• TOP
  • Lifestyle
  • 元宝塚トップスター・真琴つばささんの”元気の素”とは
Lifestyleピープル

元宝塚トップスター・真琴つばささんの”元気の素”とは

宝塚時代から冷え性、やる気レス、物忘れの症状が。ずっとプチ不調と付き合っているという真琴つばささん。『自分が元気が出る食べ物と、目と心の栄養になるものを知れば自然と健やかな生活になっていく』という真琴さんの「元気の素」をお聞きしました。

▼あわせて読みたい
元宝塚・真琴つばささん「若年性更年期がずっと続いているのかもしれない」

◯ 真琴つばささん(57歳・歌手、女優)

1964年、11月25日、東京都生まれ。2001年に宝塚歌劇団を退団後も俳優・歌手として舞台などで活躍。7月9日、10日には全編英語歌詞のジャズライブ『MAKOTO SINGS GREATEST HITS WITH BIG BAND ~真琴つばさ スタンダ ードを歌う~』(東京・イイノホー ル)を開催。また8・9月には舞台『8人の女たち』(東京:サンシャイン 劇場、大阪:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)も控える。


★ 真琴さんの「元気の素」

<くすぐりエルモ>

十数年前にドン・キホーテで購入した「くすぐりエルモ」は1カ月公演などの舞台中、楽屋の人気者。元気な動きや笑い声で笑顔になります。

<アビシニアンのアビィ>

10歳のアビシニアンのアビィ(男の子)は食欲旺盛で7キロもあって重いのですが、抱き心地が良くて頼られている感じ。癒されます。

<マッサージガン>

マッサージガンは共演した女優さんが持っていたのを見て購入しました。よく見かける一般的なものより小型ですが性能は抜群。

<元気食材>

ニンニク・玉ねぎ、らっきょう、生野菜サラダ(ケールも)。

玉ねぎとニンニクをみじん切りにして炒めたものを冷凍庫にストック。いろんな料理の土台として使っています。もうすぐ80代の親戚が作ってくれるらっきょうも好物。朝食は基本食パンにサラダというメニュー。いま凝ってるのがケールのサラダ。ケールをオーブントースターで焼いてカリカリのチップ状にして食べることも。

撮影/田頭拓人 ヘア・メーク/田中エミ スタイリスト/(有)花子 取材/柏崎恵理 取材/柏崎恵理 ※情報は2022年8月号掲載時のものです。

おすすめ記事はこちら ・50代以降の人生が豊かに!キャスター長野智子さんの”元気の素”とは
・【睡眠の悩みをプロが解決】いつもの生活に、ちょっとプラスするだけで「すやすやタイム」が充実!
・ストレスをためないよう心がけている草刈民代さんの”元気の素”4つ
-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Sep
24
今日の40代おしゃれコーデ

旬のキルティング素材ならピンクの甘さを程よくオフ|今日のおしゃれコーデ

旬のキルティング素材ならピンクの甘さを程よくオフ|今日のおしゃれコーデ

会員限定PRESENT

会員プレゼント

小池徹平さん直筆サイン入りチェキを1名様にプレゼント!

会員プレゼント

【琉球ホテル&リゾート 名城ビーチ】プレミアクラブツイン の朝食付き宿泊券(1泊2名・1室)を1名様にプレゼント

PICK UP