Lifestyle特集

「子育ても、仕事も、自分自身の人生も諦めたくない!」太田綾希さん【趣味キャリ生き方図鑑vol.8】

人生100年時代。一つの仕事・肩書きだけで働くというモデルそのものが変わりつつあります。結婚や出産等がきっかけで、それまでと全く違った仕事や働き方をスタートさせるケースも珍しくありません。STORY読者の間では“好き”を仕事にして、耳慣れない肩書きで活動している人が増えています。そんな、人生のセカンドキャリアをスタートさせた方を取材。第8回目は、自分のやりたいことを仕事にしたら家族との時間が増え、皆の幸せが充実したという太田綾希さんのお話です。

太田さんのお仕事は…
バッグデザイナー

自身で立ち上げたOuitote KOBE(ウイトートコウベ)のバッグ全般のデザイン、企画、PRをこなす。抱えきれない買い物荷物を片手に、子供を抱き、機嫌が悪く泣く二人の子供たちを連れてやっと家にたどり着くも、玄関の前で鍵が見つからない、この毎日繰り広げられる悲劇を解消したい熱い思いで一念発起。仕事、育児、家事を抱えるママたちがご機嫌で過ごせるように考えた、上質感と使い勝手の良さを極めたバッグたち。Onlineショップ、関西を中心としたPOPUPなどで、人気急上昇中。
https://ouitote-kobe.shopinfo.jp
※2021年1月神戸阪急で、2月5.6.7日は二子玉川蔦屋家電にて、3月は西宮阪急にてPOPUP決定

太田綾希さん
プロフィール
大学卒業後、生命保険会社に就職。26歳で結婚後、家庭に。男の子2人、女の子1人を出産。趣味で子供服の輸入を始めたことをきっかけに、仕事をしたいという思いが再燃。Ouitote KOBEを起業し、今に至る。

好きを仕事にしようと思ったきっかけis…

子育ても自分の人生もあきらめたくなかったから

結婚をして子供にも恵まれ、幸せなはずなのに、なんだか満たされない。毎日、掃除や洗濯に追われ、子供の食べこぼしにもカチンとくる。「ママ、あのね~」の声を煩わしく思い、「ママは忙しいの!」と怒鳴ってしまう。大切な家族のはずなのに、私は何のために忙しくしているのだろう、望んでいた生活のはずなのに…とわからなくなりました。

本当は子供にイライラせず、主人にだって優しく接したい、私だって笑顔で過ごしたい。だから、子供を育てるうえで、自分ももっと成長しないといけないのではないか、そのためにはもっと自分を大切にして、人生を充実させることも大切なはずだと思い始めました。

ある日、子供を3人連れて帰宅、玄関のドアの前でバッグ中の鍵が見つからない。寝ている娘を抱き、重い買い物袋で両手はふさがっていて、上の子供はトイレに行きたいと泣き出す始末。思わず何もかもにイラっときて、荷物をぶちまけてしまいました。その経験から、日常のシーンで、ストレスを軽減できる便利なトートバッグを作ろう!と思い、Ouitote(ウイトート)を立ち上げました。

思い起こせば、就職した会社はずっと仕事がしたかったから選んだ会社でした。結婚して、主人の願っていることに応えたいと思って家庭に入り、子育てをスタート。でもいつしかその大切な家族が、自分の不自由さを抱える原因になりかけていたのです。家族を優先することが、自分を圧迫し、それはまわりまわって、家族へストレスぶつけてしまうことに。

仕事を始めると、家事が中途半端になることもあります。でも私は、誰でもできることは人に任せて、自分しかできないことに時間を使うようにしています。日頃手の届かない家事は、月に何度かシルバーさんに依頼して代行してもらい、子供たちと雑談したり、一緒に勉強をしたりする時間を、家事よりも優先しています。

我が家の心地よさは、私が笑顔でOuitoteの仕事をしていること。自分が好きなことをしていると、家が多少ちゃごちゃでもイライラせず、ご機嫌でいられます。どうしても仕事をしたいと、主人に話した時、「じゃ、人に応援されるような仕事をしないとな」とアドバイスされたことがあります。今はそれを目標に頑張っています。

1人で始めたOuitoteは、いまは幼馴染の友人やママ友が加わり、一緒に育ててくれるメンバーが増えました。私たちはそれぞれの才能や個性を尊敬しあいながら、同じ思いを共有しています。この繋がりも仕事を始めたからこそ。周りを幸せにするためには、まず、自分を大切に、ご機嫌でいられる好きなことを見つけることだと思います。

好きを仕事にするまでのスケジュール

2007年
就職後、結婚
2009年、2011年、2014年
長男、次男、長女を出産
2016年
ママバッグの考案を始める
2017年
デザインが完成
2018年
Ouitote KOBEを設立

1日のスケジュール

一日、あっという間に時間が過ぎて、まだまだ子供のスケジュールに追われる毎日です。でも、仕事の時間を捻出しなければならないので、子供のいない時間を仕事時間と決めています。気になる家事はひとまず、頭の片隅に片づけて仕事に集中するようにしています。

1週間のスケジュール

土日にPOP UPなどの仕事が無い時は、家族との時間に当てています。月曜日は、たまった家事はそこそこに事務仕事に着手。キレイも諦めたくないから火曜はネイルやヘアメンテの日に。Ouitoteを手伝ってくれるメンバーは全員気心知れたママ友たちなので、LUNCHやCafeを楽しみながら、打ち合わせすることも。自宅でできる仕事も多いので、時間を区切って両立するようにしています。

太田さんに3つの質問!

新作のバックパックのおススメのコーデは?

「便利だけどキレイめスタイルに合わない」というママの声からできあがったリュック。生地に上質素材を使って、トートバッグとして持つときは、肩ひもを収納できるから、スカートなどのキレイ目コーデにもよく似合います。A4のファイルが入るので、学校仕様のカチッとしたコーデにもOK。

家事と仕事、両立するコツはなんですか?

“すべてを完璧にこなすことは無理”と割り切り、週に一度、シルバーさんを依頼し、日頃、手が回らずにいる家事を手伝ってもらっています。もちろんルンバもiRobotも強い味方。できてないことへのイライラやストレスが減って、子供の学校の出来事を聞いたり、家族との時間が増えて、自分にも余裕ができました。

今後の仕事の目標は?

Onlineショップをスタートして、たくさんの方から、「使いやすくて丈夫」「買ってよかった」と嬉しいレビューをもらい、その言葉が励みになっています。口コミから各地のデパートや催事にお声をかけてもらうようになり、POP UPの日程も増えています。女性が諦めることなく笑顔で毎日を過ごせるように、頑張りたいと思っています。

撮影/山口陽平 ヘアメーク/川岸ゆかり(Luck.) 取材/八尾美奈子

「一つのSNS投稿で運命が変わった」賀谷まりさん【趣味キャリ生き方図鑑vol.1】

「働き方を変えたら、好きな仕事を再開できた」SHIMAKOさん【趣味キャリ生き方図鑑vol.2】

「子育てしながら家でできる仕事を見つけた」松田星子さん【趣味キャリ生き方図鑑vol.3】

「好きなことを極めたら子育てと、自分の時間との両立に成功」大島延子さん【趣味キャリ生き方図鑑vol.4】

「好きなことが自立の原動力に」石上素子さん【趣味キャリ生き方図鑑vol.5】

「〝自分にしかできないこと〟を追求したら、道が拓けた」齋藤智子さん【趣味キャリ生き方図鑑vol.6】

「“やりたい”と素直な自分の気持ちに従い、肩書きに縛られないスタイルを確立」浅倉利衣さん【趣味キャリ生き方図鑑vol.7】

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Oct
17
今日の40代おしゃれコーデ

立体ボウタイブラウスで旬の可愛さも体型カバーも叶う![10/17 Sun.]

立体ボウタイブラウスで旬の可愛さも体型カバーも叶う![10/17 Sun.]

会員限定PRESENT

会員プレゼント

東京エディション虎ノ門「ブルールーム」のウィークエンドブランチを ペア1組2名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

会員プレゼント

アウトドアでもおうちでも重宝する「関孫六 レギュラーカーブキッチン鋏」を3名様にプレゼント!【会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

いつもの服が見違える一点投入服を計6名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

会員プレゼント

森公美子さんも出演! オペレッタ「こうもり」の公演チケットS席を3名様にプレゼント!【会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

COVERMARKのコスメを計20名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

会員プレゼント

星野リゾート宿泊ギフト券¥50,000を1名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

PICK UP