LifestylefromチームSTORY

大人の高尾山ハイキングのすすめ

11月末の3連休に高尾山に行ってきました。
小6の娘が年長さんの時から、ほぼ毎年登っている秋の恒例行事。

高尾山は、都内の小学生にはおなじみの遠足コース。
登山ルートがいくつかあって、登山初心者でもトライしやすい山です。

途中までロープウエイが利用でき、山頂まで舗装されたコースもあるのでベビーカーや高齢者の方でも登れるため、紅葉の今のシーズンはたくさんの家族連れが来山していました。

紅葉が美しい!

我が家の定番ルートは、行きは稲荷山コースで帰りは表参道1号路を辿ってロープウェイ利用か、そのまま表参道1号路を下山するコースなのですが、今年は吊り橋のある4号路を通って登頂するコースに初挑戦。

初の吊り橋コースでしたが、また新鮮でいつもとは違った紅葉を満喫しながら頂上までたどり着きました。

二人が並んで歩ける幅の吊り橋です。



高尾山といえば、山頂でいただくお蕎麦やおでん、ケーブルカー近くの天狗焼や三福だんごが毎年のお楽しみ。
なのですが、この日は紅葉シーズン後半の3連休、しかも「もみじまつり」が開催されていたため、山頂はどのお店もディズニー並みの長蛇の列。
楽しみにしていた山頂グルメは泣く泣く断念することに。

途中のロープウエイも長蛇の列が予想されたので、3号路を辿って歩いて下山することにしました。

先日の台風による倒木があり、木をまたいだり、通り抜けたりしながら、のんびりゆっくりと山麓を過ぎて高尾山口駅へ。

駅前でようやく、三福だんごがいただけました。

高尾山の三福だんごは、頂上付近の薬師院境内では「十穀だんご」、権現茶屋では「胡麻だんご」、ケーブルカー付近の「三福だんご」、駅前では「つけこみ醤油だんご」とそれぞれポイントによって違う味わいのおだんごが名物。

思えば、初めての醤油味!この三福だんごも美味しかったこと。
お蕎麦と天狗焼きが食べられなかったのが残念でしたが、また来年のお楽しみにすることにします。

 

 

宮本真実
FROM宮本真実 STORYライター4年目。ファッションはカジュアル派で、無類のデニム好き。プライベートでは、プーさん夫と小5の娘、トイプードル(♀)と多摩ライフを満喫中。毎日のお弁当作りを中心に、おいしいモノ・コトを綴ります。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

RELATED TOPICS

FEATURE

STORY RELATED KEYWORDS !

STORY SELECTED ARTICLES

Jan
22
今日の40代おしゃれコーデ

可愛げのある【ボアジャケット】がフェミニンなオシャレにうまく溶け込む[1/22 Tue.]

PICK UP

PRESENT

アルアバイルの「リブVネックトップス」を 計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。