、そしてアレンジレシピ2例が掲載された⼩冊⼦が⼊っています。

銀座 蔦屋書店、六本木 蔦屋書店、三省堂書店 有楽町店、草叢BOOKS 各務原店、草叢BOOKS 新守山店など。全国一部書店やkokode.jp、HMV&BOOKS onlineなどネット書店にて数量限定で発売中。

【kokode.jpより販売開始】

ご購入先はこちら

【HMV&BOOKS onlineにて販売開始】

懐石 小室監修 黒豚と牛蒡の山椒煮

リストランテ アクアパッツァ監修 鯖のアクアパッツァ

赤坂 四川飯店監修 麻婆牡蠣
おすすめ記事はこちら

撮影/山田英博  取材/篠原亜由美

RELATED TOPICS

FEATURE

Jul
24
今日の40代おしゃれコーデ

【ユニクロのメッシュニット】を軸にしたALLホワイトコーデで朝女子会へ

【ユニクロのメッシュニット】を軸にしたALLホワイトコーデで朝女子会へ

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

長い夏を乗り切るモト取れ服を計6名様にプレゼント

会員プレゼント

赤ちゃんから使える!「アネッサ パーフェクトUV マイルドミルク NA」を5名様にプレゼント

PICK UP