Lifestyle特集

忙しくても効率よく“ながらリラックス”を叶えるのはバスソルトの棚 連載・Wakoさんの暮らしを楽しむTips vol.11

スーパーで売っているものでも、最高のバスタイムは作れます!

バスルームの入り口にバスソルトの棚を設けたのは、服を脱いでバスルームに入ってしまってから、「バスソルト、忘れてた!」と気づくことが多いから(笑)。手を伸ばせば取れる位置にあるので、毎日欠かさずバスソルト、バスオイル、シャワーオイル、ボディオイルetc.を楽しめています。

そもそも毎日バスソルトやオイルを入れていたわけではないのですが、使ううちにその日の気分で選んだ方が楽しいという感覚が芽生え、アイテムを増やすに従い入れることが習慣化していきました。さらに当初は「入れればいい」くらいの感覚だったのが、次第に「体の声に合わせて選ぼう。それが今の私にとって必要なもので正解なんだ」と意識するようになり、意外と相当考えながら選んでいるな……と自覚した今日この頃です(笑)。

使い分ける基準は本当に“気分”“直感”に尽きるのですが、むくんでいたり汗をかきたいときはソルトを使います。粒が大きいカマルグの塩がベースのものや、ホワイトティー、リリー、ジャスミンなど、白を連想させるさっぱりとしたフローラル系の香りが好き。リフレッシュしたいときや仕事の予定が控えていてスッキリしたい朝はペパーミントのオイル。のんびりできる日はリラックス効果のあるラベンダーのオイルを使い、筋肉の緊張をほぐし、リッチな残り香に包まれて眠ったり……。SHIGETAやAROMATHERAPY ASSOCIATESの製品もお気に入りです。

とはいえ、バスオイルもバスソルトもまあまあいいお値段。私にとっては贅沢品です。そこで最近、スーパーで売っている手ごろな塩に使いかけのアロマオイルを混ぜれば手作りバスソルトができることを発見! コスパに贅沢なバスタイムを楽しむこともあります。また、これまたスーパーで買えるオリーブやアボカド、ピーナッツといった種類のオイルに塩もしくは砂糖、アロマオイルを混ぜ、ボディスクラブにします。これぞまさに“スーパー”ながら美容(笑)。バスルームはお湯や水で流せる空間なので、心置きなく、遊び感覚で調合を実験できるのがいいところ。料理と同じで、回を重ねるごとに手作りバスソルト&スクラブが上達するのが自分でも楽しみです。

WAKO
FROMWAKO ライフスタイルプロデューサー。伝説のセレクトショップKOKOROの元オーナー。 主婦、母、妻、“家好き”の目線に豊富な海外経験を融合させ、 生活を「ちょっと楽しく」するアイデアを提唱。 「VERY」で公開した自宅インテリアも大人気。 WAKOさんセレクトによるライフスタイルグッズを、kokode.jp限定で販売中です。
記事一覧を見る >
-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Dec
3
今日の40代おしゃれコーデ

お堅くならずに感じがいい人、【大人サロペ】という選択[12/3 Thu.]

お堅くならずに感じがいい人、【大人サロペ】という選択[12/3 Thu.]

会員限定PRESENT

会員プレゼント

人気インフルエンサー発の韓国コスメ「ユイラ」を3名様にプレゼント!【会員限定プレゼント】

会員プレゼント

動画配信サービスを気軽に!「Netflixプリペイドカード」¥3,500を10名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

会員プレゼント

エドウイン新「ジャージーズ」を10名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

UNCRAVE( アンクレイヴ)「モヘヤニット」を計8名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

オルビス ユー ドットシリーズ(洗顔料·化粧水·保湿液セット)を計20名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

会員プレゼント

星野リゾート宿泊ギフト券¥50,000を1名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

PICK UP