Lifestyle特集

子供の手が離れたら、女友達と行きたい旅トルコ6

前回はこちら

シックスセンシズ カプランカヤで楽しかったこととして、もう一つ外せない体験があったので最後に書いておきます。

それはSPA!

シックスセンシズ カプランカヤには2階層のフロアにまたがる広大なスパスペースがあり、そのメニューも多岐にわたっています。人の手で優しくゆっくりほぐしてもらえるって本当に幸せ。

フロアの一角にはこんな小さな部屋がたくさんあり、体の隅々までチェックできるとか。ウェルネスの専門家や医師とコラボレーションし開発された機材で、すべてのトリートメントを受ける前に希望があれば、食事を含めるアドバイスや個人向けプログラムを作ってもらえます。

今回私がチョイスしたのはハマム。ハマムについてほとんど知識がなく、イスタンブールにも公営のハマムはたくさんあるのですが、女子ばかりでトルコ語もままならない中、癒されに行くのに失敗はしたくない…。ということで間違いなく素晴らしい体験ができるであろうシックスセンシズ カプランカヤで施術してもらおうと心に決めていました。

実際のハマムのお部屋。トルコ式お風呂といっても湯舟はなく、セラビストとマンツーマンで入場。総大理石のお部屋は清潔で程よい温度。
大判のガーゼがひかれた巨大な台座の上にうつぶせに。はじめてぽかぽかの温められた大理石に寝たけど、こんなに気持ちいいの?と思うくらいじんわり来る。巨大ガーゼ袋を石鹸水にひたしたお姉さんが勢い良く絞ると大量の泡が作られて、それを身体にどんどんのせていく。何度も繰り返し、あっという間に全身泡だらけ。その後垢すり手袋のようなもので優しくマッサージしながらくまなく洗ってもらうというものでした。泡は思った以上にきめ細かく、圧が全くなく、寝てしまいそうな優しい施術。

終了後またサウナにいくのも、リラックスルームに行くのも自由で何時間でも好きに過ごせます。

トリートメントルームではナッツや果物などのスナックやジンジャーティーがいただけます。癒された身体に染み渡る滋味深さ。

スパの後はドレスアップして、海風が気持ち良い外に。


スパで癒されて、けだるい身体に不思議なくらい湿気のない風が気持ち良い。

夜ご飯の前に、ハーブで素敵にディスプレイされたお酒を見て、ついジン&トニックなんて飲んだりして。笑。

夜はリゾート内にある3つのレストランの1つ「メッゼバイザシーレストラン」で。

エーゲ海に落ちる夕日を眺めながら、たくさんのメゼから始まるトルコ料理がいただけます。だんだんと陽が落ちるテーブルにキャンドルが灯り、そのテーブルには最高に美味しいごはんと、永遠にしゃべり続けられる仲良しの友達がいてもう最高!

ここ数日忘れていた日本の現実でさえ感謝できる気持ちになれました。だから私帰国後も頑張れるなって。笑

久しぶりの大人女子旅、恒例にする!そのためにも頑張るまた頑張る!とエーゲ海の夕日にちかった私たち。行ったことのない国への大人女子旅かなりおすすめです!!

Six Senses Kaplankaya
http://www.sixsenses.com/resorts/kaplankaya/destination
日本語でのお問い合わせ
japan@sixsenses.com
予約 シックスセンシズ リザベーションセンター
☏0120-92-1324

 

近藤由佳子
FROM近藤由佳子 ロンドン・NYの海外生活から帰国後、STORY編集部でスタイリングもこなすインテリアライターとして社会復帰し4年目。目下の愉しみは観劇とインテリアショップ巡り。実は帰宅と同時に毎日ビールを開けてしまう“マイホーム酒豪”。家族構成は夫・高校生の娘・ブラウントイプードル。
記事一覧を見る >

RELATED TOPICS

FEATURE

Sep
22
今日の40代おしゃれコーデ

【ノーカラー、ボリュームスリーブ、ストライプ柄】クラシックだけど今っぽいブラウスの力[9/23 Wed.]

【ノーカラー、ボリュームスリーブ、ストライプ柄】クラシックだけど今っぽいブラウスの力[9/23 Wed.]

PICK UP

PRESENT

L.L.Bean「トートバッグ」を計8名様にプレゼント!

L.L.Bean「トートバッグ」を計8名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。