• TOP
  • Lifestyle
  • がんリスク確認が1回5分の採血だけで。”タイパ時代”の先端検査をリアル体験してみた
Lifestyle特集

がんリスク確認が1回5分の採血だけで。”タイパ時代”の先端検査をリアル体験してみた

みなさんは、がん検査を受けたことがありますか? 胃、大腸、子宮……など部位ごとにそれぞれの検査法で受けたことがある方がほとんどだと思いますが、その検査によっては不快感や苦痛を伴う場合もあります。ところが最近では、採血だけで悪性度の高いがん細胞の有無を調べられる検査“マイクロCTC検査”というものがあるのです。この技術はどのようなものなのでしょうか。そんな先端の「がん検査」をSTORYライター笹が体験してきたのでレポートします!

【INDEX】 ★ 40代にもなると、がん検査の必要性もアップ
★ マイクロCTC検査とは
★ 実際にマイクロCTC検査を受けてみた!
★ 検査結果はいかに……⁉︎
★ 初めての「がん検診」を受けてみて

40代にもなると、がん検査の必要性もアップ

今や、がんは2人に1人がなる病気ですが、「自分は大丈夫」と何の根拠もなく思っている人がほとんどなのではないでしょうか。医学の進歩で、がんは初期に見つかれば治る可能性が十分高いにもかかわらず、40歳以上では43%以上ががんで亡くなっているのが現実。

早期発見ができれば、治る可能性の高い病気であるにもかかわらず、まだまだ多くの人が亡くなるのは検査をしていないからだそう。STORY世代においては「健康診断などはしていても、忙しくてがん検査まではしていない」「がん検査は費用が高い」「検査に苦痛を伴うものもあるから嫌」など理由はさまざま。でも、採血だけで済むマイクロCTC検査なら負担なくできるというメリットがあるので受けやすくなると思います。尿検査や遺伝子検査での簡易検査と比較してどうなの? という質問もありますが、簡易検査では、がん細胞の有無ではなくリスクがおおまかにしか分からないそうなので、やはり精度の高い「マイクロCTC検査」が有力と言えます。

マイクロCTC検査とは

健康な人であっても、人には1日で50006000個のがん細胞が生まれるのですが、その都度、「免疫」で退治しているのだそう。しかし免疫力の低下するタイミングで抵抗力が落ちると、がんが育ち始める。がん細胞の大きさが1㎜ほどになると、がんは血液中のブドウ糖を得るため新生血管で近くの血管とつながり、酸素と栄養を吸い取り増殖していく……というなんとも不気味な構造。

増殖の過程で、新生血管を通じて血管内に漏れ出し、血中を循環しているがん細胞を「CTC(血中循環がん細胞=Circulating Tumor Cell)」と言います。その血中のがん細胞を検出することで、 全身のがんのリスクを細胞レベルで発見することができる先端のがん検査がCTC検査なのです。

日本国内での認知度はまだ低い状況ですが、CTC検査は世界では既に2万9000もの関連論文が発表されています。がん検査には皆さんご存知のPET、CT、MRI検査などがありますが、1回ですべてを網羅することができず、部位別に検査すると時間も費用もかかるため、忙しい、時間がないという理由で検査を受けない人も多いのですが、マイクロCTC検査は1回の採血だけなので手軽なのです。
また、マイクロCTC検査は血液中に漏れ出したがん細胞の個数まで提示するので、簡易的な早期リスク検査とは違い、自分の状態を詳細に知ることができるのです。

実際にマイクロCTC検査を受けてみた!

実は、今までがん検診を一度も受けたことがない私。「基本、いつも元気だから大丈夫だろう」と油断していたり「先々予約するのが面倒」という気持ちがあったから。でも、この年齢になって周囲でもがんの話題が多くなってきたので、これを機にきちんと考えようと思ったのです。
「マイクロCTC検査」は全国の提携クリニックで受けられるそうなのですが、今回、検査を受けたのは、代々木駅から徒歩30秒ほどにある「代々木ウィルクリニック」。駅前なのでサッと立ちよる程度の感覚で行けるのもありがたい。
待合室も広々としていて病院のような緊張感もなくリラックスできる雰囲気でした。

問診票を記入し、採血室へ移動。採血は15分ほどで終わるので、所要時間はトータル15分程度。「あ、もう終わりですか?」と聞いてしまったほど、あっという間に終了しました。

「検査」と聞くと、予定調整から心の準備まで「よっこいしょ」という感じですが、この流れならすごくシンプルなので、お出かけのついでに検査することもできちゃいます。

検査結果はいかに……⁉︎

結果は一週間前後でメールで送られてきました。検査報告書をドキドキしながら開きましたが、「がん細胞は検出されませんでした」という文字を見てホッとしました!

検査報告書は、簡易検査にありがちな可能性やリスクの話に留まらず、1次と2次のスクリーニングの解析プロセスが詳細に報告されていて、概要の解説までわかりやすく記載されているので、知識がなくても非常に納得感のある内容でした。

初めての「がん検診」を受けてみて

忙しかったり、どこかで「まさかないでしょう」と油断する気持ちもあり、目を背けがちだったがん検査。先生とお話をしていたら、「50代になってから検査をするのでは遅い。婦人科系のがんは2030代で増え始めるので、早めから検査をしっかり受けて早期発見に備えるべき」と伺い、ハッとしました。もうとっくに油断している場合ではない年齢に突入しているSTORY世代。まずは地域や定期検診で受けられる検査をしっかりと受けることは大前提ですが、さらにセルフチェックで「マイクロCTC検査」のような先端技術を取り入れるのもオススメです!
忙しくて自分のことは後回しにしがちなSTORY世代。大切な家族のためにも、他人事とは思わずきちんと検診を受けて、安心して過ごしたいものですね。

代々木ウィルクリニック 住所:東京都渋谷区代々木1-35-1 プレンジ代々木2F
電話:03-5990-6148
予約受付時間:9:00〜12:00、13:00〜19:00(最終受付18:00)
公式HPはこちら

取材/笹 利恵子

おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

May
29
今日の40代おしゃれコーデ

【ディオール】ワントーンコーデに華を添える「スリングバックシューズ」

【ディオール】ワントーンコーデに華を添える「スリングバックシューズ」

会員限定PRESENT

会員プレゼント

花王ブローネ「STORY共同開発カラートリートメント」を50名様にプレゼント!

PICK UP