• TOP
  • Lifestyle
  • 人生100年時代の後半は‟恩返し”を意識したい――4月号「6 SENSES」を担当して思ったこと① by ライター小仲志帆
LifestylefromチームSTORY

人生100年時代の後半は‟恩返し”を意識したい――4月号「6 SENSES」を担当して思ったこと① by ライター小仲志帆

STORY4月号掲載の「STORY世代のミライをかたどる、“6 SENSES”」(P.54~)では、6名の40代女性にライフスタイルの6つの柱について語っていただきました。

・篠原涼子さんと「オシャレ」
・吉瀬美智子さんと「ラグジュアリー」
・クリス-ウェブ佳子さんと「子育て」
・中村仁美さんと「仕事」
・内山理名さんと「美容」
・知花くららさんと「将来」

このページを取材した私も、子育てに夢中だった30代を経て、自分自身の人生を考えたのがちょうど40歳になる年でした。何かを始めたいと思った時に元CAという経験を生かす仕事も考えましたが、全く知らない世界に飛び込んでみたいという好奇心でSTORYライターに応募しました。経験のない職業なので、不安しかありませんでしたが、中村仁美さんの言うように、「一歩踏み出してみる」。スタートしたいと思った時に年齢で躊躇するのはもったいないと経験上、実感しています。

でも40代って正直、顔も体も体力も30代までとは全然違う。似合っていた服が突然似合わなくなったり、シミやたるみが顕著で、体もどんどんシルエットが変わる。女性としてはマイナスに捉えがちなことが目立ってくる年齢。そんな自分を受け入れ、俯瞰し、向き合うことができたらずっと自分を好きでいられる気がします。篠原涼子さんや内山理名さんの言葉にもありますが、年齢に縛られず、加齢をポジティブに捉えられる人でありたいなと思いました。

アネフォーになった今でも子育て真っ只中の私は、子どもは成長しているのに、親としての自分は成長できているのだろうかと、母親としての自分の未熟さに落ち込むことがあります。そんな時、子どもたちから教わることが多いというクリス-ウェブ佳子さんの言葉にはっとさせられました。「子育て」は「親育て」でもあり、親になった日から実は子どもに親として育てられていたんだとあらためて気づかされました。一緒に成長しながらも親として子どもたちに何か伝えられるものがあればいいなと思います。

吉瀬美智子さんのように、自分が大切にしていた一生ものをいつか子どもたちに引き継ぐというのも素敵ですよね。特別なものを買う時は、いつか「母親にしてくれてありがとう」という気持ちを込めて子どもに引き継げる一生ものを買いたいなと思いました。

あと数年で私は50代になります。これまでそれなりに幸せに過ごしてきました。やはりそれは自分だけではなく、家族、友人、平和な社会や環境があってこそ。好きなように生きてきたので、これからは少しでも周りの人に恩返しをしながら、社会に貢献できるような生き方をしていきたい。知花くららさんのように、ミライに向けて、人と地球のために自分が何ができるかを考えて生きていく。人生100年時代の後半はそんな風に過ごしたいと思っています。

文/小仲志帆

吉瀬美智子さん告白「凝り固まった私の考えを自由にした、離婚という決断」
Fashion特集 吉瀬美智子さん告白「凝り固まった私の考えを自由にした、離婚という決断」 2021.08.06
【反抗期と感じたらどうする?】3児ママ・アナウンサー 中村仁美さん×2児ママ・モデル 明希知美さん対談
Lifestyle特集 【反抗期と感じたらどうする?】3児ママ・アナウンサー 中村仁美さん×2児ママ・モデル 明希知美さん対談 2022.01.22
若い子とは違う!40代が輝く【休日のデニム】コーデ3選
Fashion特集 若い子とは違う!40代が輝く【休日のデニム】コーデ3選 2022.03.16
-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Feb
7
今日の40代おしゃれコーデ

大人の【MA-1】コーデはまろやかホワイト×スカート合わせで上品さをキープ

大人の【MA-1】コーデはまろやかホワイト×スカート合わせで上品さをキープ

会員限定PRESENT

会員プレゼント

【The Tsubaki Tower】の宿泊券(カメリアルーム・朝食付き1泊2名・約¥100,000相当)をプレゼントします!

会員プレゼント

春を先取りできる華やかアイテムを計8名様にプレゼント!

会員プレゼント

「ファッションアンケート」に答えてくれた方の中から抽選で1名様にトリートメント浸透促進器と専用トリートメントをプレゼント!

会員プレゼント

【ロレアルのヘアケアセット】シャンプー、マスク、オイルを2名様にプレゼント!

PICK UP